Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

2008年 08月 13日 ( 1 )


2008年 08月 13日

田舎暮らし、快適な筈が現実は..?


友人から相談があるから来て欲しい〜と電話があった。

彼女はどうも、伏谷(湯来線の途中)に住む女性陶芸家のお宅に
お邪魔しているという。

その方の家には、以前から行きたくても分からなかった場所だった。
その場所の近所にあるジャズ喫茶で夕食を済ませ向かった。


その方は、民家を借りて3年がかりで改装し、そこを住居とアトリエに
してひとりで生活しておられる素敵な方である。

この地に来て6年になるそうだが、今現在、殆ど自給自足生活をされて
いるようだ。
福岡正信さんご推薦の自然農を目指しておられ、とても美味しい
自家製のスイカを頂いた。

彼女の住む裏山の今は手入れされていない杉山を間伐し、どんぐりを
植えたいとの相談だった。

「何故、どんぐりなの?」と聞くと、真剣な眼差しで、

「最初はね、田舎暮しを始め、のんびり豊かに生活できると思ってこの
辺りの場所を散々歩き回り、やっと念願叶って生活し始めたのに、
毎日心が痛むの」

山に食糧のない状態になっている猪や猿等の動物達が食糧を求めて人里に
降り、せっかく丹誠込めて作ったものをぐちゃぐちゃにしてしまうという。
それに困った人達は棒で動物を痛めつけたり、銃や、罠をしかけて殺して
いるとの事。
日中、その銃の音が聞こえる度に苦しくなるとか。

確かに、私の実家では、母は、弱電線を巡らした檻の中で畑仕事をしてるし、
山で田舎暮らしを楽しんでいる義妹の所では、テニスコートが今や野菜畑に
変わっていたよな。。

悲しいかな、これが、現実の田舎の農風景?

じゃあ、杉を間伐し、動物達の餌になる木を植えよう。
と思い、この度、裏山の山主の方の了解をとられ、早速実行したいという。

確かに、切実な問題かもしれないと思った。

間伐した木の利用方法をも含め、宿題を与えられた思いがした。


今朝、久しぶりに朝の散歩に出掛けた(いつもは夜)
あれ〜?意外にも少ない(これでも..)ゴミにびっくり。
つい先日まであった沢山のチップ状のゴミは何処に??

次回の満月清掃会: 8月17日(日)PM4:00〜
もし、よろしかったら、ご参加ください〜。

b0076008_10552457.jpg
b0076008_10553551.jpg

[PR]

by necocafe | 2008-08-13 10:55 | 満月清掃会