Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イベント( 58 )


2014年 10月 12日

「祈り」奉納イベント 安芸太田町大歳神社

素晴らしい夢の様な2日間のご奉納でした。
安芸太田町筒賀の大歳神社。
1150年の大銀杏がご神木でとても有名な場所とはいえ、田舎の小さな神社です。
ただ、この場所は天上山の北側の懐にあり、平家の落人が移り住んでいたのだろう
形跡もあちらこちらに残っています。
あまり知られていませんが、神楽の日本でも一番古い文献がこの神社には残されているそうです。
出雲よりも古いものです。この町は宮領と呼ばれ、宮島の管轄していた領地であり、この町の木からしゃもじが作られ、千畳閣等の建築木材としても使われてきていました。
太田川の上流から下流まで宮島の三女神を祭っている神社は沢山あります。
b0076008_12432525.jpg


そんな地にて、第一日目のご奉納をして頂きました。
1150年の大銀杏の裏山には、実は1300年のかやの木がひっそりとあります。
そんなお話しをして、まずは参拝して頂きました。
リハーサルを前に、普段は閉め切ったままになっている神社の場所決めです。
季節のいい時期、昔は木建だった扉も今はサッシの扉になっています。
その扉を外させて頂きました。すると、ふわ〜と自然と一体になった感覚がしてきました。
大銀杏のエネルギーが神社に入ってきた..そんな感覚です。
舞台の上を片付け、掃除し..いつの間にか、誰もが何も言わずとも、黙々と動いています。
奉納者自ら箒を持って..まさに、奉納の原点を見せて頂いた思いがしました。
b0076008_12434776.jpg

b0076008_12441247.jpg

「祓え給い 清め給え…」
場がご奉納に相応しい素晴らしい場となっていく様を初めて実感させて頂きました。
奉納者が着替えを終え、神社に到着した時は、沢山の町人の皆様や遠くからわざわざ
見に来て下さった人々、近所のおじさん、おばさん、あれ?同級生まで..笑 と..。

笙の音から始ります。雅楽 平調(ひょうじょう) 「調子」。
昔の日本人は音にも季節を感じていたようで、調にはそれぞれ季節が当てはめられていました。
その中で平調は秋の調とされています。
b0076008_12444187.jpg

「調子」とは演奏前の音合わせを楽曲の形にしたもので、各調にあります。
神社においては、神様のお出ましをいただく際に、この「調子」を笙のみで吹くということがあるそうです。
まさに、神様のお出まし下さるため、水島和夫さんの笙の音色から始りました。
とても透明感のある素晴らしい音色です。
きっと初めてお聞きになる方もあった事でしょう。
神楽しかこの場所で見られた事の無い方々がポカンとしておられます。

そして地元にお住まいの福原一間さんの笛が入り、太鼓を叩きながら朝崎郁恵さんが唄って
くださいました。
b0076008_12451453.jpg

神唄です。朝崎さんのご出身の加計呂麻島とこの町の加計。
何か不思議なご縁を感じます。連日の御奉納で体調を考え1曲だけでも….と思っていたにも関わらず、全曲唄ってくださいました。
今は奄美大島でもこの神唄を唄える方は、朝崎さんだけだそうです。
本来神唄とは、神聖なる場所(神卸しの場所)のみで唄われる唄だったようで、公になっていなかったそうです。
b0076008_12461060.jpg

たまたま朝崎さんのご実家がその聖なる場所の隣だった事から子供の頃から聞いておられたとの事。勿論、譜面も残されてなく、耳で覚え、神唄の場合はその時の神様からの降ろされる言葉だったので、
その時その時で言われる言葉は違ってきます。
神を敬い、その場を清めるために縄文時代から唄われてきたという神唄を2曲と新日本紀行の中での「あはがり」を唄ってくださいました。
福原一間さんの笛の音色がその間に入り、素晴らしい唄でした。
b0076008_12454552.jpg

そして、アマミ舞の皆様、巫女の舞に相応しい「アワの唄」を唄いながら舞って頂きました。
b0076008_12463594.jpg

そして、花柳鶴寿賀さんが舞われた「四龍の舞」。
外で遊んでいた子供達が飛んで肺ってきました。動きのある何とも言えない舞に魅了されたようです。赤龍、青龍、白龍、黒龍とそれぞれの龍の表情を舞ってくださいました。
b0076008_1247147.jpg

そして、最後に笙の音色にて神様にお帰りに頂く。まさに、「神人和楽」の世界でした。
神と人とが集い楽しむ。きっと古代からこうして日本人は神と共に生きてきたのだろう..。
翌日の厳島神社での奉納の前夜祭に相応しい芸能の本質を身を持って感じさせて頂けた素晴らしい時間でした。
b0076008_12472228.jpg

[PR]

by necocafe | 2014-10-12 12:47 | イベント
2013年 08月 07日

今年の8.6

8.5の日、私は例年になく、8.6の延長戦のお手伝いではなく、昼からは広島市の景観審議会が夕方までありました。素晴らしい内容..。新たな広島の幕開けを感じ、外に出ると見事なゲリア雨。

でも、不思議な事に私自身は全く濡れる事もなく、ゲリラ雨を感じ、雨の後の素晴らしい夕焼けを見せてもらい、そのまま施主さんの仮の住まいから始めての衣羽の火祭りを素晴らしいロケーションでで見る事ができました。感動〜〜!!かっこい〜〜。子供達が一斗缶叩きながら『オットーランじゃい!(神様のお通りだ〜)』と練り歩きます。
こんなに素晴らしいお祭りにも関わらず、以外にも知られていないお祭りです。300年続いているそうだ
b0076008_10151867.jpg
b0076008_10145918.jpg


殆ど2〜3時間の睡眠で飛び起き、最後の護摩の前で北海道からわざわざ来て下さっていた大田原真理子さんの踊りを...。改めて思う。広島って凄い場所なんだと...。
b0076008_10153219.jpg

皆さんを平和公園までお連れする途中、道路でカンナプロジェクトの橘さんに偶然遭遇。。資料館前では、確か、アメリカにおられる筈のスティーブン・リーパーさんまで...。笑(ツアーを組んで、内緒で訪日)
b0076008_10155581.jpg

3年前にお会いしていたホピの水氏族のルービンさんに再会し、ホピの地に持ち帰って頂くアオギリの苗と、カンナの球根を急いで宇品の検疫所に持っていき検査を..。素晴らしいスピードで完了。。。有り難い事です。。。急いで平和公園に戻り、2台の車で総勢11名で太田川の上流、安芸太田にある筒賀の銀杏にご挨拶。そして、龍頭の滝までお連れした。

b0076008_1024473.jpg

「龍頭の滝の中に、マヤの水の神様と同じ形をした岩があるよ〜!あの濃い翡翠のような色の岩に...」「え〜〜???何処何処???」まあ〜ともかく、とっても強い龍神さんがおられるのでしょう〜!と勝手に締めくくった。笑
先住民の方々は私達誰もが持っていた筈のアンテナを。今も大切に錆び付かない様磨き、自然に耳を傾け、声を聞いておられるのでしょうね〜。

急いで平和公園に戻り、被爆ピアノコンサートの場でルービンにアオギリの苗と、カンナの球根を無事引き渡し式できました。。。
b0076008_10182967.jpg

その後、娘も同じステージで...。広島初初演の『ピエエーズ?』も..。同級生の作曲家の方が作られた曲だそうです。素敵な歌〜!」順調に進んでいた所で、最後のアメージンググレイス...あ〜いいところで、「♪〜♪〜」6時の合図が鳴り響きます。。。曲は「花ぐるま」...あちゃ〜〜!!!スムーズに行っていると思いきや...。凄いアメージンググレイスで修了。

走って、ハグの会に向かいます。警備員の方も見てみない振り。。大きな輪になって、ルービンのお祈りとダンス(盆踊りみたい)、そして、フラ。。楽しそうにしているとどんどん輪が広がってきます。
b0076008_10194081.jpg

b0076008_1020161.jpg

レモンカレーを食べて....。。。あれ???もう、今年はカヌーが上がって片付けをしているではありませんか...?とっても穏やかで、作業が殆ど無かったようです。再度、川にカヌーを降ろしてもらいつい勧めてしまいました。
ホピでは、夜、水に入ってはいけないらしいのですが、全く無知の私は....。笑 セージでプロテクトされてカヌーに....。 ごめんなさ〜い!!!でも、な〜んて、いい人なんでしょ〜〜!!!
「先住民に似てるね〜〜、とってもinteresting~!」と言われてしまいました。何がだろうね〜?笑
この8.6はいつも原点に立ち戻らされ、そして新しいスタートを再確認する日です。
また、新しい幕開けですね。沢山の皆様に心から感謝〜〜!
b0076008_10202515.jpg

b0076008_10204230.jpg

b0076008_10205656.jpg

『ひと呼吸おいて〜!!』大先輩のアドバイス。。
[PR]

by necocafe | 2013-08-07 10:24 | イベント
2013年 03月 24日

『The Johnny Freelance Experience 』初来日ライブのご案内

『The Johnny Freelance Experience 』初来日ライブのご案内

昨年秋、ピレネーの麓に住む友人の紹介で素晴らしいトランぺッターNicholasとご縁を頂きました。
日本とヨーロッパとの音楽、アートのコラボをしたいと言っていたのですが、
そのNicholasがバルセロナを中心にヨーロッパで活動しているメンバーを連れ立って、急遽来日する事になりました。
ジャズ、ソウル、ダンスミュージック(?)を越えた素晴らしい感性を持ったメンバーです。
以下のようにライブの予定が決まりました。アットホームなコンサートになると思います。
本場のメンバーと交流しながらの素敵なお時間を共有して頂きたく、皆様にご案内させて
頂きました。それぞれ定員が決まっています。お早めに直接お問い合わせくださいませ。

『The Johnny Freelance Experience 』

4月14日(日)14:00〜
場所:L'OPERA  中区橋本町6-7 082-212-0321
会費:3000円+ワンドリンク代

4月15日(月)
場所:福山Cable  福山市 三之丸町 4-1  084-983-1666
会費:2500円(前売り)3000円(当日券)

4月17日(水)19:30〜
場所:中川家  佐伯区海老園1-13-7 090-7540-8975
会費:3500円


4月19日(金)20:00〜
場所:Comin  中区薬研掘1-7 082-246-3167
会費:3000円+ワンドリンク代

4月20日(土)14:00〜
場所:La Cazuela 佐伯区湯来町伏谷 1119-104  0829-40-5101
会費:3000円+ワンドリンク代
b0076008_124829.jpg

http://thejohnnyfreelanceexperience.wordpress.com/
[PR]

by necocafe | 2013-03-24 12:05 | イベント
2012年 10月 05日

『ベヒシュタインふれあい音楽祭2』

いよいよ第一部、リトミックの始まりです。長記紀子さん、前川通子さんが始められると、どんどん子供達が舞台に上がってきました。
b0076008_951137.jpg


b0076008_9524222.jpg

バイオリンやチェロを持った子供達も参加してくれました。合唱指導は娘の詩歩と、地元小学校6年生の栗栖野々花さんです。とっても上手にピアノも弾いてくださいました。
b0076008_9533096.jpg


お昼時間は外の出店でみんなそれぞれにピクニック。とてもお天気がよく、気持ちのいい
時間を過ごしました。
b0076008_9544321.jpg


いよいよ2部の始まりです。東京からわざわざ参加してくださいました、ユーロピアノジャパンの
戸塚亮一様がピアノについてお話しくださいました。
b0076008_9572154.jpg

そして、いよいよ中川詩歩(歌)とピアノ伴奏の三島良子さんの演奏です。
b0076008_1011718.jpg

その後、東京からいらしてくださった高橋全さんのピアノ演奏。
b0076008_1021544.jpg

ジャズボーカルの川本睦子さんと高橋さんのコラボ。
b0076008_103335.jpg


クラシックとジャズのセッションも素敵でした。

(長くなりそうなので...。また、つづきは...)
b0076008_103960.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-10-05 10:04 | イベント
2012年 09月 21日

『ベヒシュタインふれあい音楽祭』


子供の頃、私は安芸太田町で育ちました。その中でどうしても怖くていけない場所が沢山あったのです。
 大人になって、学生時代は東京で過ごし、沢山の外国に行き、結婚し、また、遊び好きの相棒とともに、楽しい事も沢山の外国にも行き、そんな中、いろんな事があって、2000年の10月10日、フランスのアルビで始めて「広島にいる事」に意味があることを知りました。

それから、今まで、広島、ひろしま、に関して、平和の事。環境の事、等々。様々な出会いがあり、いろんな事に関わらせて頂きました。
 そんな流れの中で、どうしても引っかかってしまう事があったのです。広島市を作ってきた、太田川の上流、源流。

いくら、広島を考えた所で、海の掃除を毎月したところで、上流の意識が変わらないと、また後戻りです。古い体質、しがらみ、閉ざされた歴史の中で、何か封印されているものを感じていたからです。

そんな中で、私が唯一、安らぎや、癒しを与えてくれていたのが、筒賀の大銀杏です。『鶴が里』から『筒賀』という名前になったそうです。「鶴が稲生を口に加えて舞い降り『下に石があるからそこまで掘ってこの稲生を植えなさい』と伝えた事から稲作が始まったと言い伝えがあります。実際にその石もあるそうです。これって、限り無く、農業の素ですよね。この銀杏の木のある大歳神社の屋根には厳島神社と同じ紋が入っています。
この辺りの地域は宮島の領土だったからです。宮島の神社やしゃもじもこの辺りの木から作られています。
山、森→川が流れ→海に…。石鎚山→宮島→のうが高原→恐羅漢(安芸太田町)
みんな巨石も繋がっています。

中国山脈の里山には今でもオオサンショウウオが生息しています。このサンショウウオは古代から生息している生き物です。地球上で3カ所位しか生息していないそうです。その一つが日本では唯一この辺りに生息しています。という事は何度かあった氷河期にも耐えてきたという事ですよね。

そして、沢山のタタラがありました。もののけ姫の舞台になった所です。現代と同じく、エネルギーを得たものが権力を得ていたようで、沢山の森林があった事と、標高が低い事で運送が楽であることから、炭を作ってエネルギーにし、川船でできたインゴットを運びました。でも、限りある森林資源です。ある時、大洪水があり、あっという間に山は崩れ、土砂になって流され、七つの川に分かれ、三角州ができたのです。それが今の広島市内です。(昔は祇園までだったそうです)

昔、昔のお話しです。でも、私達はそこから流れる水を飲み、そこからの大地の上で生活をしています。

先日、ラジオの紹介で『広島県で一番の過疎地であり、一番の負債額の多い町』との紹介がありました。その事を町の人達の殆どが、もうどうしようもない!と諦めて生活していたのです。

そんな時に、この3月に偶然にも、素晴らしいピアノがそれもベルリンフィルが使っていたというピアノがあるんだけど..、殆ど使われなくて、眠っているピアノがある事を知ったのです。まさに、この町の象徴だと思いました。このピアノが蘇る事。その存在を知り、愛おしみ、生き返らせてあげることで、この町も同じように元気になると思いました。

そして、この町が元気になる、みんなが愛してくれることで、ひろしまがもっと変われる。世界に誇れるひろしまを発信することが、東北、日本を発信することに繋がると思いました。

そのスタートの音楽祭なのです。沢山の人が少しでも感じて頂けるものになれたらと思っています。

是非、是非、その心に触れてください。とてもいいお天気です。ドライブがてらお出かけくださいませ。(つい、熱く、長くなってしまいました。笑)
b0076008_11221225.jpg
ベヒシュタインふれあい音楽祭』
[PR]

by necocafe | 2012-09-21 11:22 | イベント
2012年 03月 01日

アイリカ&詩歩のジョイントコンサート

久しぶりに東京を堪能した1週間だった。
車で広島から東京に、以外にも東京を車で運転する事が
どんなに楽であるか(勿論、最新のナビのお陰..)
始めて東京の地理感が分かった気がする。
沢山、いろんな事がありすぎて、沢山いろんな人に会い過ぎて...。
本当に頭がこんがらがってしまう程...。
ゆっくり発酵しなくてはね。

今日、当日、ホールで作曲家であり、ピアニストの高橋全さんが
聞きにいらしてくださったのだけど、あまりにバタバタの状況で
気がついたら、ドアマンから録音サポートまで...。
ドイツでは録音エンジニアとしても活躍されていたそうだ。
「こんな事なら言ってくれればもっと...」とおしゃってくださった
のだけど、今まで聴いた中ではびっくりする程、きれいに入って
いた。

ところで、主役のアイリカ&ファブリヤーンさん、仙台で大活躍
だったそうだ。
きっと来週からは広島に入られる予定です。
素晴らしい方々です。是非、お出かけください。
b0076008_1748486.jpg

b0076008_17482011.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-03-01 17:48 | イベント
2011年 11月 10日

『祈り』

明日からいよいよ朝崎郁恵チャリティーコンサートが始まります。
何と、昨日の時点でソルドアウトになりました。凄い〜〜です。

コンサートのテーマは『祈り』です。

この度の出演者のピアニストの高橋全さんがこの映画の曲を作っておられます。
『祈り』http://tetsushiratori.web.infoseek.co.jp/pg25.html

改めて、今のこの時なんだと...。

サムシンググレイトとの対話.....。祈り....。

この時に皆様と祈りの時を

与えて頂きました事に心から感謝しています。ありがとうございます。

PS。そんなドタバタの最中、我が家では、今日、人君の遅い、宮参りと、御食い初めを
しました。
神社で、神主さんの祈りが始まると、それまで静かだった殿が「うお〜〜わ〜わ〜」と
一緒に雄叫びを...。笑
祈りが届いたのかしら??祈りというより、氏神様にご挨拶をさせて頂きました。
何と、イージーな家族でしょう?
b0076008_384538.jpg
b0076008_39930.jpg

[PR]

by necocafe | 2011-11-10 03:09 | イベント
2011年 11月 01日

チャリティーコンサートが満ちてきました〜!

あ〜いつからこのブログ更新していないのかしら...?
毎日、毎日、バタバタとあっという間に過ぎていく時間。
24時間ってこんなに短かかったかしら?
時間って誰がカウントしているのだろう〜?
どんどん一日が早く過ぎていく..。

てな事で、....。いっぱい言い訳して....。
沢山の出来事も、沢山の笑いも、涙も、体力の消耗も...。
その時その時が旬で...過ぎてしまうと、次があって...。
書こうと思っても、、その時の感動は伝えられなくって.....。。。

まあ、そんなこんなで...。11月の大イベントのひとつがいよいよ
来週に迫って参りました〜!

2011年11月11日(満月)
どうやら、どんどん、膨らみ、どんどん熟成し、どんどん発酵しています。
お楽しみに〜!

チケット、残り僅かです〜!お早めにお買いお求めくださいね。

朝崎郁恵チャリティーコンサート
[PR]

by necocafe | 2011-11-01 21:56 | イベント
2011年 08月 14日

2011年11月11日(満月)朝崎郁恵チャリティーコンサート

この度、ご縁があって、以下のイベントのお手伝いをさせて頂いています。
このコンサートが決まりましたのは、今年の2月の民恵美子さんの遺作展の後でした。
流れの中で、奄美の島唄を唄っておられます朝崎郁恵さん(現在、NHKの新風土記の
中で唄っておられます)のチャリティーコンサートのお手伝いをして欲しいとのお話
しがありました。
朝崎さんは、一度も広島で演奏された事がなく、以前より広島には特別な思いを持って
おられたそうです。

その日の内に場所と日程が決まりました。
場所は、広島の大事な聖地のひとつである、『世界平和記念聖堂』
時は、2011年11月11日です。

個人的に世界平和記念聖堂の建立された時の経緯、建築家の思いを知っていました
ので沢山の方に広島の大事な祈りの場所であるこの聖堂の事を知って欲しいと願い、
お手伝いする事になりました。

それから暫くして、3.11が...。
日本中が、私自身も含めてあらゆる事が一転してしまいました。
そんな中で、この度のチャリティーコンサートがとても大きな意味を持つもので
ある事を認識させられてきたのです。

3.11  そして、  9.11  そして、2011.11.11と...。

広島、長崎、そして、福島..。
東北の皆様の復興を祈るとき、広島には広島の役割がある事が分かってきました。
そして、広島の若者の熱い思いと行動....。

この度のチャリティーコンサートの為に朝崎さんを始めとし、沢山の素晴らしい
演奏家の方々が集まってくださいました。

同日、同じ時に様々な所で復興を願うイベントが開催されるそうです。

この度、ご縁を頂きました皆様に、この広島の世界中の方々の平和への思いの
詰まった、『世界平和記念聖堂』に集まって頂き、広島から大きな希望と愛の輪を..。
一緒に感動の時を共有できますよう願っています。
きっと大きな渦が広がり、東北の方々にもリンクしていくのでしょう。
そして、世界へ..。

是非、お知り合いの皆様にお知らせ頂き、ご参加くださいますよう、お願いしま〜す。.

~~~~
『チャリティーコンサート 朝崎郁恵』

■ 日時:2011年11月11日 PM7:00~
■ 場所:広島 世界平和記念聖堂
■ 会費:前売券(3000円) 当日券(3500円)
チャリティーコンサートHP

■ 出演者:朝崎郁恵(唄)高橋全(被曝ピアノ)、えま&慧奏(二胡、パーカッション)、
      新原恭子(三味線、お囃子)、花柳鶴寿賀(舞)、福原一間(笛)、
      Yoshie Ebihara(歌)、佐々木恵美子(クリスタルボール)

b0076008_21381189.jpg

b0076008_21383785.jpg

[PR]

by necocafe | 2011-08-14 21:40 | イベント
2011年 07月 08日

子供達とエコセミナー&凄いお年寄り

7月1日、前の小学校でエコセミナー&団子作りをした。
昨年したのが同じ7月1日。たまたまだったんだけど...。

昨年1600個投げ入れたIC 玉れんがのお陰か、今年は貝掘りの
人達で賑わっている。
この秋9月に南小学校の4年生が八幡川に投げ入れる。
こんな頃か自分たちで確かめ、きれいにし、海や川に意識を向ける
事の大切さを今更ならに思う。
b0076008_14244792.jpg
b0076008_1424276.jpg




もう、私達大人は遅いか〜〜???と思いきや、
何と、先程、我が家の隣に作ったNecoWashで凄い人に出会った。
2t トラック一一杯に並べた一升瓶のケースで外にある水汲み場で
水を組んでおられるお年寄りにあまりの量の多さに思わず聞いてしまった。
「業務で使っておられるのですか?」すると、
「毎日、一本づつ飲んでいるんです。一ヶ月に一度、35km離れた所から
もらいに来ています。本を読んで感銘を受け、それから10年間毎日続けてるんですよ。
自分で運転して来ています。90歳ですが、お陰でこんなに元気です」

「え〜〜??90歳??」
とてもとてもそんな年には...。
「洗剤が消える日」という本に書かせて頂いた事があった。
そっか〜〜〜。
我が父。83歳で、先日プリウスを買った。まるで別次元の車に閉口してしまい
納車されてから一ヶ月もの間、一度も乗れなくて段々落ち込んでいたのだが...。
この年で大丈夫だろうか?と心配していたものの、何だかまだまだ大丈夫だわ〜!
そんな元気を頂いた。凄い。
「何しろ大東亜戦争にも行きましたからね〜〜生き残って帰ったんだから...」
くったくなく笑いながらそう答えてくださった。
b0076008_14251628.jpg

[PR]

by necocafe | 2011-07-08 14:27 | イベント