Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:素敵な音楽♪( 16 )


2013年 09月 14日

あきおおた国際音楽祭

いよいよ『あきおおた国際音楽祭』が大詰めとなって参りました。
先日は、広島FMにてご案内させて頂きました。柏村さんとも始めてお会いしました。
とっても素晴らしい方々でした。ありがとうございます。
沢山の方々に知って頂けたら嬉しいです。
b0076008_20194231.jpg


沢山の方々に来て楽しんで頂きたいな〜。

広島の折り鶴も頂いてきました。この折り鶴が再生し、ベラルーシの皆様の
お手元に行きます。
b0076008_20202243.jpg
b0076008_2020547.jpg


http://akiootakokusai.info/akiootakokusai/Welcome.html
[PR]

by necocafe | 2013-09-14 20:23 | 素敵な音楽♪
2013年 04月 23日

『Johnny Freelance Experience』広島無事終了

広島での彼らの最後のステージとなりましたチャリティーコンサート、無事終わり、先程、深夜バスで名古屋に旅立ちました。素晴らしい一日でした。
朝は、世界中の旗を持って世界平和を祈る会に出席しましたら、なんとそこに、赤道ギニアを16年間も支援されているメンバーの方が参加されていました。
早速、その赤道ギニア出身のアフリカを紹介。素晴らしい出会いです。
そして、いよいよ本番。いきなり国歌斉唱で...娘のまさかの『君が代』..。みんなで斉唱してからの始まりです。東北の追悼の意味をこめて、アメージンググレイスを歌い、...で、いきなりJFEです。。。
いや〜大きい舞台での演奏。かっこ良かった〜〜!!!!凄い迫力です。こんなに沢山のミュージシャンが広島におられるのね〜殆どこのジャンルに疎い私にはびっくりです。で、何よりも、ことちゃん、素晴らしかった〜〜!!!カ〜ンと脳天まできましたね〜〜笑

b0076008_0174243.jpg
b0076008_0172961.jpg
b0076008_0171677.jpg
b0076008_0165572.jpg
b0076008_0164339.jpg
b0076008_0163222.jpg
子供の頃からの神楽笛。バルセロナからの彼らも絶賛でした。園山さんがいきなりの龍をプレゼント。東北復興支援のコンサート。素晴らしいコンセプトと内容でした。で、やっと.....私のお役目終了〜〜!!!来年は若者にバトンタッチです。笑
アフリカ大陸、ヨーロッパ、そして、アジア、アメリカ大陸にアフリカと、世界の5大陸のエネルギーでの演奏、これぞ、世界平和への一番の近道だよね〜。つくづく思いました。沢山の皆様、そして、我がファミリーよ〜〜。本当に本当にありがとうございます。感謝。
[PR]

by necocafe | 2013-04-23 00:17 | 素敵な音楽♪
2012年 11月 12日

音楽祭 その3

すっかり更新が遅くなってしまいました。沢山の出来事があり、それもアップしたいのですが、
これが終わらない事には...。(最近はFace Bookばかりですね〜笑)


音楽祭3部。いよいよクラシックです。素晴らしいメンバーが演奏くださいました。
ピアノ:三島良子さん。チェロ:末永幸子さん。
b0076008_21445894.jpg

b0076008_21452960.jpg


そして、ベヒシュタイン大好きな高橋正実さんです。
b0076008_21462386.jpg


子供達も大活躍です。
b0076008_21473695.jpg
b0076008_21471797.jpg


最後にメンバーでの打ち上げ...。お疲れさまでした〜!
b0076008_21502370.jpg
b0076008_21482133.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-11-12 21:50 | 素敵な音楽♪
2012年 04月 27日

花ぐるま〜♪

え???あんたがFFで花ぐるまを歌うの???家族真っ青..。(汗)
思わず過去のU-tubeを見てもっと真っ青..。想像できない〜!あのステージで..??あの歌???
(殆ど真面目に聞いてなかったわたし..)打合せから帰った娘..
「あの34年前のカラオケで歌うんだって〜!!(泣)」さすがに、あの娘が
私にヘルプを頼みました〜!あの娘が私に言う位だからこりゃ〜よっぽどだわ〜!
さてさて、どうアプローチするか〜?
結局、担当ディレクターに直談判。いや〜この方がいい人なんだわ〜!
裏方の苦労や、熱い思いが伝わってきました。つい共鳴してしまった、わたし..。「うんうん、そうなんだよね〜いや〜〜大変ですよね〜」
結局、新しい音源を作る事を許可もらい、丁度、昨年から被爆ピアノのCDを作ってくださったピアニストの高橋全さんにヘルプを..。さすがの全さんも音源を聞いて、絶句!
それでも、我が家にいらした時に、我が家のリビングでレコーディング(リズムをヘッドホンで聞いて歌うだけ..)え?こんなんでできるの??と思いきや、打ち込みで出来て来たデモ音源を見て、いや〜感動しました〜!
高橋さんが天使に見えたもんです。いや、スーパーマン?(笑)
ディレクターの人達にもOK頂け、やっと本日公開できる事になりました。
高橋さんがアップしてくださいました。良かったら見てやってくださいませ。。。が、しかし..。当日の事を思うと、娘も私も..ゾ〜でございます。。あ〜〜予定外だった。。まさか、ここまで成長するなんて...。え?何が???笑

『花ぐるま』
[PR]

by necocafe | 2012-04-27 11:37 | 素敵な音楽♪
2012年 03月 22日

日独友好コンサートのご報告

あっという間に時間だけが過ぎていきます。沢山の出来事があり過ぎて、(笑)...。
先日の日独友好コンサートの様子です。きっと写真を見て頂ければその時の様子が
分かってもらえるのでは?と...。



b0076008_21191781.jpg

b0076008_2115260.jpg


b0076008_2192527.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-03-22 21:20 | 素敵な音楽♪
2012年 03月 14日

ベルナルド・ファブリヤーンが学生オケの指揮を。。

我が家に滞在しているベルナルドが、今日始めて本業の指揮棒をなぎさ中高オケの指揮を
してくれた。
最初の普段のオケの演奏に。。。大丈夫かしら???紹介したものの、あまりの音に絶句した。
ところが、。。。どんどん音が変わっていく、みんな真剣な眼差し。
どんどん音が彼の色に染まっていく。大きなハーモニーとなって。。

凄かった〜!最後の演奏には胸が熱くなってしまい、一人涙ぐんでしまった。
3時間ちょっとの間にあれだけの音につくり変えたベルナルド。
世界のトップレベルの指揮者だと改めて感動してしまった。
隣では、ちょっと見学、、の元、プロオケに所属されていたバイオリニストの先生が、
「そうなのよ〜〜〜そう〜凄いわ〜世界レベルの人は違うわ!」と身を乗り出してスコアを
眺めなら興奮されていた。

そして、なによりも、実際指揮してもらった子供達の反応が素晴らしかった。
「こんなに音が変わるなんて!」「今までいろんな人に指揮してもらったけど、こんな解釈
をしてくれた人はいなかった。音楽の世界が広がった。演奏してる自分たちが興奮した」
「きゃ〜!写真撮っちゃった!待ち受け画面にしよ!」
「ハリウッドスターみたい』笑 等々。

アイリカは途中から4人の合唱クラブの生徒に発声練習をしてくれた。
最後はみんなが取り囲み、素晴らしい出会いだった。

子供達にとって今日の出会いがこれからの人生に大きな影響を与えたに違いないと思う。
ベルナルドも帰ってからも上機嫌だった。
若い人達が真剣に向き合っている姿はとても美しかった。

有名か有名でないか、インターネットの評判は?とつい、私たちはそれだけで人を判断
してしまう。
彼の指揮をみたら、どんなに凄い人か一目瞭然なのに。。
彼らがいかに真剣に音楽を追求してきたかやっと分かった気がする。


オルガニストの子供として育ち、5人兄弟の内、長男は音楽大学で音楽理論を教え、二男、
三男はエンジニアだけど、それぞれが楽器を弾き、そして末っ子のベルナルドはピアニスト
であり、指揮者。
毎年クリスマスには600年前に建てられたという古くて大きな家には、リビングにはまるで
教会のようにオルガンが設置されているという。
そこで、ファミリー音楽会が開かれるという。

まるで私たちと生きて来たベースが違う筈なのに、きれいに箸を使い、大の日本食ビイキで
ある。
昨夜は、番茶に梅を入れて出すと、大喜びで飲んでいた。笑

せっかくのチャンス。少しでも本物の音を聞いて欲しいと思うのだけど。。。
ベルナルドから学生たちへのメッセージ「音にはいろんな色がある。もっともっと沢山いろいろ経験したり、勉強して沢山の色の音を表現していってください」
b0076008_2237263.jpg

b0076008_22374595.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-03-14 22:41 | 素敵な音楽♪
2012年 02月 06日

『娘の初東京リサイタル』

今日、2月6日。どうやら20年前の今日、パリ郊外のあのコルビジェの最高傑作
であるロンシャンの教会を訪ねた日らしい...。
あれから、20年か〜?
ついこの間のような気がするのに...。
http://leo-plan.co.jp/leo/garelly/Ronchamp/index.html
あの誰もいない聖堂の中で、ここで歌を歌うとどんな雰囲気なんだろう〜と、
つい...「アベ〜〜♪マリイ〜〜ア〜〜♪」
あのピンと張りつめた静寂な空気の中、4時間ぐらいいたのかしら??
その後、しっかり大風邪引いて、高熱のままパリで3日間何処にもいけず安宿でダウン。

その時...。まさか、我が娘が歌を歌う人になるなんて、想像すらしなかった..。
それも、宗教声楽を中心とした歌を..。

そんな娘が始めての東京でのリサイタルをします。
昨年秋、アイリカのいるベルリンに滞在した時、盛り上がって弾みでつい話しに
出た事が現実になりました。
どんどん大きな話しになってしまい、アイリカの伴奏者はドイツや世界で活躍して
おられる指揮者でピアニストの方。
段々、プレッシャーが...。泣

東京に住む友人や親戚に声を掛け...。え〜と〜〜後、誰を知ってたっけ???

親戚のお兄さんは(と言っても、考えてみたら我が相棒と年齢は近い?)
「いや〜〜嬉しいよ〜〜血縁関係に音楽をやる人が出てくれて...。
いや〜〜嬉しい〜!みんなで行くからね」実は、その兄弟は今も現役ミュージシャンと
途中で諦めた方だったのです。
どんなに音楽を続ける事が大変かよくご存知なのです。

でも、でも、このままだと寂しい状態???
(他の人達のサポートは一杯してるのに...我が娘のコンサートはなかなか...です)トホホ..泣
もし、宜しかったら是非、お出かけくださいませ。
b0076008_2082383.jpg

b0076008_208025.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-02-06 20:08 | 素敵な音楽♪
2012年 01月 14日

アイリカクリシャール『冬の旅』

本当に素晴らしいコンサートでした。
慣れない受付で、しどろもどろ...。
隣で娘はさっさと、案内し、切符をきり、裏に廻って影アナ。。。
私は始まっても外でポツねんと、外のTVで様子を...。
友人がそっと出て来てくれたお陰で、後半は会場に入る事ができました。
アイリカの歌うシューベルトの『冬の旅』は本当に素敵でした。
今まで思っていた冬の旅とはまるで違い、暖かい、優しい愛溢れる冬の旅でした。
そんなに多くはなかったけど、とてもマニアックな方々が来てくださったコンサート
でしたが、皆様、本当に感動された素晴らしいコンサートでした。
アイリカに「今までの概念とまるで違っていた〜」というと、
「違う違う、冬の旅は希望なのよ〜」と...。
若干28歳でこの境地が分かるとは...。

哲学者であり、作家であるアイリカならではの事です。

彼女のお陰で、大きな発見がありました。
今まで本当にいろんな事があって...。笑

でも、やっと、出会った意味が分かりました。
以前から思っていた事。音楽は光が音となってカノンが広がっていく。
地球上に住む自然...植物、動物、人間、水、火....全ての存在が
その光によって調和し宇宙に広がっていく...。。。
音楽そのものがその光なんだと....。
(うまく表現できないのですが...)

アイリカも、我が娘、詩歩もその光を繋ぐためにこの世に産まれて
きたのだと改めて思いました。

こうして、素晴らしい人達の成長を見守る事が出来、サポートできる事の
幸せを今、..感じています。
そして、皆様とシェアさせて頂く事ができる幸せに感謝しています。

今、出会わせて頂いている人達、出来事....、全てが完璧な仕組みの中にある事を...。
心から感謝しています。ありがとう〜〜♡
(本当に刺激的な毎日です〜)
b0076008_8353466.jpg

[PR]

by necocafe | 2012-01-14 08:35 | 素敵な音楽♪
2010年 11月 02日

現代作曲家、佐村河内守さんの『ヒロシマ』に思う、ビジョン!


この所、深夜に目が覚める。さあ、これからが大変、お酒を飲んでも寝れないし、
ダイニングに降りて、本を読んだり、TVを見たり..。あ〜これって、年なのかな?

睡眠不足の割には身体は軽い。そんな日が続いていたのだが、さすがに、昨日は、
疲れが限界に来ていた。

そんな中、相棒から「今日はコンサートだよ!知ってる?」
「え〜?現代曲??う〜ん?」招待チケットをもらったという。

「まあ、しんどかったら、寝てればいいから..」そんな会話をしながら、
『現代日本オーケストラ名曲の夕べ』広響のコンサートに行ってきた。

何故にフェニックスで? さすがに、現代曲? 広い会場はガラガラ状態だった。

広島出身の人の作曲家を中心としたレクイエムの構成だった。
こんなに沢山の広島出身の作曲家っているんだ〜。
今のこの時期にレクイエムか〜?そんな事を思いながら、聞いていた。

作曲家自身が登場されたり、コメントがあったりと、中身はとても充実。
北爪道夫さんの『チェロ協奏曲』。広島交響楽団の首席チェロ奏者のマーティン
さんのソロ。赤いベストで颯爽と登場。カッコいい〜!

勿論、演奏も優しくて繊細で素晴らしいものだった。

と言っても、身体がしんどい私は、目を閉じて、時々意識不明状態を彷徨っていた。
最後の演奏は佐村河内守さんの『管弦楽のためのヒロシマ』

パンフレットで、この方が全聾の作曲家だと知る。
そして、他の方々の輝ける学歴の中で、独学だという。
勿論、最初の挨拶が無かったので、会場には来ておられないようだ。まあ、当たり前か〜?
天才なんだろうな〜?そんな事を思いながら、聞いていた。

勿論、目を閉じて…。またまた、意識不明状態に突入〜?と入口まで入りかかった頃、
いきなり、「え〜?なに〜?」といきなり現実に引き戻らされた。

目はぱっちり、意識も回復。

静寂と、神秘と、雄大さと無限大…あちこちで様々な音が発生し、それらが
今までの概念とは違う所でハーモニーを作り出している。

私が持っていた音楽の次元とはまるで違う所の音の構成。
それでいて、慈愛に満ちているのである。音に違和感がないのだ。

作曲者の中には、この次元の音は聞こえていない。一切の聴覚を失い、
日々激しい頭痛の中での音作りだという。被爆2世であり、これが
彼のベースにもあるのだろう。

本物の天才だ〜!まるでベートーベンのようね〜。宇宙から音が降ってくるのよ、きっと..。
そう思いながらエールを送っていたら、なんと、ご本人が後ろの席から登場。

杖をつきながら、サングラスで舞台に登場された。この曲はこの日が初演だったのだ。
客席からは、2人の少年が花を持って舞台に近づいた。
一人は酸素マスクをしたまま、別の少年がその酸素を持っての登場。
何だか、感動。

帰りの車の中で、生あくびの連続。
今までの身体の緊張が溶けていくのを感じた。お陰様で、昨夜は、久しぶりの熟睡。

後で、帰ってHPで調べると、暫くの間、聴覚障害がある事を伏せておられた事。
そして、なんと、我が町の出身者であり、我が家の前の小学校に通っておられたという。
(ちなみに、今の広島県の県知事もこの小学校出身である)


世界的指揮者の大植英治さんといい、佐村河内守さんといい、おふたりとも
佐伯区の出身。
やはり、この町にコンサートホールがあればいいな〜!と痛切に思う。

初演は、佐村河内守さん作曲の『ヒロシマ』で指揮は大植英治さん!

いやいや、子供の頃の思い出、宮島の見える五日市のきれいな海を思い、
これからの子供達を思う、地球を思う、新しい曲があってもいいな?
作ってくださらないかしら? 
そう、そんな素敵なビジョンを持つ事って大切よね。

そう思った。

その五日市の沖での清掃活動、満月清掃会。その時の為にも
もっともっときれいな海に戻ればいいな〜! 続けないといけないね。

[PR]

by necocafe | 2010-11-02 10:32 | 素敵な音楽♪
2010年 08月 25日

現代のルノワールは?

先日、ポリフォニアサクラの定期演奏会に娘がソリストで出演させて
頂いた。友人がその場でスケッチを...。「詩歩ちゃんの姿を見て、
思わず描きたくなったの。ルノワールの中に出てくる...そんな感じよね〜」
b0076008_21343619.jpg

ルノワール???確かにね〜ルノワールの時代ではきっとモデルに
なれたかも?
b0076008_2133067.jpg

「ママ、まさか私がこんな風に歌うようになるなんて思わなかったでしょ!」
確かにね〜〜。未熟児で産まれた、あの小さかったあの子が...トホホ。

ともかく、無事終わった。これだけの舞台で歌わせてもらえるなんて、
本当に幸せな子である。

私は本日、満月清掃会へ..。
この暑さでヘトヘトだった筈なのに、久しぶりに海に行くと潮風が気持ちいい〜!
沢山の若者や近所の人達、沢山参加してくださった。
『海にありがとう』リンク
この暑さを乗り切る方法を教えてもらった。
カンボジアのような亜熱帯の地域の知恵だという。

いつもより一時間早く起きる。
お昼は1時間余分にとって休息を..。
一時間早く寝る。

分かってはいてもこれがなかなかできない。

我々の仲人さんご夫婦が来てくださった。
80歳近いというのに、どんどんスリムに素敵になっておられる。
「5時以降は食べないで、夜1時間、毎日歩くのよ!」
何と、ホノルルマラソンの10kgウオークにも参加されたとか...。

参りました〜〜〜!!! 考えよ!!
[PR]

by necocafe | 2010-08-25 21:35 | 素敵な音楽♪