Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 13日

「〜ヒロシマのデザインを問う〜」

2007年2月2日。「〜ヒロシマのデザインを問う〜」というタイトルのシンポジウムがありました。
パネラーの皆さんは、基調講演のデザイン総研広島の代表山田晃三さん、コディネーター役の錦織亮雄さんを始めとし、広島でグラフィックデザインに関わっておられる縄田健次さん、教育の立場からの意見として広島工業大学 平田圭子さん、マツダデザイン室 林浩一さんでした。
広島住人であり、デザインのプロとしての意見。とても考えさせられる内容でしたので、心に残った事を、覚えている範囲内にてここにご紹介します。
残ったものと言う事は、若干、自分の意見をも入ったものになっているかもしれませんが…。
~~~~~~~~~~~~~~~
安倍晋三氏は「美しい日本をつくりたい」と言っている。元来日本は美しい国であった筈である。そもそも、わざわざ美しいと言わなければいけない程、今の日本は美しい所から遠ざかっているのではないだろうか。

歴史的には、半世紀前、廃墟の中でアメリカ文明に出会い、憎き米国がいつの間にかあこがれの国となった。
米国を追うように高度成長期に突入し、工業国から電子立国へ、そして世界に名だたる経済大国になっていった。
今21世紀になり、忙しさは増してきたが、その中で、「豊かさ」は実感できないのである。
そして、今中国に追われ、一体我々はどこに向かおうとしているのだろう。

20世紀の最大の発明は、「核兵器と自動車」である。このふたつを「極限の道具」とここに仮定しよう。
「2001年宇宙の旅」という映画が好きでよく見ているのだが、その中では、500万年前、猿が手に棒を持ったときから人類の戦いの歴史が始まった。
棒と器の時代からコンピューターの今日まで、道具の進化の歴史は、人類の進化と同義である。
いつの間にか、地球上の優勢種として君臨しているが、今、我々は、道具の「副作用」についても、気づき始めている。

沢山の道具、その道具の製造過程、使用過程、使用後に至るまで、その道具達は、地球環境に大きな悪影響を及ぼしてきた。
そして、同様に、我々ヒトの心身にも、「内なる環境破壊」が進行している事に気がついていないのである。

身体の中にあったはずの自然が、実はどんどん破壊されようとしているのだ。
それは感性の欠落という形で…。
道具に見張られ、道具に使わされる時代になってしまった気がする。このままでいけば、人が人でなくなる瞬間がくるのではないだろうか。

「美しいもの」は美学であり、「美しい言葉」と、「美しい味」は共有されるものなのである。

本来、本当の「美しさ」はとても重要なものであり、そう簡単には手に届かないものである。
とても、危険であり、下手をすると怪我をしてしまいかねない。
そう、自分を鍛えないと届かないものなのである。
我慢して、鍛えて始めて手にする事ができるものであるのにも関わらず、我々は楽にデザインをしてしまったのではないだろうか。

我々は、普段いつも目にするものは案外目に入らないものである。
醜い、邪魔なデザインの前では自然に足速になり、そのものを見ないように遠ざけて生活している。
昔は看板ひとつにも、プロの手を得ないとできなかったものが、今は素人でも簡単にコンピューターでできる時代になった。
その安易さが、ちまたのデザインの煩雑さを加速してしまっている。

この広島は、外国人から見ると、瀬戸内海に面し、大きな川と海のとても景観のきれいな街としてあげられている。
でも、本来の都市美を思った時、「自然の美しさ」や「景観の美しさ」もさる事ながら、本当は、「そこに住んでいる人の心の美しさ」を感じさせるものなのではないだろうか。

我々ひとりひとり住んでいるものが、ゆっくりと歩きたくなるような街づくり、目を止めて見たくなるようなデザインで溢れた街になると人の時間の流れも変わってくる筈である。
汚い、嫌なものを容認してしまうのではなく、「断る勇気」も必要なのである。

ここ広島は、原爆が落ちた地として世界でも有名である。
今まで、核兵器イクオール巨大さだと思っていたのだが、実は、遺伝子を破壊するというとんでもない怖さを持ったものである事を知った。

つまり、ここ広島は人間のみならず、地球が誕生して38億年前からずっと繋がってきたものをも、一瞬の内に寸断してしまった地なのである。
DNA 自体が断たれてしまったのだ。

じゃあ、これから、どう修正していけばいいのだろう。
広島という地の役割は…。その広島でのデザインとは…。と問った時に、
「いのち」とは…? と問う事ではないのだろうか。

アイデンティティという事は、自己同一性という事であるが、つまり、「あなたらしさ」という意味ではないかと思う。

かけがえのない自分。「よく、ここまでいのちを繋いで生きてきましたね。」
その生きてきた自分に喜びを感じる生き方をする事ではないだろうか?

そのかけがえのなさ。は、人間のみならず、植物にも、動物にも、微生物にも…全ての存在に対してのかけがえのないという事なんだよ。と伝えないといけないと思う。

広島からそれを伝えないといけないと思う。

まず、その最小単位は「家族」である。
子供たちに、今何をしているか伝える事。
生きるために今欠けている事を伝える事。

「家族」から始まり、「地域」になり「広島」そして、「かけがえのない国」になり、
「かけがえのない地球であり、宇宙」になるのである。
宗教ではないが、その神に導かれるという宗教的感覚が必要なのだと思う。

もう、そろそろ、
まるで遊んでいるかのように仕事をし…。
まるで、仕事をしているかのように、遊んでもいいのではないだろうか?

芸術は、非日常である。日常生活の中の美しさの確立はとても難しい。

デザインをよくしていくという事は…
人が人としての誇りを持つ事。緊張感を持って….。
[PR]

by necocafe | 2007-02-13 09:50 | Neco茶屋
2007年 02月 12日

不都合な真実

先程、ゴアさんの「不都合な真実」を見てきた。

本当は、先週行く予定だったのだけど、雪を見に山に行き、そのまま
友人の個展に誘われ、ゴアさんをキャンセルして、延々車を走らせた。

普段から、偉そうに「環境」だの「ゴミ」だとの言ってはいるものの...。
私の生活と言えば、ドライブは大好き。美味しいもの大好き。
楽しい事大好き。掃除大嫌い....。と環境的理想の生活からはほど遠い生活を送っている。
勿論、何処かに、納得の行かない良心の呵責と言ったものを抱えての生活ではあるが...。

そんな私が、この度の映画を見る事に対して、少しだけ、躊躇した自分があった。
もし、可能なら、なにがしかの行けない理由を見つけようとしている自分が...。

先日のゴアさんのTVでの内容。今まで調べた環境についての様々な知識。
それらを再確認する事と、今の自分の生活がほど遠いものであるが故に、
つい、こんなよくあるシーンが..
親からの一言「一体いつまで遊んでいるの。いい加減に勉強したら?」
「分かっているわよ。今から勉強しようと思っていたんだから..」
そんな返答をしそうな自分を感じたからかもしれない。

でも、映画を見ていて、そんなちっぽけな思いはすっ飛んだ。
やっぱり、この映画は、今だからこそ、今一人ひとりに必要だからこそ
出来た映画である事を...。
ゴアさんの勇気。言う勇気。行動する勇気を一杯もらえた気がした。

『祈りと共に行動を..!』

今、こうして、この地球が危うい時に生きている私達はラッキーかもしれない。
だって、もしかしたら...ひとりひとりの思いで、意識の変革で、行動で
この地球が変わる事ができるかもしれないんだもの...。

まだ、大丈夫...。そう、今なら....。
そう思える映画だった!
もし、見ていない方、是非、ご覧ください。

明日から、再度自転車を復帰です。役所にも自転車で....。
「また!おかんは〜!すぐ影響されるんだから...!」そんな息子の声が聞こえなくもないが...。
まあ、何でも、気がついた事から...だよね〜!でも、怪我には気をつけよう!

今日早速3月末にしまなみサイクリングツアーを計画。何故3月かって??
勿論、まずは、トレーニングから...(なんせ、今は10Kmも危うい...一体しまなみって何キロ走るんだろう?)

こんなシーンを思い出した。
昔、カナダのロッキー山脈を車で走っていた時。
雄大なドライブコース。私たちの車の隣に観光バスが...。
「バスだったら、こんなに自由に好きな場所に行けないよね〜!
やっぱりレンタカーで走るに限る!」ちょっと、自慢化..。

そんな思いの私達の横を自転車がさっそうと通りすぎる。。
「車で来るなんてね〜!だって、自転車しか入れないコースがあるじゃないの..
やっぱりダイレクトに風を感じなきゃ〜!」そんな声が聞こえてきそう..。

そんな思いを感じたすぐその後で、目の前に歩いている人達が..。
「な〜に言ってんの。やっぱり歩きでしょ。だって、こんな素敵な風景、車や自転車では通れないのよ。あなた達が行けない道を歩いては行けるもの..。歩かないと、足元のこんなにきれいな花や動物達にも気がつかないでしょ。」

誰にでもこんな声が聞こえそうな工夫がしてある。
ちゃんと、ここからは、車はNo 自転車、歩きOK 。歩きのみOK  という具合に差別分けしてある。
車より、自転車、自転車より歩きの人達を優先して計画してある道作りに感動したもんだ。
弱者に優しい生活がイクオール環境に優しい事かもしれないね。

人間は強くなりすぎたのかもしれない。
[PR]

by necocafe | 2007-02-12 23:06
2007年 02月 10日

とんど

今朝、一番で、広島の白島にて、葦舟(みたま号)のメンバーが
やっている葦狩りととんどに行ってきました。

(3年前に、市民活動で太田川で葦舟を作って宮島まで行ったのです)
あの葦舟の思いが今も尚、地域に広がっています。
ちいさなミニ葦舟のある川辺で、葦狩りとゴミ拾い。
とんどで、餅を焼いて、ぜんざいを...
子供達が近くの(そうそう2000年のピースウオークの時に植えた長崎の被爆柿の木
のある二葉山の美味しい水での臨時カフェ(子供達がやっています)

やはり、昔の仲間達...。いつも、会うと抱き合って、昔話し(といっても、3年ちょっと前なんだけど)
やっぱり身体を動かすっていいですね。私の性分に合っているみたい。
b0076008_22225828.jpg
b0076008_22231010.jpg

[PR]

by necocafe | 2007-02-10 22:23 | Neco茶屋
2007年 02月 01日

まさか..酒蔵?

本日、2月1日。
ネコカフェの電話番号が無くなった。本日を持って解除。
未だに、本を見た人からたまに電話がかかっていた。
ひとつのケジメかもしれない...。
ネコカフェを可愛がってくださった皆様、今まで本当にありがとうございました。
新たな出発です。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

さてさて、今の私はというと...。
最近、我が家は酒蔵(?)になりつつある....。
一体何事かというと...。
20年ぶりにパン作りが復活したのだ。

事の発端は、年末我々のお気に入りのパン屋さんがある日突然閉店した。
ここの天然酵母のフランスパンは絶品だった。
有名フランス料理店も専属で使っていたほどのパン。
最初の頃のあの感動は、今でも忘れられない。
買って車に乗った途端、酵母菌の匂いが車中に充満していつも帰るまでの間に
半分以上食べてしまう程の誘惑。

ひとりでコツコツ作っているパリで修行したというパン職人のオーナー。
何度も倒れ、それでも頑張って....。
フランスパン1本売って210円。その為にかかる時間と労力。
こんな小さなお店がやっていけない今の日本が悲しくなった。

そんなオーナーの思いを知ってみたくなったのかも..?
じゃあ、天然酵母のパンにトライしてみる事にした。

今でも、何かにつけて主人の一言、「昔はね〜!毎日朝は自家製のパンを焼いて
いたもんですよ!今では、全くその陰もないですけど...」

ふん!  じゃあ、作ってやろうじゃあないか!

いつも美味しいパンを焼いてくださっている友人や、義妹のアドバイスをもらい、
北海道産の小麦や天然酵母の種をゲット。
この時期は、温度設定が難しい。
それでも、はまったらとことんやる性格の私...。

苦肉の策で、自家製の発酵器の完成  !!
どこにでもある発砲スチロールの箱に電源と温度計の穴を空け、
足温器(電気コンロ)をふたつ。  費用は300円。
一定温度に保てるのだ!  
  さすが〜!と自己満足した頃、娘からクレーム。
「ママ〜!私の布団から足温器を取ったでしょ〜寒くて眠れないんだから...。」
まさか、パン発酵に使われているなんて思わなかったらしいのだが、ついに
見つかってしまった。

仕方がないので、近くのDIYで700円でゲット!(合計金額1000円)

只今、酒粕の酵母とぶどう酵母とホシノの酵母がストック中。
という事で....殆ど毎日パンを焼いている。

これらの酵母菌。どうも、同じ部屋で作っていると酵母菌が部屋中に充満するらしい。
酒蔵と同じ原理だ。
どんどん発酵が早くなっている気がする。
いずれは、酒蔵...?
昔から菌には注目してはいたものの.....。

息子の一言。「もう、おかんは極端なんだから..!今度はいつまで続くんだろう..?」

試食されたい方、どうぞ、お早めに...!
[PR]

by necocafe | 2007-02-01 11:15