Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 27日

『自分サイズのボランティア』


先日、いきなり、我が家に「さすらいのうどん職人」が登場。

精悍な青年が、我が家で急遽集まった16名の前で、手打ちのうどんを
披露してくれた。

あっという間に40食が完売。
彼は北海道から沖縄までうどんを打って廻っている青年だった。

いろんな人が我が家には出入りしているけど、この度のパターンは始めて。

みんなにんまり、舌鼓...、幸せ気分を味わせていただきました。

改めて、写真と一緒にアップしますね。

そんな中、今日、仲間から、以下のような情報が届きました。
〜〜〜〜
数年で型落ちとなり家庭企業問わずリプレースされるパソコン、
そのパソコンよりも遥かに早いスパンで作られては捨てられていく携帯電話、
地上デジタル放送への移行に従って廃棄される何千万台ものテレビ…、
その行方は?

ナショナル・ジオグラフィック特集
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/magazine/0801/feature02/index.shtml
世界中で増えつづけているパソコンやテレビなどの電気製品の廃棄物。
アジアとアフリカで目にした、“危ないリサイクル”の実態をレポートする。
〜〜〜〜〜〜
日々、新しいバーションやマシンを追い求めている昨今。
たまには、考えて欲しいな〜? と思うのは、私だけでしょうか?

そんな中、たまたま手にした本の中に、この内容にリンクした情報が
書かれていました。
〜〜〜〜〜〜〜
廃棄をまぬがれ、企業から譲り受けたパソコンを再生させ、学校や市民団体、
高齢者グループなどに寄贈する「パソコン寄贈ボランティア」。
故障を修理し、OS.ソフトをインストール、必要な周辺機器を用意する。
さらには、使う側のニーズに応えるよう、きめ細かい配慮も加える。
生き返ったパソコンは、ボランティアにとっても使う人にとっても、特別な一台
となり、また活躍を始める。
http://www.eparts-jp.org/index.html
〜〜〜〜〜〜

ふ〜ん。。成る程〜『自分サイズのボランティア』か〜〜?
[PR]

by necocafe | 2007-12-27 18:44
2007年 12月 22日

「信じる」という事....。

先日、深夜にタクシーで帰ってきた娘を相手に、久々に吠えてしまった。

「いい加減にしなさい。一体何時だと思っているの」から始まって、
挙げ句には、「じゃあ、好きにしなさい」で締めくくる。

その事を友人に言うと、「娘さんもたまったもんじゃあないわね〜。
好きにして帰って怒られて、じゃあ、好きにしなさい。って怒られるん
だから...」その言葉で、我に返った。

そういえば、その時、沸騰してしまった頭を冷やそうと、深呼吸をした。

もしかして、これって自分自身の中にある恐れではないのだろうか?ふと
思った。
その後、涙ぐんでいる娘の傍らに言って、言い過ぎた言葉を謝る勇気は
無かったが、一緒に肩を抱いて、私の心配を伝えた。

本当はちゃんと娘は私の心配を分かっている事は知っている。
どんな理由で遅くなってしまったか、理解はしていたつもりだったのだが..。

この日の私には、心配、恐れ、不安が一杯になってしまったのかもしれない。

次の日にNHKでのロビーコンサートがあった。
現場の帰りに覗くと、娘達は、とても楽しそうに歌っていた。
これだけの曲数をみんなで合わせるとなるとどれだけ大変な事だっただろう
かと思った。
100人あまりの集まって来られたお年寄りのとても楽しそうな顔を
見ながら、みんな顔をクシャクシャにして笑いながら、歌っていた。

私の母は、とても心配性である。そんな母親を見ながら、様々な場面で
苛立を感じて育った。
その影響か、私の子育ては、至って放任主義であり、まずは、私達夫婦が楽
しめる事が一番。
沢山の人たちが出入りする中で、普通の家族の生き方とはちょっと違った
スタイルできていたかもしれないと思う。

先日、友人が娘に聞いた
「どうして、舞台で上がらないの?」
「だって、子供の頃から、本当にいろんな人たちが我が家には出入りしていて..
だから、どんな人の前でもびっくりしなくなったの..」

我が家の事をよく知っている友人は、この娘の図太さは、ここから来たのか?
さもありなん、と納得したそうだが..。

そんな私が、こと、娘の事となると、我が母と同じ思いで接してしまっていた
のかもしれない。
常にポジティブでいれたら、きっとこんな叱り方はなかっただろう。

「私はいつも幸せなの、ラッキーだと思うよ。嫌な事があってもすぐいいよう
に考えれるの」こんな風に、常に前向きな生き方の出来ている娘の足を引っ
張っていたのかもしれないと思う。


そんな娘が先日のクリスマスコンサートでは、珍しく上がったらしい。
前の人が上がり、間違えたもんだから、自分も不安になってしまったとの事。

客席で娘の様子をドキドキして見ていた私を、ふと思った。

不安や恐れは電線するのかもしれないぞ!

そんな私に娘は苛立を感じているのかもしれないと思った。

私と一緒...。

「信じる」という事。何事にも常に『大丈夫!有り難う〜!」って先にお礼を言っ
ておくといいのだそうだ。

この時期、常に忙しい娘である。
「じゃあ、今度遅くなったら、どんな時間でも迎えに行くから電話しなさい」
つい2日間に遅くなった娘に言った。

昨夜、深夜まで模型を作っていた我々に
「まだ、明日の練習が終わらないの〜! 終電に遅れる〜!」

「まだ、こっちも出来ない〜!ちょっと、そこで練習でもして待ってなさい」

「あっ そ〜」

先日の叱りは何処に行ったもんだか、

深夜に一段落して、いそいそと娘を迎えに行く  わたし...。やれやれ..。
b0076008_129315.jpg
b0076008_1294379.jpg


追伸:クリスマスコンサートに同行した音楽好きの友人曰く
「長年広島に住むが、今まで、こんなコンサートがあるんなんて、全く知らなかった!
これはもっと広く市民に知らせるべきだ」との事。
確かに、こんなに格安や無料でいろいろな音楽があるなんて、凄い事である。

クリスマスにかけても、様々な所でクリスマスコンサートが開かれるようです。
是非、チエックくださいね。http://www.eum.ac.jp/
[PR]

by necocafe | 2007-12-22 12:12
2007年 12月 11日

勿体ない病と、娘のドレス..。

「どうしよ〜? 先生がドレスは白がいいって言われたの〜!白がない〜!」
「そうか〜!じゃあ、買いに行こう〜!」

そんな軽いノリで私は娘の大学まで迎えに行った。

この土曜日、15日に娘の通う音大にて「クリスマスチャリティーコンサート」が
ある。
ソリストには選ばれたものの、結構喜んでばかりもいられないようだ。

お世話になった方々にチケットを送り、(これも、いつまでも書かない娘の
代わりに私が出す事になったのだが..)
こうして、ドレスを選び、当日は髪をセットして...。
ふ〜〜 結構出費もかさむ。

でも、こうして、娘とドレスを選ぶのも、なかなかのいいものである。
ワクワク、ドキドキものである(ドキドキは..○○○だけど)

今回は白のドレスである。
白だけは、着たくないと言っていた娘も、今回だけは、さすがに、観念した模様。

こんなにまるで、常に結婚パーティーのような衣装を身にまとう
娘を見ながら、..これって本番はつまんだいだろうな?とつい思ってしまう。

本当に沢山沢山ある衣装の中から娘にぴったりのサイズを探し出すのは
普通ならば、至難の技である。

が、しかし、..いつも何故か必要に迫られると
ジャストサイズとジャストデザインの衣装に出会うから不思議である。

今日も、本当にぴったりの衣装が見つかった。
なんと、今日入ったばかりだったものらしい。

お金を払う時、丁度番台のような所で、作業をしていたおじさんが手に
しておらえたドレスに釘付けになった。
なんて、素晴らしい色合いだろう。
一目惚れ!   どうも、娘も一目惚れの模様。

「それってサイズどの位ですか?」
普通なら着れるサイズではないのだが、後ろのシャーリングに目がいった。
これは、直せるかも?

という事で、2つもゲット!  
ドレスに見とれた娘、何と、我が娘、このドレスに体を合わせるという。

そうか〜何を言っても3日坊主でも、このドレスの魅力には負けるかも..?
シメシメ..この手があったかもしれないと思う。

ちょっとこれで足りるのかしら?と 思った財布の中身もジャスト。
に、しても、こんなに簡単にこんな素敵なドレスが手に入るなんて、
なんて、素晴らしいのでしょう〜!

「いつもいつもありがとうございます。本当に助かります!」
お店の方々に深々と頭を下げてお店を後にした。

不必要になったものでも、それが必要な人も沢山いる。
物を循環するという事は、とても理に叶ったものであり、そして
とてもエコロジー..。そして、勿論、財布にも優しいのである。

今日はそのおこぼれに沢山あった一日だった。
何しろ、朝は、念願のマッサージチエアをゲット。
たまたま、処分されようとしていた所に出くわし、しっかり頂く事になったのだ。
まだまだ最新式のものである。

息子の一言「おかん、粗大ゴミにならないようにしてよ。
また、勿体ない病がでるから..」

そんなハチャメチャな状態でのコンサートのご案内です。
〜〜エリザベト音楽大学「チャリティー、クリスマスコンサート」〜〜
日時:12月15日(土)18:30開演
場所:エリザベト音楽大学セシリアホール
入場料:1000円(全席自由席)

パイプオルガンの演奏と、メサイアです。
お暇な方は宜しかったらいかがでしょうか?
[PR]

by necocafe | 2007-12-11 19:20