Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 24日

ラプソディー・インブルー&チョコ?

昨日、岩国シンフォニアにて、大植英次指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団の
コンサートがあった。
このコンサート会場に来るのは久しぶりである。

ラベエルの「道化師の朝の歌」の後、ガーシュウインの「ラプソディ・イン・
ブルー」。
会場に入ると、あちこちで、「のだめ..のだめ..」と声が聞こえたのは、
この事かと納得。(確か、ドラマの最後に流れていた気がする)

なんと、この曲は、私達のお気に入りの、ジャズピアニストの小曽根真と
のコラボなのである。
今日はさすがに、いつもの普段着(ジーパンにシャツ姿)ではなく、ちゃんと
タキシードを着て登場である。
ガーシュウインはジャズをシンフォニックに編曲して純音楽との融合をはか
りたいと願った曲なので、今回の企画にはぴったりだったのである。

小曽根真が引き始めると、あの大植英次さんも指揮棒を止めて、うっとり
と聞き入る。
小曽根さんのソロの後に静かにオケの音が被る。
申し合わせているとはいえ、ジャズの音の後でうまくオケの音が入るもんだと
感心してしまう。

全ての音を譜面で追う、クラシックに対して、片や、まるで、気の向くまま、
毎日が違うおかずであろう、ジャズの演奏..。
全く正反対にみえる音楽性が融合する音に引き込まれ、自然に感動のあまり、
胸が熱くなってしまった。

大植さんの指揮の演奏を聞くのは、今回で4度目であろうか?
小曽根真さんも4度目ぐらいである。

大植さんのマーラーには感動のあまり、会場の殆どの人がスタンディングして
しまったが、今回も思わず立ちたくなってしまった。

世界の頂点にいる2人のコラボ、おまけに、大植さんの出身は同じ町内会で、
同じ年である。
何だか、親近感が湧いてくる。
この度のコンマスは、長原幸太さんは広島出身、長原さんが中学校1年の時息子の通って
いた塾でのコンサートで聞いた事があった。
有名中学に難なく合格し、おまけにその受験真っ最中の時、日本学生コンクール
で優勝。一体なんて子なんだろう?と思った記憶があったのだが、すでに彼も26才。
で、この年で、大阪フィルのコンマス...??

一体、どれだけの人が音楽の道を歩んでいる事だろう。
そして、その中でもこうして演奏活動を続ける事のできる人はほんの一握りなのである。
そんな毎日の演奏の中でも、心から感動させる事のできる演奏はそうそうあるも
のでもない。

音楽、芸術の奥の深さを改めて感じた。

演奏の後、「バレンタインにピアノの形をしたチョコを大植さんに頂いたのです。
お返しに、ボルドーのワインを持ってきました」
ピアノの蓋の中に忍ばせてあったワインを舞台で手渡す小曽根さん。

最後の幻想交響曲もとても素晴らしかった。
とても、心温まる、感動的な演奏会だった。

始めてクラシックコンサートに行ったという我々の友人が、
「僕は、後尾でず〜と出番を待って立っているパーカッションの人たちが
気になってね〜...いや〜ある意味、職人だよね〜」

確かに..。この度は2階席だったので、みんなの様子が手に取るように分かった。
実は、いつも私も気になっている所だったのだ...。

ふと、帰りの食事の際、急に思い出した。
「あれ〜?バレンタインにチョコ??何だか変だな〜?」
[PR]

by necocafe | 2008-02-24 13:40 | 素敵な音楽♪
2008年 02月 21日

満月清掃会&原じい

今日は、今年始めての満月清掃会。1月の満月は大雪の為中止だったゆえ、
始めてなのだ。
今年で満月清掃会も3年目に突入となった。
いつものメンバーの中に、原じいという、とてもとても変わった人がいる。
知り合った当時に比べると、今や、牙を抜かれた○○のように、今や、
人のいい、どこにでもいる(そんなにいると怖い?)おじさんと化しているのだが...。

原じいは、いつも清掃会の時、自転車で延々市内から自転車で参加している。
その自転車の中に袋には、いつも、これって何〜?という程、不思議なものが
が入っている。ちなみに、今日のお土産。
b0076008_18465010.jpg


この海は、3年前まで、この海では貝掘りの人たちで溢れていた。
ところが、2年前から、沢山のアオサと、ヒトデの為に貝が急にいなくなって
しまったのだ。
相棒の子供の頃には、家の前は海だったという。
いくら、いつも、海で、うなぎや海老を沢山採っていたと言われてもね〜...

b0076008_18472047.jpg


今日、たまたま車で走っていると、ラジオから、成る程と思える会話が飛び
込んできた。

「ひとりひとりが少しの勇気を持つ事がとても大事なのです。
例えば、目の前のゴミを拾う事も実は、勇気のいる事です。
困っている人に手を差し伸べるのも、勇気がいります。
見てみないふりをするのではなく、ほんの少しの勇気を持ちましょう」
そんな内容だった。その方は、「小さな親切運動」の広島支部の方とか..。

ふと、昨年、いきなり、「小さな親切運動」から満月清掃会に賞状が届いた
事を思い出した。
全くメンバーの知らない人からの推薦だった。
始めて、賞状を嬉しく思った。
きっと、思いがけない事だったからかもしれない。

満月の日、五日市沖の海岸にて16:00〜清掃会をしています。
よろしかったら、ご参加くださいね。
参加者は、オリジナル満月カレンダーをプレゼント!
(な〜んて、昨年からシコシコ作っていたカレンダーですが..笑)
b0076008_184742100.jpg

[PR]

by necocafe | 2008-02-21 18:48 | Neco茶屋
2008年 02月 06日

職人さんの思い

1月に入ってから、抱えてる仕事の引き渡し等に緊張した日々が続いていた。

 ある施主さんの引き渡しの後、カーテンと家具の搬入を確認する為に
新しく出来上がった家に伺った時の事である。

そこに新しく座ったダイニングテーブル。
一緒に展示場に見に行った際、とても気に入って注文された家具だった。

その楽しみに待っていた家具が新居に来て、組み立てられる際、
テーブルの天板の裏側に日付とサインが入っていたという。

「実は、このテーブルはこれを作られた職人さんの最後の仕事だった
んですよ。その記念にサインをされたそうです」
家具屋さんから知らされたという。

何だかとても感動してしまった。
この職人さんは、一体どんな思いでこの家具を作られた事だろう。

我家にある同じシリーズの家具、もしかするとこれらの家具の制作にも
この職人さんが関わっておられたのかもしれないな〜。
約28年前の家具である。

作られた職人さんの思いが、きっとそれを使われる施主さんに伝わり、
大切に、継承していかれる事だろう。
この家具を作られた職人さんと、施主さんの優しい顔が重なった。

先週の日曜日、三次のある小さなお寺に伺った。
そのお寺では、丁度鐘楼の建替え工事が進んでいた。

見ると、とても若そうな大工さんがひとりで作っておられた。
28才でひとりでこの鐘楼に関わっておられるという。
宮大工の親方の下で働き、今はこうして全てを任されるように
なったという。

雪の中、一日中屋根の上で作業を進める。
「頑張ってね〜!又仕上がったら見にくるからね〜」
興味津々に足場から屋根に登り、あれやこれやと質問して
いる内に、すっかり仲良くなってしまった。(と私は思う?)
爽やかな笑顔が素敵だった。

さあ〜!今年は(も?)、気合いを入れて頑張ろう〜!

てな事で、新年からしっかり早起きになった私..。
今朝も1時間早く起き、近くの海まで朝の散歩に出掛けた。

火箸とビニール袋を持ってゴミ拾いをしながら散歩されるご夫婦。
しっかり顔なじみになってしまった朝のパトロールの方々。
近所の顔なじみのお巡りさん。子供達の元気な顔。
公園で鳩に餌をやっているおじいさん。
水鳥公園に行き、海の上に上がった朝日を身体一杯浴びて、
深呼吸をする。
最近、西野流呼吸法にはまっている。http://www.nishinojuku.com/
とっても簡単で気持ちいい。

こんなに素敵な場所が、こんなにも近くにあった事に今更ながらに
感動である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以下、若い仲間達が頑張って応援しているお知らせです。
私も以前、田中優さんのお話しも聞かせていただきました。
知る事の大切さを感じていただけると思います。

■『六ヶ所村ラプソディー』上映

広島市内では初めての劇場公開となる問題作『六ヶ所村ラプソディー』

日本各地で生み出される原発の放射性廃棄物を処理する為の再処理工場が
建設された青森県六ヶ所村に暮らす人々の営みと眼差しを捉えた
ドキュメンタリーです。

メディアが伝えない中でも着々と事態が進行している現状を、
丹念に描き出された映像を感じていただけると思います。
ご期待ください。

日時:2008年2/1(金)19:00
   2008年2/2(土)12:00
   2008年2/3(日)〜8(金)12:00 と 16:30
会場:横川シネマ 広島市西区横川町3-1-12
料金:当日/一般:一般1500円 大学1300円 シニア・高校生以下1000円
   前売/一般:1300円(劇場窓口にて発売中)

【横川シネマ】http://ww41.tiki.ne.jp/~cinema-st/top.html
【映画公式サイト】http://www.rokkasho-rhapsody.com/
【映画公式ブログ】http://ameblo.jp/rokkasho

参考までに、下記映像もあわせてご覧下さい:

○「六ヶ所村ラプソディー」予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=fb9K_gutJfU&feature=related
○未来バンク 田中優氏から緊急提言!「六ヶ所村問題」編(ダイジェスト版)
http://jp.youtube.com/watch?v=Lt9hXuEfu7w&feature=related



================================================
■「六ケ所村ラプソディー」座談会
http://eeknow.jp/fspl/fspl.cgi/159C/rokkasho_zadankai.pdf

全国で話題のこの映画を、今回はじめて観るわたしたちとみなさんで
映画を観た意見や感想、そしてこれから私達ができることは何かなど、
ざっくばらんに語り合ってみませんか。
ゲストとして、「プルトニウム・アクション・ヒロシマ」の西塔文子さんを
お迎えし、お話も伺います。

日時:2/15(金)15:00〜17:00
会場:広島市青少年センター 和室
(広島市中区基町5番61号 *市民球場の裏手です)
参加費:200円(資料代)
定員:20名
お申込&お問合先:rokkasho@csc.jp
主催:team smile gogo!
(team smile gogo!は、2007年にTEAM GOGO!のご縁で集まった広島の仲間です。)

================================================
■同時上映《タイマグラばあちゃん》も観よう!

 〜私たち日本人も、ついこのあいだまで電気のない生活をしていました〜

『人間は動物みたいに自然と一体になって暮らしていたんだ!
 ああ〜〜、人間が生きる、ってこういうことだったんだ!
 その強さとたくましさ、そして美しさに魅了される。
 大自然に抱かれ、季節の中で生かされていく。生き抜いていく。
 平成になるまで電気の通っていなかった岩手の山奥、タイマグラの
 季節感あふれるばあちゃんの暮らしに感動!  (感想:k猫) 』
[PR]

by necocafe | 2008-02-06 09:58 | イベント