Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 27日

音楽と風景と物語

この数日間、本当に沢山の気づきがありました。
まだ、こんなにも自分の中にこんな熱い思いがあった事に
我ながら、びっくりしてしています。
まるで、数日間が、何年もあったかのような気がします。

そして、やっと気持ちの整理がついた朝、
いつもの散歩に出掛けました。(最近は何故かどんなに遅く寝ても
朝日と共に起きてしまう。元娘の部屋に寝てるもんだから、
天窓の光が直接ベッドに差し込んでくるせいだろうか?)

いつものコースと違う道を歩いていると、腰の曲がった
おばあさんが押し車に発泡スチロールの箱を積んで道路に
しゃがんでおられました。
気分でも悪いのかと、覗いてみると、なんと、道路脇の
草取りをされていたのです。
箱の中には、摘んだ草が入っています。

「お疲れ様です。ありがとうございます〜」
と声を掛けると、
「まあ、あなたもね、お疲れさま〜」
朝から、幸せな一日の始まりです。

そして、お昼からは、『イワンの集い』という講演会に行きました。
イワンの集い

たまたま座った席の隣に遅れて舞踊家の友人が座られました。
私の隣に座っておられたのは彼女のお母様だったのです。
その彼女とはいつも意外な所で鉢合わせします。

彼女とは、数年前、関空で偶然会い、行き帰りとも、パリまで
同じ便、おまけに、パリでもいろいろな所で又出会い最後の晩餐も
共にした人でした。

その肝心の講演会は、本当に素晴らしい会でした。
つい先日、私自身も同じステージで講演させて頂いていた事が
恥ずかしくなってしまいます。

未だに、ボーとしてしまい、何も考えられません。
いつか整理が出来た時、紹介したいと思います。

そんな中、いよいよ明日のイベントのご案内をいまさらながら、
ですが...。

いろいろな流れから、結局、我が家族一同で参加する事になって
しまいました。

子供さんからお年寄りの方々まで楽しんで頂ける企画となっています。
楽しく生き生きと暮らせる、風景&住まいづくりについての
提案のイベントです。

是非、皆様お誘いの上、お気軽にご参加くださいませ。


〜〜〜〜〜〜
『音楽と風景と物語』

日時:2008年9月28日(日)14:00〜16:00
場所:広島市まちづくり市民交流プラザ 6F(マルチメディアスタジオ)
入場無料  予約(0120-756-803)

■1部:
  音楽: ボーカルアンサンブル『アマンテ』(エリザベト音楽大学)
     曲目:トトロ・君をのせて・魔女の宅急便 ・散歩(ジブリ)
     ダニーボーイ・ムーンリバー
     (日本のふるさとの四季)メドレー12曲

   風景:広島から100Km以内の風景写真
    Photo: Yuji nakagawa

  物語: Yuki Yamasaki

■2部: シンポジウム
    考える家とは..? 私達の提案する住まいづくりとは..?

b0076008_20123964.jpg

[PR]

by necocafe | 2008-09-27 20:16 | イベント
2008年 09月 16日

子どもの成長に大事なのは、水、光、土の3つ

先日、一冊の本が私の元に届いた。

懐かしい方からの贈り物だった。

『3才からの心がしっかり育つ本』
主婦の友生活シリーズである。

ページをめくると、どろんこになって
遊ぶ子供達とどろんこの先生がいきなり目に入った。

『保育園なずな』の園長である奈良清美
さんと出会ったのは、もう10年近く前になるだろうか?

ネコウオッシュを作り、その様子を知りたいと、わざわざ
埼玉から訪ねてくださった時の事を思い出す。

始めてお会いしたとは思えない程、その場で
意気投合してしまい、それから何度もお会いする
事になった。

彼女の書かれた本『ゆりかごを動かす手は世界を動かす』
を拝見し、私の知らない食の話しや子供達への思いに感動した。

「私ね、保育園をしたいの。
どろんこで遊べ、食の大切さを知らせたいの....」
沢山の熱い思いを一緒に語った。

その時、彼女は50才を過ぎていて、あの静かで細い身体を
見ると、あんなにハードな仕事、本当にできるのだろうかと
実は半分思っていた。

そんな中、様々な困難を乗り越え、やっと自宅の敷地の中で、
保育園を始められた。

今でこそ、食育という言葉がポピュラーになってはいるが、
当時はそこまでの認知度はなかっただろう。

そんな中、食にもこだわり、子供の真に豊かな成長を
願い、作られた保育園である。

子どもの成長に大事なのは、水、光、土の3つ


是非とも、今年は
彼女の保育園を訪ねてみたいと思った。
お昼御飯、一緒に食べさせてもらいたいな〜。


保育園なずな

[PR]

by necocafe | 2008-09-16 19:07 | ふ〜ん?そっか?
2008年 09月 15日

森と、桜餅??

土曜日、相棒の48年ぶりである小学校の同窓生のご夫婦が我家
に宿泊された。

我々はコルビュジェ研究会の勉強会を早々に終え、家に帰り、
10時から夜の2時近くまで盛り上がり、朝は8時過ぎには山へと
向かった。

そのご夫婦はご主人は、お魚の研究者。
奥様は、食と、森と住まい(?)一体どれだけ動いていらっしゃ
るのだろう?と思える程、様々な分野で活躍されておられる方である。

奥様の運転で山に向かう車の中で、
「あっ、○○があった。これは、○○よね。ここには、○○がある」
一体この人達は、目がいくつついているんだろう。

走行中にも、話しと、山や木々の観察が始まる。

まずは、私の大好きな筒賀の大銀杏の木である。

この木は、お乳が付いている樹齢1150年の木である。
この木は雄木なのだが、私はどうも上の方では雌と合体
している木ではないかと思っているのだが、定かではない。
(銀杏が時々落ちているからである)

「これは立派な木だわ〜。まだまだ若々しいね〜。
これだけの樹齢になれば、中心の木が無く、分け木が多くなって
しまうのに、ちゃんと芯が通っている」

「ふむふむ...そうなのか〜?」


一通り説明してもらった後、ブナの原生林のある八幡高原と
臥竜山に向かった。

高原の自然観察の森を出ると、相棒が叫ぶ。
「桜餅だ〜」
「え〜?桜餅?」

確かに何処かで桜餅の匂いがする。
キョロキョロと辺りを見渡す。

「食べたい〜〜何処に売ってるの?」
お腹が急に空いてきた。

でも、どこにもその気配がないのである。
が、しかし、強烈に匂いだけは漂っているではないか...。

なんと、目の前の桜の木からこの匂いはしているらしいのだ。

始めての経験である。桜の木から桜餅の匂いがするなんて...。
どうも、桜の落ち葉が蒸されて匂いが漂っていたというのだ。

確かにそういえば、葉から匂いがする。
我家の前には沢山の桜の木があるが、一度も我家の前から
桜餅の匂いはした事がないのに、どうして、ここだけするのか
不思議である。
(最後まで、桜の葉っぱの匂いとは思わず、桜餅の匂いと
思っている所が、いかにも我々らしいのだが..)

しっかり、匂いでお腹を空かせてたまま、足早にブナの原生林を見て
湯来町で今関わっている森のプロジェクトを立ち上げようとされて
いる陶芸家の方の所に向かった。

すると、そこでは、私達の為に、おはぎを準備してくださっていたのだ。
今年始めて使う自家製お味噌でお味噌汁を作り、おはぎでの昼食。
何と、素晴らしい、しつらいなのだろう。

美味しかった〜〜♪

彼女の生活スタイルにはいつも感心させられる。

早々に、食事を頂き、相棒達を市内の同窓会会場まで送り、また、
湯来町に戻り、天ぷらを頂き、急いで家に戻った。

その間中、お互い、ず〜と一緒にしゃべりっぱなしだった。
限られた時間の中、目一杯お互い会話をした気がする。
沢山、いろいろな事を学ばせて頂いた思いがする。
素晴らしい方との出会いに感謝である。

急いで奥様を見送り、慌ててシャワーを浴びて、気合いを入れ直し、
私は枯れてしまった喉にトローチを舐めながらFM廿日市に向かった。

以前から親しくしてくださっているパーソナリティーの方との対談である。
前日慌ててセレクトした曲を持って行ったのだが、最初から全く
身に覚えの無い曲がかかってしまった。

「え〜〜?これって何??男性ボーカルなんてあった??」
もうパニック。紹介した曲目と全く違うではないか..。

どうも、i-tuneから相棒にお願いして入れてもらったのだが、
曲目と中身が違っていたらしい。
最初からドタバタ、冷や汗もんである。

頭はもうろうとしたまま、進む。
さすがにプロの方。ここが、FM局での対話である事を忘れてしまう
程のサポーター力である。

に、しても、いや〜〜〜私が、2年弱もマイクの前でやっていたなんて〜
考えられないわ〜〜

舌は回らないし、ドジはするし、計画性はないし...。やれやれ...。

てな事で、長い長い、一日が無事終わりました。

相棒は、殆ど浦島太郎状態での同窓会だったとか...。

私達のクラス会って無いのかしら??
どうも、マメなお世話係がいないとクラス会って始まらないみたいである。

私達の還暦には誰がやってくれるのだろう〜?
みんなに会いたいな〜〜♪♪
[PR]

by necocafe | 2008-09-15 23:13 | ふ〜ん?そっか?
2008年 09月 12日

ざわわ、ざわわ〜♪♪

最近、毎日、とても面白い事が起きている。

今まで、沢山の人たちと出会い、繋がり、動いて
きた点が線となって繋がってきている気がする。

一体、私は何をしているのだろう?何故、こんな事して
るのだろう?
流れのまま、動き、考え、悩み..。
それらが、実は、とても意味深いものであった事に今更に
驚かされる。

ある朝の散歩中の事。
馴染みのおまわりさんに出会う。

最近の海の周りの状態を話しして居た所、おまわりさんと
世間話し..(町のおまわりさん〜♪、困ってしまって..♪この
おまわりさんは、そんな人..)

「この制服で、叱ったって、また何処かで同じ事を繰り返す
だけなんですよね〜上から押さえ込むだけ...。あなたのように
ひとりひとりの目を見て話しかけるって凄い事だと思うんです。
でも、夜、危ないから、ひとりでそんな事しないでくださいよ。
何だったら、一言、言ってもらったら、その後について行きますから..」

「え〜〜?私は大丈夫なんだけどな〜」ふと、その様子を想像してしまった。
うん??何か変??

海の防波堤に向かった。
i-podから、「ざわわ〜ざわわ〜〜♪さとうきび畑の〜♪」流れてきた。
思わず、口ずさむ。

気持ちいい天気。きれいな海〜。
ふと、辺りを見渡す。

よしよし誰もいないな〜。
耳から聞こえる歌に合わせ、歌を歌い始める。

(娘の、「ママは音痴なんだから〜」の声が聞こえる気もするが、
今は、娘はスペインだもんね〜無視!)

すると、目の前で、魚が一匹、飛び跳ねる。その隣でも..。

え〜?10匹以上の魚達が飛び跳ねてきた。

遠くの方でも飛び跳ねている。一体何匹の魚がいるんだろう?

10分ぐらい居ただろうか?その間中、魚達が目の前で飛び跳ねていた。

何だか、胸が熱くなってしまった。


そして、今朝の事。
同じように散歩していると、最近いつも出会う、犬の散歩の
素敵な女性からいきなり、声を掛けられた。

「先生〜!」
「え〜〜?私..?」
暫く顔を眺め、「きゃ〜〜元気??」思わずお互い、飛び跳ねた。

何と、私の教え子ではないか。。
(ちなみに、2003年まで23年間、設計の傍ら、寺子屋のような塾をして
いた)

「一体いくつになったの?」なんと31才だという。
と、いうことは...、16年前の教え子である。

「前から、もしかしたら?と思っていたんです。でもなかなか声を
掛けられなくって...」
約2ヶ月近く毎朝出会っていた。

確かにね〜真っ黒ずくめのウエアを着て、黒い帽子を深々と被り、
両手に.....。確かにね〜。
我ながら納得。

「今度、満月清掃会、手伝いま〜す〜♪」
こんな素敵な朝に感謝。

そして、今日の夕方、ネコウオッシュに友人夫妻がお洗濯に..。
ベランダで話しをしていた所、その友人のご主人に電話が、
どうもお姉さんからの電話らしい。
「あさって、広島に同窓会で帰るんだって、小学校の同窓会らしいよ」
との事。

「へ〜?相棒も同窓会だよ」

「え〜?何才? もしかして...」

そう、そのもしかしてだった。
お姉さんと相棒は同級生で、同じクラスらしい。
そして、みんなが会いたがっていたマドンナのひとり..。

電話でいきなり当人同士会話。何と小学校以来らしい。

めったにかからない電話が、丁度我家にいる時にかかってくるとは...。

何だかとても面白い。

人の同窓会とはいえ、何だか私までワクワクしてきた。

何が起こるんだろう〜〜これは面白そう〜♪

PS。今週末14日(日)
●FMはつかいち/76.1Mhz
 ●毎週日曜日/20〜22時  生放送
 ●番組名 「HOT KE NIGHT」
にて、ゲストで出演します。
もし、電波の入る所にお住まいの方、よかったら
聞いてください。

今、その為の選曲中。
こうして聞いてみるといい曲一杯あるんだな〜♪
[PR]

by necocafe | 2008-09-12 21:26 | ふ〜ん?そっか?
2008年 09月 07日

私の巡礼..。

昨日から、一日経って、やっと落ち着いた気がする。
今日の予定の行事(稲刈りの手伝い)が急遽延期になり、以前から
いつか行きたかった場所の写真の撮影に一日出掛けた。

8月1日にこの度の講演の依頼を受け、約1ヶ月の間、
毎日沢山の事を考え、整理してきた。

まるで、今までの私の生きてきた道のりの総整理(棚
卸し?)のような作業だった気がする。

私の中での怒りや悲しみ、喜びが入り交じり、
その度に自分自身を見つめさせられる日々だった気がする。

その行為、手段が、何と私の中では毎日の散歩だったのである。
四国のお遍路はまだ行った事がなく、ヨーロッパでの巡礼は
2000年とこの春に見学して(体験ではないのが残念だったが..)
来た。

あ〜私もみんなと一緒に歩いてみたいな〜。
数ヶ月も毎日歩き続けておられる巡礼者を見て羨ましかった。

が、しかし、ふと、日々の朝の散歩、実はこれも、私の中では
巡礼に近いものになり得ると思えたのだ。

有名な巡礼地に出向き、それなりのスタイルで歩きつづける事だけが
巡礼ではないのだな〜と、もしかしたら、私達の日々の生活の
中に幾らでもある事に気づかされた。

朝起きて、いろいろ言葉が溢れてくる。散歩している最中に
言葉が溢れてくる。
書ききれなくて、ボイスレコーダーもって散歩した事もあった。
結局、欲張りすぎてしまい、その何分の一も伝えきれなかった
気がする。
でも、これが、今の私のありのままの状態。

本来ならば、まだ、私自身が人前でお話しできる段階まで
到達していないのでは無いのだろうか?
いろいろ考えてみた。

こんな私だからこそ、何か少しでも伝えられるものがあるのかも
しれないと思えるようになった。

でも、これが今の私である。
今の私にできる事、精一杯やればいいんだ!と思えるようになった。

ひとつが終わり、また新たなスタート台に立った気がする。

この様な機会を与えていただいた、全てに心より感謝します。

そして、これからも、どうぞよろしくお願いします。

PS。またしても、苦手な課題が目の前に...。トホホ..。
着物の着付けでも習おうかな〜???
(え〜?極端過ぎる?長時間、正座もできない我が身を反省!)
[PR]

by necocafe | 2008-09-07 22:32 | ふ〜ん?そっか?
2008年 09月 06日

無事、講演会、終わりました!感謝

終わった〜〜♫

今日無事『素敵にエコフォーラム』の講演会が
終わりました。

さすがに、昨夜は寝付けなかったものの、
今朝も散歩に出掛け、何とか会場入り。

車を降りた途端。カープ試合前のマスコット(着ぐるみ)や
真っ赤な衣装で纏ったパレードに遭遇した。

いきなり、マスコットから『タッチ〜!』
「え〜?私?」思わず、手を合わせた。
きゃ〜やった〜!
何だか、エールを送ってもらった気がして嬉しくなった。
(車で見ていた相棒は、呆れ顔..)

さすがに、大手イベント会社が企画しているだけあって、
段取りや、前準備の完璧な事。

私の今まで関わったイベントとレベルが違う。
これが、プロとアマの違い?
しっかり勉強させてもらった。

リハが無事終わり、いよいよメンバー集まっての昼食会
が行われた。
石油連盟の方々や主催者の方々の前でこれから話す内容を説明する
事になった。
ドキドキしたものの、何とかクリア〜!

今回の意味はここにあった事を実感した。
感謝である。

ふ〜これで終わった〜!

いやいや、本番はこれからだったんだ〜!
そんな状態のままに本番を迎えた。

急にドキドキしてきた。

が、思ったより、冷静に観客の顔が見える。

時計を前に置いてパワーポイントで説明をし始めた。

62枚の資料、ちょっと多いかな?とも思ったが、
家でリハした時には、(といっても、1/3やって疲れて
止めてしまった...反省)丁度終わったので、何とかなるか?

途中、時計を見る。
「あれ〜?あまり時間がたってないな〜?」

もう一度見る。
「やっぱりこれはおかしいぞ〜」
なんと、時計が停まっていた。

「まあ、何とかなるか〜?」

落ち着いているだけに、ゆっくりと話している気が
している気がした。

妙に長い気が...。

途中、数回、意識が何処かに飛んで行く。

やっと、終わった〜!ふ〜〜。

あれ?司会者の方が慌てている様子。

もしかして、長かった??

という事で、最後の司会者との対談があっという間に
終わり、チャンチャン〜♪

こうして、予定時間10分オーバーで私の講演は終わったのでした。


いや〜〜〜。。いい勉強をさせて頂きました〜〜。。

司会者の方、スタッフの皆様ごめんなさい〜!

そして、わざわざ参加してくださった皆様、
本当にありがとうございます。

心から、心から感謝です。

追伸:絶対、今シーズンにカープを見に行こう〜!
今度の巨人戦(23日と25日)何だか、大イベントが
あるそうです。
中国新聞の紙面をお楽しみに〜!

ローカルっていいな〜と思った一日でした。

みなみな様、大変大変、お騒がわせ致しました。

息子曰く、まるで、子供のピアノの発表会を見に行く気分
だったとか...。

今日は、ゆっくり寝よっと。

***広島が『環境都市、広島』として生まれ変わる日に
向けて、スイッチ ON !***
[PR]

by necocafe | 2008-09-06 23:22 | イベント
2008年 09月 02日

恒例、最後の週末、夏の海での過ごし方?

この日曜日は恒例の『暑い時は暑い場所での外飯会キャンプ』
に参加した。

浜田の海浜公園で8月最後の週末はここで、地元の
食材を調達してブイヤベースを作る。
もう、かれこれ15年以上続いている。

「なんで、こんな暑い中、暑い所でしなきゃいけないの!」
「来年はもっと涼しい所にしようよ!」
何だかんだと言いながらも、今年も同じ場所に向かっている。

寝返りのしんどい50肩の私は、マットレスと、いるかの抱き枕を
そっと車に忍び込ませてはみたものの、案の定、行く前にしっかり却下。
辛うじて抱き枕と余分のシュラフを許可してもらった。ふ〜

打合せで遅れて参加した我々も、下準備をして、近くの有福温泉に行く。
この温泉は今でこそ、ひなびた温泉になってはいるものの、
昔はかなり繁栄していた温泉町である。

公営のお風呂が3件ある。
しっかり暖まった私達はしっかり暗くなったキャンプ場に
着いていよいよ宴会である。

ブイヤベースと頂き物の豚の串焼きがメインで、簡易スモーカーで作った
もろもろのスモークがつまみである。

総勢15名の中にはプロの料理の先生が2名参加していたのだが、
ブイヤベースを仕切るのは、我らのマダム○○と決まっている。
本場の南仏でも一緒に食べてみたが、ここで食べるブイヤベースが
最高と私達は思っている。
b0076008_1181776.jpg

今年は、相棒の為に、仲間が素敵なプレゼントを用意してくれた。
何と、カープTシャツ、カープ帽子、おまけにメガホンである。
何とも、素晴らしい取り合わせ。
(写真は生憎禁止令が出てしまった!)
本当は「生涯現役!」赤フンが欲しかったらしいのだが、ゲット
できなかったとか..。
いつにもましてパワーアップされた相棒は、3時過ぎまで赤ワインで
盛り上がっていた。

で、朝、5時、まだ外は暗い中、いきなりわんちゃんテントの中に乱入!
しっぽを振りながら、ベロベロ攻撃!
慌ててランス(犬の名)とオーナーと共に、恒例の朝の散歩に出掛けた。

その日に行われる予定のビーチバレー大会の準備された浜を横切って
前日チェックしていた場所でのゴミ拾い。

瀬戸内海と日本海のゴミの種類がこんなにも違う事にいまさらながら
驚いてしまう。
ここには、発泡スチロールのゴミが少ない。
いわゆるポイ捨てゴミが中心であり、中に漁業の為のブイ等が流れ着いている。
ただ、英文字のボトルがたまにある。
そうか〜向こうは韓国だよね〜。

帰ってみると、みんなは朝風呂の準備。
相棒を叩き起こし私達はまた、昨夜行った有福温泉の別の公営風呂に入った。

5名も入ると一杯の小さなお風呂。
地元のおばあちゃんがひとり入っておられた。
毎朝ここに入りに来られるという。ここに入ると一日身体が楽に過ごせるとか..。

そういえば、昨夜私の50肩も楽だった事を思い出した。

私達のくだらない会話を優しい笑顔で聞いているおばあちゃん。
こんな素敵な笑顔が持てる年寄りになりたいと思う。

流し場での一コマ
「おはよ〜」若者達の一軍に向かって。
『あそこの、グループの人ですか?』

「え〜?そうよ〜?」
『一体どういう仲間なんですか?いつも来られるのですか?』
「う〜ん??酒飲みの仲間?かな??え〜と15年以上毎年来てるのよ。
ここで地元の食材でブイヤベースを作ってるの..」

『おっしゃれ〜〜!』
『凄いですね〜!僕たちも、そんな大人になりたいです!』

いやに、興味新々のご様子。
一見、今風の若者達なのだが、ちゃんと挨拶してくれてなかなか
いい感じである。

ふと我がブループを振り返ってみた。
3才から72才まで老若男女、犬付きである。
(15年もやってりゃ、若かった我々もそれ相応の年齢になっているわな〜)

服装もバラバラで、行動もバラバラ、好き勝手に動いている。
どうみても家族ではなさそうだし....。
昼間っからシャンパン飲んでる年寄りグループって無いかも? 
確かにね〜。
かなり、異様な風景かもしれない。

これっていいモデルか〜??
まあ、いつになっても楽しんでいるのには違いないと思うけど...。

PS。今朝の一こま

恒例の朝の散歩。
先日から誰か、海のゴミを拾ってくださる方がおられる気がしていた。
(ゴミが海岸の外にまとめて置いてあった)

ついに、その方と遭遇。
左手にゴミ袋、右手に火鋏の同じスタイルのおじ様。

お互い照れながら挨拶を交わす。
[PR]

by necocafe | 2008-09-02 11:08 | 旬の美味しいもの