Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 30日

『0.5プラン』緊急支援対策&チゲ鍋?

今朝、米田さんから電話があった。
「この間言われていた事教えてください!今晩、若者に会うんです!」
廿日市で週1回、ホームレスの方々に弁当やスープを持って巡回されている
『夜回りの会』の方である。

私は、ネコカフェを始めた頃、4年前から関わらせていただいている。
ホームレスの人々を通じて、米田さん夫婦の活動を通じて、
私なりにいろいろ考えさせられていた。

市制はどうなっているんだろう? リストラされた方への住居は?
他の市のように、私の家の近くにも古くなって住み手のない公務員住宅
が一杯あるじゃあないの、それをリニュアルしてこの冬だけでも解放したら?
一人、悶々考えていた。

そんな中、我が社の物件を担当してもらっている不動産管理の会社から
こんな提案があった。

「0.5プラン」つまり、今まで空いている賃貸マンションを賃料半額にして
貸出しするという緊急支援である。勿論敷金も考慮される。

最長6ヶ月半額で借りれる。その後は、通常の賃料になるのだが、安い部屋
では一ヶ月1万円ちょっとで生活できる事になるのだ。
最低限の制約はあるものの、その6ヶ月の間に生活の基盤を立て直してもらえる
手段にはなるだろう。

昨年の秋から、急激に市内の賃貸マンションを解約された方が増えたという。
その人たちは一体何処に行かれているのだろう?
その人たちがホームレス状態にならない為にも、いい方法かもしれないと思った。
早速、米田さんと管理会社の方を繋ぎ、共に何か対策を考えて頂く事になった。

こんな風に、ひとりひとりが今自分の回りを振り返ってみると、何処かに大きな
ヒントが隠されている気がする。

自分だけがいい思いをする為に..って動くと、ずるずる...。あれ〜?って事に..。
でも、もっと大きな目で考え、行動していくと、その中に自分も入っている
事に気づくのかもしれないと思う。

鍋の文化と同じ?一人で食べる鍋料理って味気ないけど、ワイワイと箸をつつき
合う鍋って楽しいものね。

ちなみに、昨日の昼食は友人のレシピによるチゲ鍋でした〜♪



そんな中、今我々の回りのメンバーから、こんな内容が..。
〜〜〜〜〜
縄文人は、貝塚を、現代の我々がイメージするごみ捨て場としてではなく、
役割を終えた精霊を祭る場所だと考えていたみたいなのです。

我々のご先祖は「円の発想」という、すべてのものを平等に扱う考えをもとに
生きていた。
縄文人は円形を好んだ。円形がかたよりのない世界をあらわすと考えたからで
あろう。
この発想から縄文人は円形の広場を中心に生活をしていたのです。

縄文人が住む竪穴住居のつくりには、身分の上下、貧富の差は見られない。
かれらの住居は、誰もが対等の関係で生活を営もうとする考えから、まるい広場
のまわりにつくられた。

平等な立場の人間が、円形に集まって仲良く生活をしていたのです。
〜〜〜
[PR]

by necocafe | 2009-01-30 10:36
2009年 01月 28日

建築家の創る 『帽子』

今日、事務所に小包が届いた。
昨年東京に引越した友人からのものだった。
彼女は、長男が子供の頃からの付き合いである。
インテリアの勉強も建築もお互い叱咤激励し合って勉強した仲である。

軟弱な私と違って、自分に厳しく、常に前を向いて歩いている人。
そんな彼女が、今新たな地に引越し、さてさて、一体何をするのだろう?
と楽しみにしていたら、

何と、帽子デザイナーに転身しそうな気配なのである。
そんな彼女から早速試作品の帽子を送って来た。

昔から、『他称、帽子イメルダ』と呼ばれ(まあ、相棒になんだけど..)
安物帽子ばかり沢山持っていたのだが、最近めっきり似合う帽子がなくって..
(ウム?突っ込まれそうな内容?)
いつの間にか帽子が似合わなくなってしまったんだわ!とがっかりして
いたのだが、これで、私の専属の帽子デザイナーをゲット!
b0076008_18162166.jpg

帽子をとっかえひっかえして鏡の前で被っていたら、
「おかん、いつも楽しそうだね〜」と一言が...。ムグ..!

でも、帽子って少ない端切れで出来てしまい、おまけに目一杯
おしゃれ感覚になる優れもの。
今の若者は帽子を衣服の一部のように着こなしている人が多い。

ちなみに、我が事務所のスタッフ(無類の帽子好き)は、何故かふたりで
ハンチング帽子を被ってパリを歩いていたら、アラブ首長国連邦の建物の前
ではアラブ人に間違えられ、町では、ベトナム人?イタリアの田舎から?と
誰一人、日本人として見てもらえなかったとか...(笑)

その彼らは、「楽しい〜遊園地に行ってきま〜す♪」と苦節○○年の
勉強に...。しっかり○○はうつるものらしい。。

帽子とインテリアって似ている気がする。

『建築家の創る、帽子♪』いける??
今なら、材料費+αでオリジナル帽子が創ってもらえるかもです。
ご紹介しま〜〜す。
[PR]

by necocafe | 2009-01-28 18:23 | Neco茶屋
2009年 01月 26日

「島巡り」と「みかん」

朝、久しぶりにいい天気。
こんな日は、何処かに行きたくなってしまい
身体がうずうずしてしまう。
随分前に作らせて頂いた施主さん(モダンズ)のお店に伺い、ピザを食べた。
久しぶりだったのだが、やはり美味しい。

そのまま島巡りをする事にした。
出掛けにもうすぐ92歳になるおばあちゃん「小粒のみかん買ってきて!」
のリクエストをもらい、いざ、みかん探しへ..??

豊島への橋が昨年末でき、下蒲刈島 上蒲刈島 豊島 大崎下島 岡村島へと
繋がったという。
b0076008_1114446.jpg

我が家から1時間あまりで、瀬戸内海の島めぐりができるとは、何て恵まれて
いるのだろうとつくづく思う。
島の山々は殆どがみかん畑である。高い山まで農道が走り、立派な橋も道も
農道で作られているにも関わらず、今や高齢化が伴い、みかん農家だけでは
生活できないという。
b0076008_112020.jpg

結局、大島みかんの販売所にて、小粒みかんをゲットした。
やはり、みかんは大島よね〜!(どうも、私って、ブランドに弱かったらしい ..)

素敵な夕焼けを目指して頂上で待つ所、約1時間。
丁度、子供達と先生が車で遊びに...。
あまりに楽しそうに遊ぶ子供達と先生に「写真撮っていい?」と
了解もらって、パチリ!
楽しそうにダンスしたり、走ったり....。。何て元気なのだろう?
b0076008_1122879.jpg

が、しかし..我々、軟弱カメラマンは待ちきれず退散してしまった。
b0076008_1155742.jpg

b0076008_1125144.jpg

次回は、是非自転車で...! 

が、しかし..その前に、暮からのしっかり重くなってしまった我が身体を
何とかせねば...。

がんばろ!
[PR]

by necocafe | 2009-01-26 11:06 | Neco の旅
2009年 01月 24日

『アリス=紗良・オット&オーケストラ・アンサンブル金沢』

昨日、相棒が応募に出していたコンサートに行った。
生憎、チケットは当たらなかったものの、優待券
が手に入り、ふたりで出掛けた。
『アリス=紗良・オット&オーケストラ・アンサンブル金沢』
指揮:井上道義 
リンク
厚生年金前を歩いていると、「おばちゃ〜ん」と声が..。
一体誰じゃ〜?私を「おばちゃん」なぞと呼ぶ輩は..と振り向けば、
そこには、屈託なく笑う、姪の姿があった。
彼女は隣のアステールでのコンサートに向かう所だったという。

足早にホールに入り一段落していると、ホワイエにてサロンコンサート
が始まった。
9名でのウエルカム演奏である。

昔、昔、バロック音楽の全盛期は、音楽は、サロンコンサートで
聴くものだったという。
音楽が市民階級の手の届くところとなり、コンサートホールが歴史に
登場するのは、モーツァルトの時代以降のようだ。
バロック時代の音楽は、宗教音楽はもちろん教会で、そして世俗(非宗教)音楽
は主に貴族の宮廷のサロンで演奏されるものだったという。

だから、勿論、何千人も収容するこんな巨大ホールでそもそも
聴くなんて、愚の骨頂である。
目の前で繰り広げられる演奏。いつも遠くの存在がこんなに近くに
感じられ、私は斜め後ろにいたもんだから、譜面まで見れる。

粋な計らいに、もうすっかり堪能した気分になってしまった。

いよいよ本番の方は、ニューイヤー・ベートーベンと称した催しで、
「エグモント」序曲・ピアノ協奏曲第5番「皇帝」・交響曲第7番
であった。
指揮者の井上道義さんは、昨年私たちの住む地元のライブハウスにて
小曽根真さんのコンサートがあった時、最後列の隅に座っておられ、
びっくりした経緯がある。
素敵な方で、いつかこの人の指揮を見てみたいと思っていた。

長身の姿でいきなり全身を乗り出して指揮される姿はなかなか
見応えのあるものである。
40名の室内オケで、外国人の姿が多いのにはびっくりした。

ピアニストのアリス=紗良・オットが舞台に出られた。
ベージュ色の光沢のあるカラードレスに身を包む彼女は、
思わず声が出てしまう程美しかった。

相棒の一声「細い〜!」

アンコールにはリストのラ・カンパネラ。
超絶技巧をまるで、天使の羽で触るが如く音を奏でる。
(まるで、何処かの○○のような表現?)
どうも、この広島公演が最後だったようで、クラシックには
珍しく彼女自身が感謝の思いを伝え、アンコールを2曲も
披露してくれた。

ちなみに、彼女は20歳。今まだ、学生の身である。
オケの後ろに座る女性が目頭をハンカチで押えておられるシーンに
私は釘付けになった。
何度も何度も深々と彼女はオケのメンバーにお辞儀された。

最後の7番は、「のだめ」の時によくかかっていた曲である。
今まではなかなか聴く機会のなかった7番が、最近ドラマに
なってからよく聴く。
よく観察してみると、井上さんの指揮はTVでのその指揮者の振り方に
似ている気がした。
もしかしたら、井上さんを研究していたのかしらと思う程であった。
指揮者の手が、オケの奏でる音を引き出してゆく。
音が様々な光りの帯になって絡んでゆく。そんな気がした。

長いタキシードが揺れる度に、紫色の裏地が見え隠れする。
楽しい〜!

アンコールの際、「20歳の彼女はかなりエモーションになって
いたので、アンコール演奏したけど、私は、いつもこのメンバーと
やっているので、アンコール無し! という訳にはいかないか..」
なんて、冗談を言って始まったのが、
「篤姫」のテーマ曲だった。
そのTVのままの音に、何だか感動。ここで、この人がこの音を
奏でていたのね〜。珍しく見ていた番組だっただけに思いが募る。
初めて聞いた相棒も、「いい曲だね〜!」と..。
このオケが演奏していた事を初めてしった。

最後のフィニッシュは、井上さんの舞台の上でのスピンターン。
どこまで楽しませてくれるのだろう〜♪

帰りの車で娘を拾い、「細かったよ〜」というと、
「彼女は、人間じゃあないもん!」といとも簡単に片付けられた。

「じゃあ、宇宙人とでもいいたいの?」と言いたい言葉を飲み込んだが、
さてさて、そういえば、そんな気も...?

クラシックは、どこまでも「新しい」。。
[PR]

by necocafe | 2009-01-24 13:53 | 素敵な音楽♪
2009年 01月 23日

1.2.3. スタート♪

やっと、風邪が一山越した気がする。
今朝は久しぶりに朝の散歩に出掛けた。
ちゃんと、私が来るのを待ってくれている仲間達(ゴミちゃん?)が
心待ちにしてくれている為、思ったより時間を取ってしまった。

この所の風邪のお蔭で、滅多に見ないTVの前に夜は編み物を持って
座る事が多くなり、オバマさんの姿を目にする事が多くなった。
何だか、奇跡が起きそうな、そんなパワーを感じる。

普通の家族の在り方がそのまま、ホワイトハウスで展開されそうな
オバマファミリーが本物であって欲しいと心から願っている。

先日行われた広島からガサへのピースキャンドル。
b0076008_103914.jpg


さてさて、初のアメリカ大統領、広島訪問はなるか??

に、しても、私たち日本には、こんなヒーローは登場しないのだろうか?

先日行われた『宇宙の約束』という自主映画に行った。
『宇宙の約束』

その中で、自閉症の一つ違いの弟を持った兄の夢が「ヒーロー」
に成る事。その夢を小学校で語ると馬鹿にされ、それから
彼の夢は、「普通の人」が夢になったという。でも、弟にとっては
凄いヒーロー。

今の世の中では、子供達にヒーローになる夢を持つ事さえ、
失わさせてしまったのだろうか?
「水戸黄門」「月光仮面」「ウルトラマン」「仮面ライダー」
(かなり、古い??)
日本版ヒーローって ???
ひとりひとりが小さなヒーローになれたら、100番目の猿現状に
なるのかな?

「政治とは、国民の考えや行動の反映にすぎない。どんなに高い理想
を掲げても国民がそれについていけなければ、政治は国民のレベルまで
下げられる。
逆に、国民が優秀であれば、いくら醜い政治でもいつしか国民のレベル
まで引き上げられる。
つまり、国民全体の質がその国の政治の質を決定するのだ。
これは、水が低きに流れるのと同じくらい当然の論理である。
立派な国民がいれば、政治も立派なものになり、国民が無知と腐敗から
抜け出せなければ劣悪な政治が幅をきかす。
国家の価値や力は国の制度ではなく、国民の質によって決定されるので
ある。.....」
〜〜サミュエル・スマイルズの『自助論』から〜〜

フムフム...。

今日は、1.2.3 の日、一歩..はじまり〜♪
〜幸せは〜歩いて来ない〜♪ だ〜から歩いていくんだよ〜♪
[PR]

by necocafe | 2009-01-23 10:11 | 環境地球人
2009年 01月 20日

『世界最古の企業』

この所、ドタバタした性かしっかり風邪を引いてしまった。
沢山の出来事があったにも関わらず、ブログに書き込めない
内に私の中で、書けなくなってしまっている。
そんな中、以下のようなメールが来たので、これは是非紹介しないとね。
〜〜〜〜

すごいぞ日本・長寿のDNA―(産経新聞参照)

日本には100年以上続いている企業が5万社もあるという。
世界に類のない長寿企業国である。
時代の波にもまれ、数々の危機を乗り越えて
生き残ってきた企業がこれほど多いのはなぜなのか。

米国ではサブプライム問題に端を発した金融危機で
巨大企業が相次いで窮地に追い込まれ、日本経済にも悲観的な見通しが流れる。
その現実を直視するためにも、
日本が誇る長寿企業のサバイバルの秘密をさぐっていきたい。

大阪市のJR天王寺駅を降りて谷町筋をまっすぐ北へ歩くこと15分、
右手に大きな石造りの鳥居が見えてくる。
聖徳太子が物部守屋討伐に際して建立を発願したとされる四天王寺だ。

その鳥居のほど近く、お寺の西方を守るような位置に建設会社「金剛組」がある。
聖徳太子は敏達天皇6(577)年、四天王寺建立のため
百済から3人の宮大工を招いた。その一人、金剛重光を始祖とし、
1430年の歴史を誇る世界最古の老舗企業である。

金剛組は四天王寺のお抱え大工として、戦乱で数度にわたって焼失した建物の
復興を手がけることで技術を守り、進歩させてきた。

「まじめに一生懸命にええもんをつくって、それが世間さまに認められてきたこと。
1400年の信頼ですわ」

39代目金剛家当主で、現在は金剛組相談役の金剛利隆さん(84)はこう語る。
長い歴史に裏打ちされた技術と信頼。それが長寿の秘訣(ひけつ)だという。
技術は、親から子へと受け継がれてきた。

シュッ、シュッ。規則正しい鉋(かんな)がけの音が響く。
堺市にある金剛組の美原加工センターでは、
宮大工たちが一心不乱に木材に向かっていた。

専属で働く約100人の宮大工は金剛組の社員ではない。
傘下の8つの「組」の親方のもとで働く職人たちだ。
金剛組が神社・仏閣の新築や補修を請け負い、
それを各組に発注して材料や作業場を提供する。

「それぞれの組が職人としての責任と誇りをかけ、
技術を競い合ってええ仕事をする。
金剛組の宮大工として技術に対する妥協はしません。それが強みです」
と親方の一人、加藤組の加藤博文さん(65)は胸を張る。
材木が持つ癖を見抜いてくぎや金物をほとんど使わずに木と木を組み上げ、
繊細な彫刻も施す。技術を体に染みこませなければ、
宮大工の世界で一人前とは認められない。20年はかかるという。

「そりゃ、ときには怒られることもある。
厳しい世界であることに変わりはありません。
昔ほどやないですけど、親方と弟子の関係は絶対です」

加藤さんも親方だった父親から学び、いまは弟子である息子に
宮大工として必要な技術と誇りを伝える。親と子、親方と弟子。
上司と部下の関係にも息苦しさを感じることが多い現代でなお、
金剛組の技術は「家族主義」が支えている。

金剛組と8つの組との間に資本関係はない。
「契約書」なども存在せず、正式な雇用関係はないという。
「(相談役の)利隆さんとは親方と弟子との関係やと思ってます。
いまでも顔を合わせると、最近はどうやなんて声をかけ、大事にしてくれはる。
親子みたいなもんですわ」と加藤さんは話す。

顧客の信用、職人とのきずな。
長寿企業は2つの信頼関係に支えられて1400年を生きてきた。

四天王寺の金堂は世界最古の企業、金剛組の歴史を象徴する
作品でもある。


b0076008_1052896.jpg

[PR]

by necocafe | 2009-01-20 20:37 | 五感の建築
2009年 01月 15日

『アマゾンを救う”森”づくり』

昨年末、友人の会社がプロデュースした
NHK hiで12月7日に放送された『アマゾンを救う”森”づくり』
の番組のDVDが送られてきた。

この作品を企画し番組にするまでの間どんなに大変だったか、その苦労
の一部を知っている。
そんな大切な番組を私は見る事が出来なかった。

NHK hiは我が家のTVでは映らなかったのだ。ゆえに、年末にやっと
念願の地デジ対応のTVを買ったのだが、正月の番組(編集版)は録音が
取れてなくて.....。。(泣)

こんなドジな私の為に、わざわざ送ってもらったのだ。
やっと昨晩見る事ができた。

始めの15分間。思わず、鳥肌ものだった。
「この中に、全部入ってるじゃあないの〜」
今の地球環境、そして、これからの我々の進むべき道、生き方、
みんなこの中に、生きたメッセージとして入っている、そんな気が
したからだ。

失敗から始まった、今のアマゾンの森での日本人の姿がこの中に
込められている。
その姿は、日本人の本来ある姿でもあり、これからのこの地球を導いて
いける姿でもある気がした。

勿論、身内びいきもあるけれど、是非おすすめです。

NHKのサイトにリクエストしたら、もしかしたら再再放送してもらえる
かもしれません。是非、リクエストしてみてください。

また、私も持っていますので、見たい方は、是非お知らせくださいね。
[PR]

by necocafe | 2009-01-15 18:59 | ふ〜ん?そっか?
2009年 01月 14日

沢山の感謝をこめて、ご報告


先日、皆様にお願いしました「夜回りの会」へのお願いですが、
短い時間の間に沢山の人たちがご協力くださっています。
遠方から小包にしてご自分の愛用してくだったジャンパーや寝袋を
送ってくださった方、家族のもう使わなくなった寝袋や、毛布、
大きな鞄に入れて持ってきてくださった方、周りの人に呼びかけて
くださった方、わざわざお店で買って届けてくださった方、応援メールを
くださった方、影でエールを送ってくださっている皆様、
本当に沢山の暖かい心に、嬉しく感動しています。ありがとうございます。

先週の土曜日、夜回りの会の方々と一緒に、広島駅地下、原爆資料館前、
球場横と回らせて頂きました。
短い時間帯に中には駐車スペースの無い所での移動もあり、沢山のボランティア
の人たちは参加は難しい所を、是非にとお願い致しました。
手作りの炊き込み弁当とクリームスープ、みかん、おやつ、ホッカロンをセットに
し、おひとりひとりに手渡して行きます。
横には段ボール箱に中にジャケットやソックス等の入った箱を置き、必要な
人は持って行かれ、希望により毛布や寝袋を手渡しします。

たまたま若い男性が寒そうにしておられました。鞄一式盗られてしまい、何も
無くなってしまったとの事。丁度持ってきていた私のダウンを着てもらい、
生活用品一式を手渡す事ができました。

私の想像していましたホームレスの方々は約2割の人たちで、その他の方々は
とてもここに来られないと分からないでしょう。
静かに頭を下げ、立ち去る人。凛とした静けさを持っておられる方。
様々な方々がおられます。そして、きっと様々な事情を抱えておられる
のでしょう。
こんな時、いつも支援という事の難しさ、我が身の無力さを感じて
しまうのですが、悶々と考えても性に合わないので、今の自分に出来る事を
する。それだけだな〜と改めて感じさせて頂きました。
沢山の皆様の暖かい思いを、夜回りの会を通じて届けさせて頂ける事に感謝
しています。
お蔭さまで、今年の冬に関しての物資はこれで間に合うものと思います。

本当にありがとうございます。
この場を通してお礼申し上げます。

また、先月ご紹介しました『六角紫水』の六角紫水展。
お陰さまで、43日間の会期、無事に終了いたしました。との
連絡を主催者からお礼のメールが届きました。

最終的に入場者数計 30,184人
(当初目標 25,800人 達成率 117%)の来場者があった
との事でした。噂が噂を呼び、最終近くには満杯の来場者だったようです。
素晴らしい展覧会でした。今まで眠っていた広島が誇る偉業をなした
作家の作品等、日本中の人たちに触れて欲しいものです。

そして、最後になりますが、以下、キャンドル・メッセージのお知らせ
が届きましたのでお知らせします。

 1/16 キャンドル・メッセージ 『FREE GAZA ころさないで』
         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         呼びかけ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 祈りは 念は 動いた風は 必ずとどく
殺されてしまった人、殺されようとしている人、銃をかまえている人に
わたしたちは偶然同じ時代を生きているのに
たすけてと叫ばれた声に 誰か返事をしてください
 いますぐ、たすけるから まってろ と
どうか 返事をしてください
 けっして 声が宙に浮いてしまわないように
 小さなつぶやきでも
 世界じゅうで 「たすけるよ」といって つつんでください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ストップ! ガザ攻撃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2008年11月5日に5ヶ月半の停戦終了、イスラエル
による封鎖の徹底。11月4日、パレスチナ人6名がイス
ラエル軍によってガザで殺されました。ガザからはロケッ
ト弾の連続発射。12月27日、イスラエル軍によるガザ
空爆開始。2009年1月3日、イスラエル地上軍侵攻開
始。1月12日の時点でパレスチナ側の死者は900名を
超え内、200名余りが子どもたち、イスラエル側の死者
は10数名と伝えられています。

また、白リン弾やその他国際法違反の疑いが濃い兵器の使
用が伝えられています。

そして、ガザ封鎖の影響で、医薬品の不足で亡くなる人た
ちが相次いでいます。さらに医療スタッフに対する銃撃も
報道されています。

このような中、イスラエル軍は12日、正規軍に加えて予
備役の投入を始め、さらに攻撃を強化する態勢を整えてい
ます。さらに大きな悲劇が起きることが懸念されます。

イスラエル政府を批判する国際世論が高まる中、私たちは
キャンドル・メッセージで、被爆地ヒロシマから意思表示
することを呼びかけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実施要項
●日  時:1月16日(金)18時〜19時
●場  所:原爆ドーム前
●集会名称:ストップ!ガザ攻撃 子どもたちの命のためのつどい
●内  容:キャンドル・メッセージ『FREE GAZA ころさないで』
      をみんなで描くスクリーンの映像と歌とスピーチ

平べったいティーライトキャンドル1個と
それを入れるグラス1個をご持参ください。
http://www.rakuten.co.jp/ohshukan/439023/441305/442341/
そのキャンドルの炎でメッセージを描きます。

詳しくは、
snoma@do7.enjoy.ne.jp
http://freegaza.blog79.fc2.com/blog-entry-1.html
 チラシです
http://www.d6.dion.ne.jp/~knaruaki/gaza1.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主催】
キャンドル・メッセージ『FREE GAZA ころさないで』実行委員会
【共同世話人】 
岡本三夫(岡本非暴力平和研究所 所長) 
森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表) 
野間伸次(アムネスティひろしま)
田中利幸(広島市立大学広島平和研究所教授)
【連絡先】
(野間)090−3177−7336

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

by necocafe | 2009-01-14 16:57 | 環境地球人
2009年 01月 09日

早速、追加です。

先程の続きです。

夕方、メールを見て、わざわざお年寄りご夫婦の方が我が家まで
毛布を届けてくださいました。
その毛布は頭を被って肩のあるとても便利な毛布でした。
早速、明日の夜回に間に合うように、米田さんの所に、
寝袋5個と毛布3枚と食糧少々をとりあえずお届けしてきました。
その時伺ったお話しです。
〜〜
今日、拘置所に行かれ、この度また入ったホームレスの方と
面接されたそうです。
その方は、末期の癌で、あまりの寒さに棒を持って、
コンビニに『強盗だ〜警察を呼んでくれ!』と入られ、
捕まったそうです。
そのような前科が何度もある常連の方なのですが、
大抵その後、更正保護施設に入れられるのですが、その施設がとても
気に入っておられ、またその施設に入れてもらえると思い、そのような
行動に出られたのですが、末期の癌である事から警察病院に入れられる
事になり、それが不服で納得してもらう為に話しに行かれたとの事でした。
「こんなに元気なのに、癌なんかじゃないのに..」としきりに叫んでおられ
たとの事でした。
これで何人かの人に渡せますね。と喜んで頂けました。

今、毛布と寝袋をお願いしていますが、以下のものも
追加でご不要なものがありましたら、よろしくお願いします。

●ジャンバー、靴下(古いものでもいい)、鞄orリュック(持ち歩き用)
スニーカー

先日、ミスタードーナツに入った所、千円札を握りしめたホームレスの方に
出会った。その人は、ドーナツ3個と、ジュース、珈琲を注文されカウンター
席に座られた。
その時、ふとその人の足元を見ると、破れたスニーカーから血が滲んだ足が
見えた。この寒さの中、ソックスも掃いておられなかった。

連れのいた私は、とっさに動く事が出来ず、暫く暫く悩み、バンドエイドと
ソックスを買いに行きたくても動けなかった自分がいた。

あ〜あ〜もう、そんな後悔したくないな〜と思うこの頃。

米田ご夫妻には、本当に頭が下がります。

みんなが温かく笑って過ごせますように....。。。♪
[PR]

by necocafe | 2009-01-09 21:23
2009年 01月 09日

軟弱な私にも出来る事を...。

朝夕、急に寒くなってきた。
私は、温かい布団にくるまれ、湯たんぽでホッカホカ。
いつまでもお布団から出れなくなってしまう。

朝の散歩は、空の天気を見て動いてしまう情けない状態。
(昨日は、無理矢理、娘を起こした。)

でもね。この寒空で寝ている方々を思うと心が痛い。
そんな軟弱な私が出来る事を...。

急遽、以下のように募集しています!

■緊急、毛布&寝袋を募集!!

広島にてホームレスの人たちを支援しておられます
夜回りの会(米田)さんにお渡ししホームレスの方に
配って頂きます。
この寒さの中、新しく仲間入りされた方が沢山おられる
そうです。その中にはリストラされホームレスを余儀なく
された若者カップルもあるとか..。
自宅で使われていない毛布か寝袋がありましたら
お知らせください。
ネコウオッシュで洗濯しますので、汚れたままでも
大丈夫です。

■「宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜」映画上映会
神戸の方からのお知らせです。
以前も広島での試写会の『1/4の奇跡』をいち早くお知らせ
くださいました。
以下、ご覧ください。
〜〜
昨年末完成したばかりの「宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜」
というタイトルの映画上映とその監督である岩崎靖子の講演会です。
この映画は、特別支援学校(旧養護学校)教諭の山元加津子さんが
般若心経を心訳した”宇宙(そら)の約束”という詩を中心に
死について、また生まれてきた意味について問いかけるドキュメンタリーです。
イベント詳細は以下の通りです。
当日まであと10日ほどしかありませんが、ご紹介頂ければ幸いです。

******************
映画「宇宙の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜」上映会&岩崎靖子監督講演会

2009年 01月 18日(日)
12時開場 13:00開演 〜 16:20

13:00 〜 14:30 映画上映、 15:00 〜 16:00 監督講演

【会場】: 広島アステールプラザ 中ホール(広島市中区加古町4-17)
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 前売り 2000円 当日2500円
【割引料金など】: 高校生以下 1500円 未就学児 無料
          (未就学児の場合、ひざの上でお願いします。
           お席が必要な場合は有料1500円になります) (当日 2000円)

【主催者(団体)名】: ハートふるみらくる/濱野 一也(ハマノ カズヤ)

【受付E-MAIL】: joheikai@clubdnt.com
【受付FAX】: 082-433-5696
【問合せ連絡先】: TEL 090-1685-1740(はまの) E-mail 同上

    親子室がございます。
    車いすの方はスタッフが介助させていただきますので席にお座り頂けます。
    いずれも事前にご連絡ください。
〜〜〜〜
■満月清掃会の日程
1月10日(土) 2月10日(火) 3月11日(水)
PM4:00〜
五日市中学校沖と五日市楽々園小学校西側海岸にて
[PR]

by necocafe | 2009-01-09 10:48 | イベント