Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 26日

『旅立ち』の歌

先日、娘のマドリガルシンガーズのコンサートがあった。

このクラブは、エリザベト音楽大学の創始者ゴーセンス神父と当クラブの
設立者テホン神父を通じて建学の精神(家庭的な愛の精神)を貫いている
という。

なんて事はさておき、今時の学生にもこんな純粋なクラブ活動があったんだと
妙に感激してしまった。

殆どが4年生で占めるこのクラブ。
最後に是非録音を取ってと思って用意したが、新しい電池を入れ替えた筈の
バッテリーが繋がらない。え〜〜???冷や汗もの。

1部の終わった途端、コンビニ目指して走った。(まだ、辛うじて走れる事を
実感!)
ふ〜ふ〜の状態で録音開始。相棒は隣で一睨み。
パチパチ音をたててシャッター音。
(同じ姿勢なのに、そんなに写真のネタあるのかな〜??)

私たちは、回りの人に迷惑かけないように、通路の後ろに席を取った。

その日は、珍しく全て日本語の歌での演奏会である。
日本語の歌はメロディーだけでなく歌詞がある事で、妙に引込まれてしまう
から不思議である。
戦前から戦後の日本が復興していく様に歌われた歌等。
私たちはこうして辛い時も喜びも歌があった事を改めて感じた。

目の前でウルウル始めから涙ぐんでいる面々。
みんな自分の子供のような気がしているメンバーだ。
私も涙で眼鏡が曇る。
指揮の先生もいつも以上に熱の入った様子が伺える。

先生も生徒も最後はぐすぐすのボロボロ状態だった。

本当に、素晴らしいコンサートだった。
そして、そんな生き方をしている娘が羨ましくなってしまった。

に、しても、我が娘よ。その年で『肝っ玉かあさん』の威厳ありすぎ?
b0076008_1038212.jpg

[PR]

by necocafe | 2009-02-26 10:39 | Neco茶屋
2009年 02月 20日

『仏舎利』の慈悲

この所、あまりの動きに身体も心(?)もついていかず、
ブログの更新もできない状況だった。
あまりにも沢山の事がありすぎると、書けないという事に
やっと気がついた。
暇な時程、ブログは書けるらしい(笑)

広島でお祈りされたいから
サポートして欲しいと東京の友人からその前日に頼まれた。
たまたまなのであるが、その2月14日は、地球と惑星が一直線
になる日だったという。
b0076008_10411555.jpg

惑星
この方々は、東京で開催された仏舎利展のオーガナイザーの方々
だった。
仏舎利展
恥ずかしながら、私は仏舎利とは『え〜?あの仏舎利塔?
あれって、お釈迦さんの骨が入っているんじゃあないの?
でも、一杯どこにも建っているよね。そんなにあるの?』
その程度の知識しかなかった。

前日から降り始めた雨は朝には上がり、広島に到着された時は
とても素晴らしい天気に変わり、翌日、私たちは有志と共に、
平和公園でのお祈りに参加させて頂く事になった。
b0076008_10423122.jpg

こうして、沢山の人々が広島には訪れ、祈りを捧げて帰ってくださる。
仏舎利の慈悲のエネルギーが広島から広がっていく気がした。
b0076008_10433466.jpg

それにしても、滞在されていた間、まるで春のような陽気だった。
その後、一変してまた冬に帰ったお天気である。
これって、やはり仏舎利パワー?


どうも、我が娘もかなりのパワーらしい。
卒演に選ばれたと言って、かなりのハイテンション!
の割に、回りの人の反応が薄いと嘆いている。
どうも、彼女の大学入学の時の目標は『卒演出演』だったらしい。
「ふん、そんなもん、当たり前でしょ。一体あんたに幾らかかっていると
思うのよ」
と思いながらも、娘のドレスを選んでいる、わたし..。
(選ぶもなんも、今持ってるドレスで着れるのは、一着のみ..!)
[PR]

by necocafe | 2009-02-20 10:43
2009年 02月 08日

出来の悪い子は『親孝行』?

いつの頃だっただろう。
ある日、実家の父が、とても弱々しく感じた事があった。

私の記憶の中の父は、子供の頃から、とても厳しく、無口で、近寄りがたい
存在だった。

私は、長女で、念願の男の子が生まれなかったせいか、まるで男の子に接する
かの如くに育てられた気がする。

山の様な親の期待をこと如く打ち砕いて、自由奔放に(本人はそうは思ってい
ないけど..)育って今にいたる。

私の一番の親孝行は、出来のいい(?)孫を作った事だろう。と、
まるで私には見せた事のないような顔で、孫達を溺愛している父を見て
そう思った。

仕事も退き、その孫達も手がかからなくなってしまい、今は田舎に帰り、
母と共に百姓をして暮らしている。

自慢だった車の運転は、しっかり「枯れ葉マーク」を貼るのを余儀なくされ、
あれだけしっかりしていた父が、とても小さく、頼りなく感じてきていた。

そんな父に、我がまま娘は、しっかり頼み事をしてしまった。
父は、早速、今度は何を考えているのか分からない娘の頼み事を
唯一の楽しみだったグランドゴルフも見向きもせずに、頑張ってくれている。
母は、御飯を作って待ってくれる。

『どう?うまくできた?』一緒に、父と鍬を持つ。

普段、近くにはいるものの、いつもとんぼ返りの娘がこの所、頻繁に出入りし、
泊まって帰る。

長い時間、畑にいると、次から次へと近所の人たちに出会う。
懐かしい人達だ。

『いつになっても娘は可愛いものらしいね〜』
近所の人が、急に生き生きと張り切っている父を見てひやかす。

こんな感覚、忘れてたな〜
[PR]

by necocafe | 2009-02-08 06:33 | Neco茶屋
2009年 02月 02日

アグロフォレストリー



先日、『アマゾンを救う森づくり』を紹介した事から、いろいろな所からの
反響が出て来た。
その番組の中に出てくるアグロフォレストリーについて、
少し紹介したい。

アグロフォレストリーとは
ブラジル日系の方のブログ
ブラジルにおけるアグロフォレストリーの紹介
人は、失敗して、転んで、気がついて、立ち上がって..。
その繰り返しなのだろう。

最近たまにTVを見るようになって、ちょっと昔では考えられない様な
話題を取り上げ討論している様を目にするようになった。

昨夜も、『依存症』について語る番組をたまたま目にした。
実際、その体験者が出て来て語る。
今までは、タブーであった事が、こうして体験談として淡々と語られる。

人は、人として、いるだけで、素晴らしい事。
[PR]

by necocafe | 2009-02-02 10:45