Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

「ご神木」 & 「指揮者、大植英治さんの指導」

昨日、実家の母からヘルプがかかり、急いで実家へ..。
帰りにいつもの大銀杏にご挨拶に行った。

すると、その神社の宮司さんと目が合った。
この宮司さんは、いつもいつも掃除をされている。
今は丁度銀杏の花が散っている所だった。銀杏の花?
始めて、銀杏の花とガクを見た気がする。
b0076008_11341037.jpg

「うど いりますか?」ビニールの養生された箱の中のうどを見せて
頂いた。
うどは、こうして白い茎を保つ為に日に曝さないようにして
育てるのだという。
b0076008_1132171.jpg

その為の葉は、正月の門松に使った笹を使い、
その時の竹は普段の掃除の為に竹箒にして使われているらしく、
年間20本近く箒がいるとの事。
その内の一本をお土産に頂いてしまった。
b0076008_113335100.jpg

ここのご神木の大銀杏は1150年前のものであり、現在は、天然記念物に
なっている。
その銀杏の山手にもっと古い木がある事を聞いていたので、
その木まで案内してもらった。
その木は裏山にひっそり佇んでいる。
その下には、代々のこちらの宮司さんの家の墓所になっているのだそうだ。

今の宮司さんで39代目で、約800年間続いている家であり、
元々は、目の前の山の頂上にあった城の城主だったという。
その代々亡くなられたら一人一人、お墓を作られるのだそうだ。

その木は、カヤの木であり、樹齢1300年という、とても珍しいらしい。
見た目には、下の大銀杏の方が幹は大きいのだが、こちらのカヤは
太くはなっていないもの、樹皮の表面にてその古さが分かるのだという。

「昔の人は粋な事をされてたんですよ」と神社の正面にある2本の真っすぐ
そびえたつ杉と五葉松の謂れを聞いた。

「杉は、悪い事がすぐ過ぎ去るようにと...。松は良い事がずっと待ってくれる
ようにと願い植えられたものだそうです」
こんなにすくすくと天に向かって真っすぐそびえ立つ五葉松は珍しいとか..。
b0076008_11324781.jpg

みんなの目にする大銀杏が太陽を一杯感じ大きくのびのびと育っているのに
対し、山手にあるカヤの木は、山の木陰にひっそりと静かに佇み、その村を
守っている。そんな気がした。
b0076008_11343925.jpg

陰と陽がうまくこの場でも関わりあっているのだろう。

急いでお礼を言って事務所に帰り、そのまま私たちは、昨年新築された
なぎさ中学校に歩いて向かった。

今日はここの学校のオーケルトラを世界の指揮者である大植英治さんが
指導するというのだ。その公開レッスンが見学できるという。

体育館の2階にあるホールに学生オケのメンバーがすでに待機していた。
こんなにも沢山のメンバーがいる事にびっくりした。

我が息子が居た頃にこのオケ部が発足した筈だが、その時のメンバーは
20人あまりだった。今やプロ並みのメンバーである。

最初にミュージカル、レミゼラブル(?)を披露。
思わず鳥肌がたった。凄い演奏である。中高生でここまで演奏できるなんて..。
客席に座って聞いておられた大植さんが何度も身を乗り出し、聞いておられる。

b0076008_11354851.jpg

「凄い、本気になりますよ〜!」そんなかけ声で、指導が始まった。
b0076008_1135834.jpg

「こうもり」をひとつひとつ丁寧に教えられる。時間は刻々と迫っている。
これではきっと最後まで終わらないだろうな?と思いきや、時間延長し、
最後まで指導された。

まだ、楽器を持って2〜3年だという学生達がよくも
ここまでプロ顔負けの指導についていける事にびっくりである。

「恐れないで..。まずは、曲のイメージを掴む事!フラットが一杯あっても
そんなのを気にしなくていいんです。目一杯弾いて..!技術は後で付いてくるから..」
テクニックより、音楽の楽しさ、素晴らしさを感じる事。そんな本質を
大切にされる姿に感動した。

そして、最後に大植さんの指揮の元に演奏された
ニュルンベルクのマイスタージンガー」と「こうもり」の素晴らしかった事。
指導者でここまで曲が変わる事を改めて感じた。

大植さんの出身地であり、こうして、直接指導してもらえたメンバー。
このメンバー、ひとりひとりの人生の中で、とても大切な2時間半だった事だろう。
その後、一緒に見学されていた、知りあいの音楽家の人たちや仲間達と
事務所に帰り、音楽談義に花が咲いた。

この大植さんの出身地であるこの地が、文化の地であり、その発信地に
相応しい小さなホールができないのかな〜?
b0076008_11362441.jpg

[PR]

by necocafe | 2009-04-30 11:37 | 素敵な音楽♪
2009年 04月 19日

北陸の旅(その2)&桜と笹

昨日は、朝から絶好の料理日和である。
段ボールで、スモークハウスを作成し、先日ゲットした八重桜の
塩漬けを乾燥させ、先日北陸で頂いた笹寿司にトライである。
b0076008_1152169.jpg


すると、いきなり、昨年からお世話になっている素敵なバイオリニストの方
が我が家へ始めての訪問。
一緒に庭で遊び、簡単にスパゲティーとサラダでお昼御飯を頂き、
ゆったりと一日が始まった。

さてさて、御飯を炊いて、笹寿司をせっせと作り始める。

先日滅多にいかないお魚屋さんで、天然鯛を仕入れ、昆布締めした
鯛と、桜の塩づけをトッピング。
b0076008_11525078.jpg

なかなかいいものである。
b0076008_11525132.jpg

b0076008_11531336.jpg

が、しかし、肝心のベーコンは....??
途中で、スモークが切れてしまい、半生状態で完成?
匂いはしっかりついているんだけど、これってベーコン?
b0076008_11551564.jpg


PS。先程、北陸の旅(その2)をやっとアップしました。ご覧くださいね。
こちらをクリック!Necoの旅
[PR]

by necocafe | 2009-04-19 11:55 | 旬の美味しいもの
2009年 04月 17日

八重桜の効用は?

昨日、実家にお米を調達に帰った。

車で走りながら、きょろきょろ...。
どっかに桜の花咲いてないかな〜?
さすがに、山桜も散ってしまい、殆ど見当たらない。

ところが、私の大好きな大銀杏のある神社の前を通った時、
今から咲く準備をしている八重桜を発見。
まずは、ご挨拶をして、10房程、頂いた。

実家に帰ると、お客様。
時間潰しに自宅の前の川原の方を見て見ると...。
あれ〜?先程と同じ種類の桜が数本待ち構えていた。
この桜は...。実家にあった事に今更ながらに絶句。

これは、これは..とばかりに、花積みに精を出す。
今年は沢山の祝い事がある筈..(?)
幸せを込めて、一房ごと大事に大事に花積みをさせて頂いた。
さてさて、これがどんな風に変身するのでしょう〜♪
b0076008_21451698.jpg

そして、この熊笹は...??
b0076008_21353094.jpg

そして、本日。仕事で三次の地中熱の会社に訪問。
これって何の意味があるのだろう?枝には、色とりどりの苗のカバーが..。
b0076008_2137351.jpg

その会社の目の前にも同じく八重桜発見!
b0076008_21374994.jpg

川舟とホワイトチェアーが...。友人の憩いの場?
我が家のクロとそっくりさんがお出迎え..(ちょっとピンが..)
b0076008_21403353.jpg

帰りに、お母様が、お土産を用意してくだっていた。
何と、それは、この八重桜。
そして、この八重桜は..今休養中の友人の元に...。

花の役割って改めて凄いな〜と思う。
だって、一瞬にして、沢山の人を幸せにしてしまうんだもの。
友人宅に飾られた、今日のお土産の八重桜と我が家に咲いていた八重コデマリ
b0076008_2140822.jpg

PS。北陸の旅、第二弾、只今作成中!今暫くお待ちくださいませ。
[PR]

by necocafe | 2009-04-17 21:47 | 旬の美味しいもの
2009年 04月 16日

北陸の旅(その1)

先週末から3日間、北陸に行って来ました。
白山、金沢、富山、白川、名古屋と約1600Kmあまりの
ドライブでした。

旅ブログに乗せておりますので、ご覧くださいね。
[PR]

by necocafe | 2009-04-16 11:02 | Neco の旅
2009年 04月 09日

今日の満月清掃会は、穴掃除?

今日は、恒例の満月清掃会。

この時期になると、だんだんゴミが増え始めてくる。
昨年は、全くといっていいほど、貝掘りの人を見かけなかったのだが、
今日は、沢山の人たちが貝掘りをしている。
少しは海の状態が良くなったのだろうか?

More続きはこちら♪
[PR]

by necocafe | 2009-04-09 21:14 | 満月清掃会
2009年 04月 08日

断食道場体験『太光寺』

実は、私め、先週末、生まれて始めての断食道場を体験してきました。

よかったら、ブログをご覧くださいませ。

いや〜〜〜是非、おすすめです ♪
[PR]

by necocafe | 2009-04-08 15:21 | イベント
2009年 04月 03日

大工さんのお手伝い

この所の私のお仕事は、断熱材の入れ込み作業。
ウールブレイスを手で引きちぎって、壁や、天井の中に入れ、
タッカーで少し固定するのだ。

改装するまでの我が家は、通常使われるガラス繊維を綿状にした
グラスウールが入っていた。

解体し廃棄処分する際、みんなこのグラスウールを触るのを嫌がる。
少しでも肌に触れると痛がゆくなってしまい、後が大変な事になるから
である。
長期間経ったグラスウールは湿気をおび、ペッチャンコになり、繊維が
細かく粉のようになってしまうから、喘息持ちには大変な作業である。

今、我々の計画する住宅にはこのウールブレイスをよく使用している。
予算の無い我が家にもこれは避けて通れないよね〜という事で使用。
確かにこれは暖かい筈だと思う。
b0076008_17305880.jpg

ちなみに、大工さんの道具の一部を紹介。
やはり、道具だよね〜。
これが、巨大ホッチキス。断熱材を留めるのに、優れものである。
b0076008_17312694.jpg


赤外線水平器。今まで2人で計っていたものが、これがある事で
水平が即座に分かる。
b0076008_17301027.jpg


そして、T定規のような直角を出す道具
b0076008_1731504.jpg

そして、余った木材でKさんがせっせと作ってくれているストーブ用の薪ストック。

b0076008_17334880.jpg


Kちゃんが持ってきてくれた『イヌエンジュ』の木。
年輪が美しい。これで何かできるかな〜?
b0076008_17333787.jpg

我が家のお昼御飯を食べるテーブル。
今、工事中の為、庭の藤の木の棚の下に移された。
今後もこの場所に留まる事になった為、藤の木を痛めないようにと、
相棒とKさんで作った苦肉の策。
b0076008_17352429.jpg

最後に、我が家の前の桜の並木です。
b0076008_17353342.jpg

[PR]

by necocafe | 2009-04-03 17:30 | 五感の建築
2009年 04月 01日

「ひろしまの牡蠣」の燻製と佃煮

先日ご一緒した鉄腕アトムのお父さんから、牡蠣の燻製を頂いた。

それに挑発されたのか、我が事務所のN君にせがまれ、重い腰を上げ、
牡蠣の燻製にトライする事になったのである。

早速、牡蠣を作っておられる友人に電話をし、格安で3kgの剥き身を
手に入れた。
3kgって思った以上にある。
半分は佃煮にし、半分は燻製にする事にした。

佃煮にすると日持ちはするし、牡蠣が苦手な人でも暖かい御飯に合うだろう。
早速、大根おろしでぬめりをとって、コトコト煮始めた。
その間にソミュール液(塩漬け用)に2時間漬けて、水気を切る。

朝一番に我がクロに食べられないようにざるを上にかけて、乾燥。
b0076008_19533915.jpg


その間、私ひとり、我が娘の入学ミサに出掛けた。
ついこの間、卒業したのに、また入学である。やれやれ...。

急いで帰ってみると、ちょっと乾燥しすぎの感が...(小振りなので早い?)
段取りの悪い我々は、これから近くのDIYにはスモークウッドを探しに行った。

ところが、冷燻用のスモークウッドは無いらしい。
慌ててウエブにて他を探していると、何と、わが町に、燻製道具を売っている
らしきお店を発見。

電話をして行ってみると、大きな倉庫のような場所である。小売りされて
いるような場所とは思えない。
なんと、通販専門の会社だという。プロ用の燻製器の開発等もされているという。
そこで、いろいろ教えてもらい、いよいよトライ。
段ボールでもできるらしいのだが、我が家のカナダ製バーベキューセットでする
事にした。

3時間あまり、スモークされた牡蠣とオリーブオイルで瓶詰め完了である。

殆どが、遠方の友人にプレゼントする事になった。
やみつきになりそうな気がする。
b0076008_1956279.jpg

帰りに肉屋さんに寄って、ベーコン用のお肉をゲットした

現在ソミュール液につけ込んである。
2週間後にベーコンにトライである。

実は先日は、オレンジピールのチョコレートがけにトライしていたのだ。
どうも、これは大人の味らしく、美味しいと言って食べたのは、私だけ??

PS。これは、男前豆腐で作った『とうふ味噌』チーズのようでお酒のつまみに
美味しい筈なんだけど。。
b0076008_19543913.jpg

[PR]

by necocafe | 2009-04-01 19:57 | 旬の美味しいもの