Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

太田川上流、山の先生のレクチャー

この所、沢山、沢山書く事あったのだけど、結局時間がなくって..
(笑 言い訳です)で、つまり〜〜〜また、折りを見てね。
先日、「太田川を学ぶ会」の第2回が終わりました。
この時の勉強会からの「山の先生」からのレクチャーです。
〜〜〜〜
冒頭にプロペラの様な実を持参され参加者にこれは何かを問われ
て会が始まった(実は紅葉、かえでの実)。
自然の中で普段見落としている事の多い事。太田川の上流にある
三段峡には、カエデの種類が多く生息している。これはとても貴重な
ものである。
2段滝、3段滝には北海道でしか見られないような珍しい植物もある。
三段峡は特別名勝地となっているが、聞き慣れないと思うが、
これは国宝と同じようなものなのである。

中国山脈は南西北東の断層があり、それらが長い歴史の中で今の中国山脈
を形成しているが、実はまだ北西南東の断層も隠れている。

太田川上流である三段峡でも川の石が丸くなっている。
これは長い間の中で水流によって角が削られたものである。
ただ、三段峡の「関」がつく場所では鋭利な石が多く見られる。これは
近年において山が崩れて落ちたからである。タタラの製鉄方法に「かんな流し」
という製法があった。安芸太田町の豊平で行われていたが、
これは3/1000〜10/1000砂鉄が含まれている土を水に流すという製法であり、
これによって流された土が下流にある広島城内でも影響を与えた為に1917年に
禁止令がでたという資料が残っている。
島根県の三隅川ではかんな流しを長い間行われていたようだ。
今でも益田から浜田の海岸を見てみると山から流れてきた黒色の砂鉄が海岸の
砂浜見られる。

タタラ製鉄の燃料となる炭を作るために近隣の森林を破壊してしまったと
思われているが、実はそうではない。元々元来の山は今の様な沢山の木のある
山ではなく、雑木でできていた。
炭の原料はその雑木を使用するため、それらの木は2〜3年で大きくなり、
10年ぐらいで元の山に戻るからである。
ゆえに、タタラの場はその近隣の山の木がなくなると、10年ぐらいで別の場所
に移動した。
昔の山は、「肥草山」と呼ばれ、笹を刈って堆肥にしたり、草を取ってきて
肥料にしていた。今のような杉や檜の山は昭和20年以降の広島市の復興の為
に植えられたものである。復興に木が必要となった。杉や檜が高く売れるように
なったので、その当時殆どの山が植林されていった。その語、ラワン材等の外材が
安く入るようになり、杉が見向きもされなくなり、あれから40〜50年経った今
杉花粉が飛ぶようになり、間伐されない山では日照率が悪くなり、今のような山
になってきた。
そんな中で、深入山は昔から今も人と関わってきた山である。1749年にワラビ草山
の中でワラビの根からデンプンを取っていた。草は肥料として、..。今でも
年一回の山焼きをされている。このように人の生業と自然がマッチしてできた
山であり、草原のオアシスとなっている。
昔子供の頃、おじいさんに、川でおしっこをしても、「1m流ればきれいになる」
と言われたものである。それだけ浄化能力があった清流だった。
ところが、今、太田川に沢山あるダムのお陰で、水が直接流れない川、水量の問題等
多々ある。ダムをせき止めているコンクリートの壁の内側ではその流された土砂が
どんどん体積している現状がある。

質疑応答の中で、「ダムをぶっ壊そう〜!」という過激な意見も出て来た。

佐々木さんの三段峡のレクチャーは、マップにある時間の何倍も
かけてゆっくり花や草木を眺め、観察し、川を探索して6時間あまりを
かけて、ゆっくり楽しまれるという。
そのレクチャーに相応しい季節は5月の中旬からの新緑が一番きれいな
時期だという。
花が咲き、新しい息吹のパワーを感じる頃に三段峡から今でも昔の
生業の残る秘境のある集落等を訪れる計画を立てようという事になった。
[PR]

by necocafe | 2009-09-30 23:00 | 環境地球人
2009年 09月 16日

おまわりさんに、貸しイチ〜!

「こんばんは〜こんばんは〜」
玄関で男性の声が聞こえる。
暗闇の中に出てみると、交番のおまわりさんが2人。

ドキッ!何か事件でもあった?
「何か〜?」
「いや〜、実は....。。お宅の北側の駐車場の持ち主は分かりますか?」
「え〜?」
「実は〜〜 あの〜〜〜先程小学校の先生から電話があって..
見に行ったんですけど..ゴミが落ちていて...。その処分に困って
いまして〜大きいんですよ〜こ〜んなにね〜〜〜」

どうも奥歯に挟まった口調で先に進まない。
「で〜??なんですか〜?」

つまり、かいつまんで言うとこういう事らしい。

昼間、小学校の生徒が駐車場に落ちていた、人間の形をした
一部(おもちゃ)を見つけ、先生に届けた。
先生もこのまま放置してあると子供の教育上良くないからと、
何処に言っていいのか困り、警察に届けたという。
警察は市民の言われた事には動かなければいけないので、
来てみたが、人の敷地の物をかってに動かす事ができないので、
我が家に訪ねて来たという事らしかった。

その敷地の持ち主の場所を教えたが、そのゴミは敷地の人が処分
しなくてはいけないという。

その駐車場の持ち主は、おじいさんとおばあさんの年寄り2人暮らし。
そりゃ〜言われても困るでしょ。
こんな夜におまわりさんに言われたらびっくりしてしまうよ。

「警察で持って行ってよ〜」と言ったが、言われても道路のゴミは
区役所管轄だが、このゴミは敷地の事で、警察管轄ではなく触れないとの事。

いろいろあって、....。で、結局、......。。

ゴミ担当(いつから担当になったのやら..)の私が出る事になったのである。

「きゃ〜〜気持ち悪い〜〜〜!誰が持つの〜〜?」
さんざんみんなで騒いだ挙げ句、やっと目を閉じて、スコップで袋に入れこんだ。

「いや〜〜。これはね〜、南極隊で行く人たちがいるでしょ〜
そんな人が、困るので持っていくんですよ〜〜」

「え〜〜?南極隊の人ってこんなもの持っていくの?」

「まあ、いらなくなって、捨てたんでしょうね〜捨てるにも困るよね〜」

「このゴミ、おまわりさんが持って帰ってくれるのでしょ」

「いや〜交番に置いておく訳には〜〜〜」

。。。。。で、結局。。。

「わかりましたよ〜〜。私が処分すればいいんでしょ」

「え〜?引き受けて頂けますか〜?助かった〜!」

「これって、日誌に書くの?」

「いや〜〜書きたくないですね〜〜まだ事件の方がマシですよ〜」

「じゃあ、私が処分するから....そうだ〜貸しイチね〜!」

てな、事で勝手に貸しイチを作ったのであった。
(これって、どこで回収するんだろう?)

やれやれ...。
さてさて、一体これは何だったのでしょ〜????
皆様の勝手なご想像にお任せします(笑)


夕方数件お隣さんがいつもの犬の散歩に....。
今日は沢山のビニール袋をもっている。

公園に行くと、そのお隣さんはビニール袋から山の畑でできたピーマンや、
トマト、茄子を散歩に来られた方々にお裾分けされている。

しっかり私も頂いたのだが......。

何だか、いいな〜こんな風景。
[PR]

by necocafe | 2009-09-16 20:59 | ふ〜ん?そっか?
2009年 09月 15日

瀬戸内海の海域レクチャー(その2)

レクチャー(その2)です。
〜〜〜〜〜〜〜

広島湾は他の閉鎖性海域に比べ生産性の高い海域です。
特に、広島湾の牡蠣は日本で一番高い生産量を持つものです。
この牡蠣は海水を濾過する働きを持ち海水浄化に貢献しています。
しかし、広島湾の牡蠣は、他の海域で採れる牡蠣に負けないよう
市場を維持するため、秋の10月の産卵を待たず、早く市場に出荷
するためバイオ技術の遺伝子操作によるオス、メスの無い牡蠣
(三倍体)を作ってきました。
今は全て三倍体の牡蠣では無いと言われていますが、このような牡蠣
が人間や自然の牡蠣に与える影響は大変心配されます。


今海岸を観察してみると、今までは当たり前のように見られた野生の
牡蠣や他の貝の付着が減ってきています。
特に自然海岸の多い宮島の岩肌には牡蠣の付着が少ない傾向がみられます。

海の透明度も、水質も回復傾向に在るのにどうしてこのような状況なのか・・・。
この原因は海底付近の溶存酸素が無くなっているからだというが....。
岩肌の付着生物にとって直接的ではなく、
確かに海水温は高くなっています。
ムラサキイガイ(ムール貝)は水温が30度を越えると脱落します。

一方、人間が作った有機塩素化合物はジワジワと影響を見せ始めています。

瀬戸内海では海洋哺乳類の「スナメリ」の数が30年前に比べ激減しました。
これは有機スズの濃度が影響しています。
海底の環境悪化でハマグリも絶滅状態、アサリは最盛期の10%を割りました。
イワシも激減・・・。

インポセックス(産卵しない魚)
インポセックスはの問題はかなり深刻です。

そんな魚を私達は何も知らず食しているのです。
有機塩素化合物によって汚染されている魚を上げれば、一番に、スズキ、次
が太刀魚、次がハゲ、となっています。
毎日食べることは無いが、長い時間には体の中に堆積し次世代に影響を与え
る可能性があります。

また、家庭などから河川に流される有機フッ素化合物が魚 達に影響し、その
魚を人間が食しているのです。

その一例として、フッ素加工のフライパン等があります。
私達は、最初は焦 げ付かないから便利なフッ素加工のフライパン等を使用して
います。
その内段々フッ素が禿げて焦げ 付くようになりますね。

一体そのフッ素は何処に行くのでしょう?
このフッ 素はアルツハイマーの原因の一つで有るとも言われています。

(以上、U先生からお聞きし、監修頂きました。ありがとうございます)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近では聞かなくなりましたが、フッ素入の歯磨きが流行った時代がありました。
それを考えてみますと、大変恐ろしい事です。
『白い歯、健康な歯を目指すなら、フッ素加工のハミガキ〜!』
まだ、そんな広告が当然のように......。
白い(漂白するの〜?)健康な(?何が?)歯の引き換えは....さてさて...。

私達の日々の生活の中には、こんな知らない危険が 沢山潜んでいる可能性
がある事を今更に考えさせられる問題でした。


「わたしら漁師は海を売った憶えはない!
海を壊したらわたしらは生きていけないんです!」

わたしらは死ぬまでここで暮らすんです。この海があるから暮らしていけるんです。
だからなにも要りませんと、ここで暮らすわたしらが言うんです。」

祝島に住んでおられる住民の方々(おじいさん、おばあさん)からの心の
叫びです。

広島ブログ。。よろしくね〜!
広島ブログ
[PR]

by necocafe | 2009-09-15 10:57 | 環境地球人
2009年 09月 12日

瀬戸内海の海域レクチャー(その1)

今回から数回に分けて、一緒に瀬戸内海の事について考えてみましょう〜。
以下、私が聞いた話しと、その補足からご紹介します。
〜〜〜〜

日本における閉鎖性海域(地形的に閉鎖性が強く海水交換が悪い海域
の最も大きいのが瀬戸内海です。
他には東京湾や伊勢湾が広がり、昭和35年からの高度成長期にどの海域も
工場排水や生活排水による公害問題で苦しんできました。

瀬戸内海も大変な汚染状況に見廻れて多くの河川や海域が汚濁化しました。
赤潮の発生も昭和51年では年間300件近く(ちなみに昭和30年で5
件)発生し、殆ど全域で赤潮が見られました。
 一方、海水の浄化機能を持つ干潟や藻場などの浅場が埋立により激減し、
更に、陸と海の狭間の海岸線がコンクリート化し瀬戸内海の海岸線の80%が
人工海岸になりました。

広島湾においても湾奥が埋め立てられ、湾内の潮流の早さも水理実験では
6%遅くなったとの報告も在ります。
また、太田川の河川水の湾内への流れ方が変わり、宮島の西側に向けて
河川水が移動する傾向に変わりました。
このためアオサが宮島の鳥居付近に発生し集まることが多くなりました。

また、河川水によって運ばれる豊富なNやP(栄養塩)によって赤潮も多発し、
そのため海底付近の溶存酸素(DO)が低下して「貧酸素水塊」が形成される
ようになりました。

そのため急激に溶存酸素がなったことで養殖されているアサリ等の底生生物が
大量に死亡する事が起きてきました。
宮島と本土の間の大野瀬との上室浜の調査ではアサリ等の二枚貝の死骸が大量
に見られます。
最近では瀬戸内海の水温の上昇もあり、熱帯性の生物が瀬戸内海に侵入し、
従来生存している生物に大きな影響を与えています。

一方、自然の干潟を埋立によって消滅したため、その修復・復元事業として、
八幡川の河口干潟を人工的に造成する工事が昭和62年から3年間において創
られました。
日本でも初めての人工干潟の造成です。
その時に、人工干潟と隣接して新たに埋め立てられる土地の1/3を野鳥の
生息地として森を創る計画が決められました。
みずとり公園
そして人工干潟は野鳥のためのもので、鳥以外は干潟に侵入を禁止すること
でした。
しかしながら、干潟が作られてみると、人はもとより鳥に取って最も敵で在る
犬までも堂々と入っている光景は諸外国の人からから見ると在り得ないもの
でした。

静かな空間で野鳥の鳴き声を静かに聞く文化(バードウオッチ)は日本には
無いのです。
バードウオッチの出来る小屋は冬を越すホームレスの宿になり、暖を取るため
のたき火の材料となる事で、小屋の小火も発生しました。また干潟の石積は
落書きのキャンパスになり荒れ放題でした。

干潟は野鳥の生活の場で犬の散歩道ではないのです。
また周辺の空間を心ない建築業界が高層マンションを建て、夜間の光が野鳥たち
を怯えさせ、結局、干潟が出来る前の鳥類は、シギ・チドリ類、ガンカモ類とも
に個体数が減少し、1983年と1997年の調査結果を比較すると、主要な種類では
ヒドリ、ガモ、ハマシギが約4分の1、コサギが5分の1に減少しています。

ユリカモメは30%減程度でした。更に、みずとりの浜公園に作られている森は、
植生が野鳥を守る森にはなっておらず、「浜」の機能を何ら理解できていない
設計だったといえるでしょう。。


ふと、魚付林の事を思った。
魚付林
始めてこの魚付林の試みが始まったのは広島からではない だろうかと、ある方に
お聞きした事がある。浅野藩の書物に出て きているらしい。

元々、日本人って、広島人って自然と共にあり、素晴らしい
知恵を持って生活していたのね。

今、海域においては、第三ステージに入ったと言わ れている。
人間においても、魚達も子供の産めない状況になっ ているという。

昔の私達の祖先の方々、今の海を見てどう思っておられるのだろう〜
相棒が子供の頃、家の前の海では、海老やうなぎが沢山採れ、素晴らしく
きれいな海だったという。
それってついこの数十年前なんだけど...何処でどうしちゃったのかしら?

(次回に続く〜!)

〜〜〜〜
先日、ある会合で聞いた話し..
「この間ね〜外国から友人がきて、一緒に海に行ったら、
『こんな海は海じゃあない! 自然の海に連れてって!』と言われ、
何を言ってるのか理解できなかったの。
やっと湾岸整備されていない海だと分かって、いろいろ調べたら
日本には数パーセントしかない事がわかって、殆どが整備されてるのね。
その彼女がその事を知って、『一体、何考えてるの!』と激怒してたのよね〜」

どうも、日本人は海に囲まれ、豊かな自然の中で生活し、自然の恩恵は
当たり前だと長年思ってきたのかもしれない。
まるで、 湯煎されているカエル?状態??? もう、とっくに熱く煮立って
いるよ〜〜〜。。

この時になって、やっとやっと、その熱さを感じてきている私は、どうすればいい...?



広島ブログ。。よろしくね〜!(何の為なんだか分からないけど、身内で
盛り上がっているの...笑)
広島ブログ
[PR]

by necocafe | 2009-09-12 10:25 | 環境地球人
2009年 09月 10日

ボランティアのプロ??

9月5日(満月)海に出てびっくり...。以外にも海にゴミが少ない。
一体ついこの間、あんなにあったゴミは何処に行ったのだろうか?

が、しかし...結局集めてみると、こ〜んなに集まってしまった。
b0076008_23552396.jpg
b0076008_2355338.jpg
b0076008_235624.jpg
b0076008_2359872.jpg


お陰さまで、少しづつだが、清掃会に参加してくださる輪が広がって
いる。ご近所の方々にも少しずつ知って頂いているのだろう。
今回も、前回とは違う昔の教え子が来てくれた。
若い女性が参加すると、おじさんメンバーがいつもよりテンションが
高くなっている??


その夜、私と相棒は友人に誘われ、三段峡についていろいろ動いて
おられる会合に参加した。
ホテルに泊まり、そこで出会った方々と語りあった。

いや〜〜〜衝撃なお話しがいろいろ...。目から鱗とはこんな事を言うの
だろうか?
「ボランティアとは、真のプロの集団をボランティアと言う。
日本のボランティアは無知だ!」いや〜〜全くその通りです。

淡々と掃除だけしていた私はいかに無知であったか、知らされた思いがした。
きちんと勉強しよ〜っと思った一日だった。



広島ブログもよろしくね〜♪
広島ブログ
[PR]

by necocafe | 2009-09-10 23:59 | 満月清掃会
2009年 09月 06日

被爆語り部『宇根利枝さん』のDVD完成〜!

8月末から約8日間、膨大な時間を使い、DVD作成作業をしていた。

2007年にお手伝いさせて頂いたシンポジウムの際に、
外国からの38名のピースメーカーの方々へと企画した中に、被爆語り部
の宇根利枝さんとの出会いがあった。

宇根さんの話しは、被爆の体験のお話しもあるのだが、宇根さん自身の
生き様がそのまま伺える素晴らしいものだった。
当日は同時通訳だった性もあり、宇根さんの気持ちがダイレクトに
皆様に伝わり、最後はスタンディングオベーション。
これを何とかきちんと残してその時の皆様にお渡ししたいよね。

そう話して2年間、日本語に書き取り、翻訳が出来上がったのが、
1ヶ月前、まあ、これだけ時間がかかったのだから、のんびり
仕上げようか〜なんて、暇はなく、9月中旬から始まる
コスタリカでの会議に持って行く事ができますが...との話しを
頂き、じゃあ〜それに間に合わせましょうか〜
やっとお尻に火がついたのである。

類は友を呼ぶのか、同時通訳をしている友人が、わざわざ
東京からヘルプに来てくれた。

何度も何度もリピート。当時89歳の宇根さんの優しさ、強さ、
生き様が伝わってくる。
やはり、これは残さねば...。とは思ったものの、...。
修行の足りない私は、
途中、何度もいろいろな思いが横切る。

なんで、こんな事してるんだろう〜?馬鹿だな〜?...。
孤独な中での作業...。目は痛くなるし、肩は凝るし...。

そんな時、実家から稲刈りヘルプコールが...。
PCの前で作業しているひと、是非、自然の中での労働..おすすめです。
自然からどんなに私達はエネルギーを頂いているのかを改めて
感じた。

という事で、無事完成〜!
さてさて、このDVD、これからどのように広がっていくのかしら?

PS。見たい人、是非、ご一報くださいませ。
b0076008_20175879.jpg


(その後もいろいろあって、...さすがに、今日は眠い〜!早く寝よっと....♪
後日、報告しますね)

クリックしてね〜♪
広島ブログ
[PR]

by necocafe | 2009-09-06 20:20 | 興味深い『ひと』