Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 25日

現代のルノワールは?

先日、ポリフォニアサクラの定期演奏会に娘がソリストで出演させて
頂いた。友人がその場でスケッチを...。「詩歩ちゃんの姿を見て、
思わず描きたくなったの。ルノワールの中に出てくる...そんな感じよね〜」
b0076008_21343619.jpg

ルノワール???確かにね〜ルノワールの時代ではきっとモデルに
なれたかも?
b0076008_2133067.jpg

「ママ、まさか私がこんな風に歌うようになるなんて思わなかったでしょ!」
確かにね〜〜。未熟児で産まれた、あの小さかったあの子が...トホホ。

ともかく、無事終わった。これだけの舞台で歌わせてもらえるなんて、
本当に幸せな子である。

私は本日、満月清掃会へ..。
この暑さでヘトヘトだった筈なのに、久しぶりに海に行くと潮風が気持ちいい〜!
沢山の若者や近所の人達、沢山参加してくださった。
『海にありがとう』リンク
この暑さを乗り切る方法を教えてもらった。
カンボジアのような亜熱帯の地域の知恵だという。

いつもより一時間早く起きる。
お昼は1時間余分にとって休息を..。
一時間早く寝る。

分かってはいてもこれがなかなかできない。

我々の仲人さんご夫婦が来てくださった。
80歳近いというのに、どんどんスリムに素敵になっておられる。
「5時以降は食べないで、夜1時間、毎日歩くのよ!」
何と、ホノルルマラソンの10kgウオークにも参加されたとか...。

参りました〜〜〜!!! 考えよ!!
[PR]

by necocafe | 2010-08-25 21:35 | 素敵な音楽♪
2010年 08月 09日

今年の8.6は?

今年の8.6、無事、終わった。
私は数十年振りに平和式典に参加する事になった。
朝7時前に家を出発して会場へ。
席はテント席の一番後ろ。後ろから冷風が流れ、昔の式典からは
想像も出来ない位、おしぼりの配給から水の配給までと、
熱中症対策がなされている。

義母は今年は名簿に間にあわなかったのだが、来年は原爆死没者名簿に
載る事になるのだと思うと不思議な感慨を覚えた。
いよいよ本格的に世界の中の広島として動き出していく、そんな
うねりを感じた。

前日、少し宇根さんのサポートをしたが、92歳の宇根さんの
パワーには頭が下がる思いがした。

この日も朝3時半から己斐の山の滝に行き、献水用の水を頂き、
この会場に持って来られたという。

「滝に入られる時にどんな祈りをされるのですか?」とお聞きすると、
「今から平和祈念式に向かいます。その為の献水用のお水を頂きに
参りました」
「無事式典が滞りなく終える事ができますように..」
「今からこのお水を頂き、式典に参ります」等、ご挨拶をされるという。
これを半世紀に渡り続けておられるのだ。

8.6近くなるとも朝から平和公園近くの慰霊碑をひとつひとつ訪ね、献水を
して歩かれる。この暑い中にである。

8.6の宇根さんも本当に元気である。
バリー•カーズイン博士に宇根さんをご紹介したいと思っていると、この人
ごみの中に宇根さんが、…。
その後で、どうも宇根さんはバリーさんを滝までご案内されたという。
b0076008_1557253.jpg

8.5の日は、前夜に突然TBSから取材の電話があり、夕方までご一緒
されたという。(みのさんのTVで放映されたという)
本当に頭が下がる思いだ。

私は一旦式典の後は、仕事に帰り、再度夕方から平和公園に出かけた。
数年前から続けているハグの会と灯籠流しの為である。

6時前からチラシを配り始めたが、最初、誰も知り合いの
居ない中で、小心者の私は(笑)なかなかどう声を掛けていいか分からず、
あたふた。
そんな中、海老原よしえさんがギターを持って駆けつけてくださった。

とりあえず、歌を歌ってもらう事になり、ジョンレノンのイマジンを歌って
くださると、段々と人が集まり、手を繋いで輪になり、よしえさんが
英語でメッセージを伝えてくださり、祈りを…。

ハグして終わった後、「あなた達〜!凄いわね〜感動したわ!」と
横浜から来られた年配の女性の方が..。その方は、万葉集を歌にして、子供達にも
教えておられるという。
早速目の前で歌を...。
b0076008_15572635.jpg

「どうして広島に文学館がないの?原爆文学はどこにあるの?大事に
残しておかなければいけないものなのに...言葉は、被爆者の言葉は大事
なのよ...」等々、しっかり盲点をつかれてしまった。

長年活動されておられました「広島に文学館を市民の会!」は結局、文学館が
できる事なく、今年解散された所だったのだ。

その後、どんどんハグの会の皆様が参加してくださり、フリーハグの輪が
広がっていった。
昨年の、フラを踊ってくださったメンバーの方のひとりが今年も参加してくださった。

また、来年この日、この時間、この場所でお会いしましょう。

一年に一度、こうしてこの場所で...何だか素敵。

今年の灯籠達は川に流した途端、すぐ消えてしまい川の中に沈没して行った。
沢山の灯籠達の残骸が…。今までと全く違う現象である。

でも、これって、もしかしたら、灯籠にある御霊が川に流れる前にそのまま
天に上がって行ったのね。きっと…。そう思った。
[PR]

by necocafe | 2010-08-09 15:57 | イベント