Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

笙の演奏会

本当に我ながら、な〜にやってんだろう??と自問自答する毎日。
あまりにも沢山の出来事が日々あって、更新もできない有様。
ごめんなさい〜。

先日、我が家で満月清掃会の発足人のひとりであり、親愛なる友人ご家族の
送別会を兼ねた『笙の演奏会』をした。

笙って凄い〜〜!!!
改めて、和楽器の奥の深さを感じた。
それにしても、その演奏会のゲストメンバーの凄い事。
笙の作り手兼、演奏家の水島かずおさん。笙の演奏家の大津典子さん(実は声楽
とピアノの先生が本業とか?)横笛奏者の福原一間さん。
b0076008_23531332.jpg

さすがプロ〜!!いきなりのセッション。ピアノと、笙と横笛。
音階が全て違っているにも関わらず、素晴らしい即興演奏を披露してくださった。
b0076008_2353377.jpg

笙は天を繋ぐための楽器という。丁度我が家にお泊まりだった小林春仁さんには
西洋の音楽の成り立ち、そして、大津さんに和楽器の成り立ちをレクチャーして
頂いた。
セッションの幕間には、お父様の水島先生と、成定先生におふたりが中心になって
翻訳された『グランドゼロを解く』の本のご紹介を。。。
b0076008_23535367.jpg

終わった後は、皆様に持ち寄って頂いたもので食事会。

後、一ヶ月で引っ越しされるという。いつも側にいてくださって、いつも
助けてくださっていた水島家。
考えると寂しくなるから、考えないことにするんだ〜!
[PR]

by necocafe | 2011-01-31 23:54 | イベント
2011年 01月 22日

「輪、和、環、すべての繋がりの中で」ご案内

民恵美子さんと、ある秋の夜、長い時間、電話で話しをした。
きっぷのいい声で、「私はね〜だから、広島がどんなに大事か分かったのよ。
でしょ。今ね、絵を描いてるの。どんどんイメージが湧いてくるのよ。
個展やるからね、新宿でやったら、その後に広島でやってね」

それから一ヶ月も経たない内に突然の悲報。

そして、来月2月12日、民恵美子さんの遺作展が開催される事になった。
民さんの思い、親が子供を思う、無条件に愛する。そんな思いが広がれば
世の中平和になる筈。

花柳さん→民さん→宇根さん→。。。恵祐さん→Yoshieさん→ そして。。。
そんな思いが繋がって、人と人が繋がって。。。

◆輪、和、環、すべての繋がりの中で
http://taikouji.jp/pilotlight/
b0076008_20514619.jpg

b0076008_20515895.jpg

是非お出かけください。
きっと、大きな輪の中で、繋がっている事に気づく筈。。かな???
[PR]

by necocafe | 2011-01-22 20:53 | イベント
2011年 01月 18日

大勉強会 in 神戸 117

日曜日の朝、雪の中、車で神戸まで相棒と息子と三人で出かけた。
神戸にて開催されました 『大勉強会』にhttp://t95.jp/kobe-schedule.html
参加する為であった。

以前から117の神戸に行きたいと願っていた。

日本のボランティアがここまで広まったのはこの震災からだと言われている。
この震災の時には、後になって今関わっている沢山の友人たちがこの地でボランティア
として入っておられた事を知った。(その当時の私は、私自身が災害地に行って何かを
するなんて事は、到底考えられないことだった)

それがこんな形で神戸に行ける事になったのだ。何度か誘ってくださった企画者の方に
感謝である。

思った以上に混んでいない高速を通って昼過ぎに神戸に着いた。
以前から買いたかった物等をIKEAにてゲット。(私にはこのような買い物は
身体が受け付けないらしく、途中でしんどくなって、早々にダウン)

夜は、知り合いの建築家のお宅に伺い、震災で亡くなった百合さんに百合の花を
お持ちした。写真の百合さんは今でも可愛く美しい。

一緒に夕食を近くのイタリアンレストランで頂いた。
10年前よりもっと素敵に今を生きておられる奥様を見て、きっと娘さんの分まで
楽しみ、充実した毎日を過ごしておられるのだわと、感動してしまった。

食事の後、神戸に帰った元スタッフと久しぶりに会った。
いきなり息子が、「風呂ない?」その一言で深夜、お風呂屋さんに行く。
銭湯なのに天然風呂?地元の人達と震災についてお風呂で話しをした。
淡々とその時の様子を語ってくださった。

朝、5時過ぎから始まる追悼式に行きたいと思ってはいたものの、その日の
勉強会を考え、断念した。

その勉強会は、16年たったこの地において、建築業界、林業界、行政関係者、
研究者等1003名がこの勉強会に参加して、住宅の耐震について、今後の地震対策
について勉強しようという始めての試みのものであった。

そして、最後に、参加者全員の承認の元、阪神淡路大震災「16年目の千人宣言」が
出されたのである。

人工林の手入れ不足、住宅の耐震性が主な原因で6434人の死者を出した事等を踏まえ、
2020年までに非耐震化5%=即ち「耐震化95%」を達成する事。

大地震時には現地災害対策本部と連携をはかる《大工お助け隊》の結成を進める。

森林、林業再生をはかり、地震などの災害に強い《木の家づくり》を進めて行く事等
を誓った事で締めくくられた会だった。
b0076008_21174415.jpg

何度も神戸には行っているものの、さすがに117の神戸普段の神戸とは違った厳粛
なものを感じた。
ついこの間の事のようである。目の前にあの大変な惨事があったとは思えないぐらい
今では跡形なくきれいに復興しているのだが、

今まで、広島は人災で、神戸は天災と思っていたのだが、この度の会で、天災といえども、
人命においては、人災とも言えるものがある事を知った。

また、ある意味では、広島と同じような使命を抱えた町なのだろう。
ただ、違っているのは、広島とは全く別の役割、(ボランティアのあり方、サスティナ
ブルな都市計画等)未来型の提案の場である事を感じた。

もし、これから何か災害があった時、地下足袋履いた大工お助け隊の皆様が
鉢巻きして、よっしゃ!とばかりに本領を発揮する姿を思うと、嬉しくなって
きた。

で、わたしは。。。
う〜〜ん?何ができるのだろう??  炊き出し??かな?

その為にも、まずは、古民家状態(?)の我が家の耐震性を確保せねばと強く思った
一日だった。

このような素晴らしい企画、実行をされた関係者の皆様には心から感謝です。
ありがとうございます。
[PR]

by necocafe | 2011-01-18 21:22 | イベント
2011年 01月 15日

笙の演奏会

本日、始めて市役所の環境功労者賞授与式に参加させて頂いた。

今まで何度かご案内を頂いた事(満月清掃会として)はあったが、
参加したのは始めてである。
清掃会のお世話役代表になってくださっている幹行さんには個人賞もあった。
5年以上活動した団体に与えられるものであった。
b0076008_05572.jpg

今まで何と900団体が頂いているという。(ポピュラーな賞なんだ〜!)
満月清掃会を始めて今年で7年目になる。
「とりあえず、まずは身近な所からだよね〜!」と当時1年ちょっとだけ
関わったネコカフェで近くに住まれる水島先生と私がコーヒー飲みながら話した事から、
満月清掃会が始まった。

言い出しっぺのその一人の水島先生がこの2月、長年住まれたこの五日市の地を離れ、
千葉に居を移される事になった。

長年、当たり前のように近くに居てくださり、何かある事にいろいろ相談に乗って
くださったり、教えて頂いたり、サポートして頂いていた。
『グランドゼロを書く』というhttp://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-47004-2.html
膨大な本の翻訳を完成された事が最後の大仕事だったのかもしれない。
(本当に素晴らしい本。これだけで全てがモーラされている)

この度、以下のように、先生のお別れ会も兼ねて、笙の演奏会をする事になった。

水島先生の息子さんは、伊勢神宮から熱田神宮、そして現在は水天宮にて神官
として、雅楽(笙)の演奏をされている方である。
笙に魅せられて神官になられた方という。

そして、演奏だけでなく、笙づくりをする為に、この度、千葉にアトリエを
設けられた。
彼が小学校の頃から知っているだけに、何だか他人事には思えないのである。

そんなこんなで、本当はまだ、未だに先生ご一家が引っ越しをされる事に実感が
湧かないのだが、(寂しいよ〜〜!!)

この度、息子さんの広島滞在の間に無理をお願いして、念願の演奏会をして頂ける事に
なった。

日時:1月27日(木)PM:7時〜 (PM6時40分頃からopen) 
場所:Neco 座  (中川 自宅) 広島市佐伯区海老園1-13-7

定員:35名  
会費:1000円

*演奏終了後、お別れ会を予定しています。(持ち寄りしてくださいますと嬉しいです)

ご参加くださいます方は、中川までご連絡ください。
[PR]

by necocafe | 2011-01-15 00:07 | イベント
2011年 01月 09日

とんど祭り

1月9日、五日市南小学校にてとんどが開催された。
朝寒い中、沢山の近所の人々がどんどん事務所の前の道路を通って学校へ。

今時期、町中でのとんどは殆ど自然消滅していっている、
そんな中、8年前、PTAの父兄(おやじの会や、スポーツの会等)が
中心となって、五日市南学区とんど祭り実行委員会を立ち上げ、
昔ながらのとんどを復活したという。

とんどは神事という事で、この日ばかりは、消防の方々も一緒になって
とんど祭りに協力されるのだ。消防服姿がカッコいい。
b0076008_16505878.jpg

子供達もこの場で日頃の活動の成果を発表している。
太鼓や、バトン、また、南小学校4年では毎年4年生で八幡川クリーン
プロジェクトを開催している。
数年前の生徒が作った詩に曲をつけた、「八幡川大好き」の歌を
おのおのが八幡川を思って描いた絵を持って、合唱した。
b0076008_16512527.jpg

b0076008_1651502.jpg

何だか、胸がじ〜んときてしまう。
b0076008_16521380.jpg

昨年の夏には「海にありがとうキャンペーン」で五日市沖の海に、
IC玉れんがを水をきれいにという感謝を込めて投入している。
この春にはこの度とんどで焼いたれんがも八幡川に入れる予定である。

《海にありがとう》

昨年の夏から一緒に作ってきた子供達。
「あっ!満月清掃会のおばちゃんだ!」と声をかけてくれる。
ひとりが私に一枚の手作り歌詞を渡してくれた。

きっと子供達のハートにはこんな思いが一杯なのね。


『大好き八幡川』 ♪♪
1 生きものいっぱい八幡川
  川に入るとスイスイと近くに見える魚たち
  あっちにキラリ こっちにキラリ
  カニ エビ アナジャコ いっぱいいるよ
  さらら さらら いつもいっしょ
  きれいになるかな八幡川
  いろんな発見まっている
  生きものいっぱいまっている

2 遊びもたくさん八幡川 川に入るとジャブジャブと
  いい音きこえる 楽しいな 川の五線ふ 魚の音ぷ
  わたしと魚の 音楽会だよ
  きらら さらら いつもいっしょ
  泳げるようになるかな 八幡川
  いろんな遊びがまってる
  いっぱい楽しく遊びたい
  
  (世界でいちばん 八幡川が好き)
  (みんなも来て来て たのしいよ)
  (世界でいちばん 八幡川が好き)
  (みんなで思い出 つくろうよ)
  きらら さらら 毎日いっしょ

  きれいにしようよ みんなの手で
  みんなといっしょに生きている
  不思議がいっぱい 八幡川
[PR]

by necocafe | 2011-01-09 16:54 | 満月清掃会
2011年 01月 02日

今年もよろしく!

大変な雪でしたね!

今年の正月は我が家は、元旦の初詣も初日の出も自粛させて頂き、
親族総勢12名が実家に集まっての賑やかなお正月を迎えました。
こうして笑いながら、大酒飲んで、語って。。
こんな普通の事がどんなに大切な事かを改めて感じました。
別れもありましたが、新たな家族も増えました。


新しい時代に向けていよいよ突入ですね。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

          
b0076008_17161523.jpg

[PR]

by necocafe | 2011-01-02 17:16 | 自然の摂理