人気ブログランキング |

Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 22日

究極のチラシ寿司。。。。

今日はちらし寿司の会です。

 近くに住まれる土屋さん。94歳のおばあちゃんの介護をしながらも、長い間、
公民館にて老人食を作り一人暮らしの老人達に食事を作って持って行かれていました。
b0076008_23251230.jpg
時々いただくお寿司や酢の物があまりにも美味しいので、若い人にもこの味をと..
是非とも、ご伝授を...とお願いした事から始まったのです。

本当はネコカフェイベントでしたかった事でした。
半年間、介護の疲れでご自身が倒れられ入院されていましたので、やっと今になって
念願の料理教室です。
b0076008_2333433.jpg
朝、10時前、抱えきれない程の材料やら道具一式を手に、エプロンをしたおばあちゃん
軍団登場。
至りつくせりの段取りにびっくりです。
我が家の長年倉庫に入りっぱなしだった2升用寿司桶も日の目を見る事になりました。
b0076008_23274740.jpg
5合釜4個。

面々は、男性2名、女性9名。普段台所に立たれる事なんてあったのかな?
と思われる方もエプロンしてご夫婦でごぼうの線きりです。

友人はいつもはデイケアに行かれているお母さん(86歳)と共に参加です。

今日は60歳は、「そこの若い人」になってしまう位...。

調味料から道具までこだわりの品々。
b0076008_2328171.jpg

普通の料理教室では味わえない、これぞ「年の功の知恵特集」って感じです。錦糸卵の巨匠。一体どんな道具で作られるのかと思いきや、持って来られた
フライパンを見てびっくり。
どこにでもありそうな500円テフロンフライパン。
でもでも、15年以上使い込んだ年代物。
テフロンなんて、どこに行ったのやらと思える程見事な黒光り。
このフライパンにて29個(1個は床の上)の卵でまるでクレープの様な錦糸卵ができました。

みんなひとりひとり先生指導の元、トライしました。
ちゃんと、私もできましたよ。以下、残念ながら参加できなかった人の為に、レシピをご紹介しましょう。
まずは調味料からのご紹介です。
*砂糖:極楽糖(あくがでなくていい)、*酢:千鳥、*料理酒:赤酒、*塩:最進の塩
(錦糸卵)
卵:29個、砂糖:大3、塩:ひとつまみ、みりん:少々
b0076008_23291294.jpg
(具)
干ししいたけ:(水にもどして切る)、れんこん、えび、たけのこ、人参、干し貝柱(水にもどして
細かく裂く)
 砂糖、赤酒、塩少々、醤油少々で下味をつけるておく。
(合わせ酢)お米1升に対して
酢:1.2カップ、黒酢:60cc、じゃこ(沢山)、砂糖:1カップ、赤酒:少々、塩:中さじ1杯
b0076008_23301089.jpg
お米はといで酒と昆布で炊く。
b0076008_23305895.jpg

結局2.5升の御飯を炊いてのちらし寿司パーティーとなりました。
ちなみに、お腹いっぱい食べ34人分の御弁当も出来上がり〜!

ひとりひとりご縁のある人や、近くに住まれるひとり老人の人達に持って行ってもらう事になりました。
私も弁当抱えて知りあいのひとり暮らしの老人の方々に配って歩きました。

みんな大満足の一日でした。
あ〜美味しかった〜!

食の奥深さと、大切さを身にしみた一日でした。
に、しても、..う〜ん〜? 凄っかった〜。。(さてさて、なにが ?でしょう?)

by necocafe | 2006-04-22 23:40 | Neco茶屋


<< FM773.『デポジット制』っ...      真の介護って..? >>