人気ブログランキング |

Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 12日

アロハスピリット ホクレア号クルーからの手紙

先日、日本を訪れたホクエア号のクルーからのメールです。
この方は、広島には訪れておられませんが、とても流暢な日本をしゃべられる方です。
中身を若干原本より解りやすく変更しています。
...にしても、これだけの内容をスラスラと書けるなんて、凄い〜!
〜〜〜〜〜〜〜〜
アローハ!!僕に似ている人が先ほどハワイに帰ってきました。
今年125日間をかけてカマヘレ号、ホクレッア号、とアリンガノマイス号と一緒に
ハワイから横浜までの航海の間に素晴しい人達に毎日に出会って、
やっと自分の家へ戻ってきました。

僕に似ている人がハワイに帰って来たと言うのは、出かけた時の僕と、帰って来た
時の僕がまるで違う人に感じるからです。

五ヶ月半前に僕はオアフ島からカマヘレ号に乗り、2007年1月13日にこの旅を始
めました。
この間にいろんなチャレンジ、苦しみ、悩みに出会って、ふだん出会わない経験を
数えないほど味わって、私は自分の事の勉強になり、地球の事もこの地球に住んで
いる人々の美しさを気づき、自分が自分の事を知らない事に気づいた。

僕が今、一番したい事は自分の人生をより以上にし、手伝ってくれた人々に感謝し
たいです。ありがとうございます、THANK YOU。
僕が出会った人、全員がぼくの人生を良い方向に変え、気づかずに僕を変えて
くれた人も、 正しい方向に導いてくれた人々に、本当にありがとうございます。
良くしてくれ、ありがとうございます。感謝をしています。

今回の旅が終わってからホクレッア号をちょっとバラバラにして、別の大きな船に
乗せハワイまでに送りました。
その後、カマヘレ号には日本人のクルーが乗り6000キロメートルの海を横断して
ハワイまでに船を運んでくれています。
今までのクルーがハワイに戻った日から、僕は航空券を変え日本の滞在を二日
伸ばしました。
カマヘレ号が無事に出た事を確かめてから、日本一高い富士山に登りたい気持
ちがありました。
ちなみにカマヘレ号は7月の20日ごろにハワイに到着すると思います。
乗っているメンバーは日本から六人とドイツから一人。
彼らのアドベンチャが始まったばかりですが、私達のアドベンチャの続きでもあるし
私たちのアドベンチャがその前に来た人の続きでもある。

ハワイに到着する事を楽しみにしています、彼らの話を聞きたい!
カマヘレ号を横浜ベイマリナから出発した次の朝一のバスに乗り、富士山へ向か
いました。

六時間後に富士山の二千メートルに五合に着いて登り始めました。
長袖と半袖しかもって来なかったのに雨が降って雪がまだ積っていました。
実はまだ登る時期にはなってなくて全部閉まっていました。
それでも頑張って上までに行こと決め、2800メートル(七合)までにあがった所で
ちょっと休憩しました。
僕はびっしょり濡れて洋服からゆげがすごくでていました。

五分休憩したらすごく寒くなり体を温めるためにまた登りだした。
それで雪と氷が始めました。
氷った雪の上で、歩き始めたら道がわからなくなって、靴が山登りの靴じゃな
かったので滑り出した。
体が滑る事を止め、船の一人の船長ナイノアさんの良く言う言葉を聞いた、
「何もよりも安全」。

本当に富士山の頂上に登りたかった。
登っている人はいなかったし、頂上で今までに僕の人生を変えた事も、変えた
人々も経験も、これから会う経験や人々に祈る事が目的でした。

富士山の頂上へ登る事は今回出来なかったが、登る道からちょっと離れた所
で山にひびを見つけ、ここを、大事な場所と決め、祈りをしました。

僕が自分にとって大事な石を、ひびにおいて、ひびの上にハワイの葉っぱで
出来たティのレイをかけて、ハワイの塩をおいて、それで小さな祈りをして、
日本の純米酒を石にかけて、お水が入らないケースから一本のフィルタをぬき、
タバコに火をつけて置きました。
私は溶けてなくなる物だけおきました。
いろんなために祈りをして、これから向う夢も、すでに叶った夢にも、世の文化が
合体するようにも、各文化の素晴しさにも、過去の事にも、今の間にも未来にも、
僕のためにもあなたのためにもこれからのためにも祈りました。

置いた石は過去で変えられない存在として全てがこの過去に作られ、純米酒は
今の存在で変えたり変えられたり、良い方にも悪い方にも行ける事で、煙はまだ
現れていない未来の存在としておきました。

こんな小さなイメージを持って、僕は未来のための過去を良くすれば、さらに未来
をさらに良くなる事を願っています。

とりあえず私たちが今出来る事は、生きる事で、それを出来るだけ純粋に生きるように。

この小さな祈りをしてからまた山の道へ戻ろうと思った時に、僕の後ろに地面に
四角い石が置かれ、この場所は特別な祈る場所だった事に気づきました。
鳥肌が立ったけど、僕が寒くて出していたからかも知れません。

温めるために残りの道を走って降りて、ぎりぎりに最後のバスに乗りました。

言いたい事があります。基本的に山で物を作ったり、置いたりする事は勧めません。
僕がおいた物は小さくて道からはなれて次の雨や雪でとけ無くなる物です。
山で物を採ったり、置いたりする事は山の素晴しさをいじることです。

山の天辺に祈りをおいて、納得を上から持ち帰る事は自分を素晴しい山に育
てる事です。
富士山の下に着いてホカホカ温泉に入り、半年分の疲れと汗と涙を洗い流し、
体を伸ばし、筋肉痛は、これからの筋肉のためで、これからの人生は毎秒毎秒
新しく生まれている事に感動しました。

本当に感謝をしたい大きいな人も、小さな人も私の人生を協力してくれた事も
この人生マラソンに応援してくれて「頑張れ!」と言ってくれた人にもTHANK YOU.
この旅はあなたのため。心から感謝しています。

これからの旅にも出あう事を楽しみにしています、人生の山道で会いしましょう!
いっぱいアロハを込めて、ALOHA,
Sam Monaghan

P.S. 今回の旅の話をもっと詳しく知りたかったら下のウエブサイトをチェックして下さい。
自分の経験を話にする事はまだ出来てないけれどいつか完成します。
他のクルーの話もかなり勉強になるので時間があったら見て下さい。
そろそろ仕事に戻らなければ行けません!僕が司会をしているテレビ番組のアロハ
天国は今年で六年目になるし、日本のスカイパーフェクト放送以外にハワイの全て
のホテルで見られる事も出来ます。

六年目になる事がビックリです!こんなに長〜く出来るとは思わなかった。
本当に感謝しています。アロハ天国の司会として本当に祝福されています。
出来るだけハワイへ遊びにくる人をより多くハワイを楽しんでもらう事も、ワイキキ
から出てもっといっぱいハワイを知ってもらう事が嬉しいです。

この放送間に千カ所以上紹介して、ホテルやレストランや遊びの他に単純のハワイ
の楽しみ方を楽しみながら皆様のテレビまでに運んでいます。

テレビの他でJAL(日本空港)のウエブサイトにコーラムを書いている事が二年目に
続いています。
ほとんどのコーラムは店の紹介よりハヴァイッイの買い物無しの楽しみ方の話をし
ています。
とっても楽しいコーラムで僕はハワイをリサーチや勉強して知らなかった事もいっぱい
掘り出して、この土地に近づいた他に守る事も気づきました。
ハワイの王様が言った言葉、「土地の命は正しい事で生を求める」
ウア マウ ケ エア オ カ アイナ イ カ ポノ。
で人々のポノ(正さ)を知りたかったら土地の健康で分かります。
ワイキキに住んでいる僕も窓からアラワイ運河を見て直さなければ行けない所を
気づきます。
一つ勉強になった事は「地球を変えるには自分から始めなくちゃ」。
皆さんも変更成功を願っています。
この手紙を送ってから僕はカウアイ島へ向い私の家族と大事な時間を過ごします、
特に私が愛している二歳の息子、マカヘキリ天渡くん。その後にまた会いましょう!

http://pvshawaii.squarespace.com/ (旅のレポート)
http://pvs.kcc.hawaii.edu/(旅の全ての話)
http://hokulea.aloha-street.com/ (日本語のサイト)
http://entame.express.jp/tvinfo/aloten3/index.php(私のテレビ番組サイト)
http://www.jal.co.jp/hawaii/samlog(私のジャルのコーラム)
http://www.joyhula.net/friends_contents/aroten/index.html

by necocafe | 2007-07-12 10:01 | Neco茶屋


<< 今年も8.6が....。。「ひ...      日本最南端の島のスピリット >>