Neco の 陽なたぼっこ

necocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 25日

いろいろ盛り沢山の出来事が..。

毎日、毎日本当にブログにも書く時間がないくらい、沢山の出来事があり、
消化しないままに、次の出来事があります。

東京に48時間(車で)で出かけたと思いきや、数日後には実家の両親や親族にて
鹿児島に…。
(東京から帰りの駒が岳で撮影)
b0076008_2055358.jpg

阿蘇の友人から「今ね、阿蘇山の火口の水が無くなっているの。丁度震災の起きる
1ヶ月前ぐらいからよ。おまけに、変なうめき声のようなものも…」
そんな事を聞いたものですから、この時に何故に鹿児島?とばかりに、
桜島の様子も見てきました。桜島はまだ大丈夫?かな?

広島駅に着いた途端、素晴らしい日輪が…。
b0076008_2056288.jpg


そんな中、お話し会があったり、娘の初のリサイタルも..。
沢山の人達に参加して頂き、本当に娘は幸せものだわ〜!
東京からは友人がわざわざ出かけてくださり、本場イタリアパスタを作ってくれました。
相棒のサイトをご覧くださいませ。(2部のドレスは私めの始めての作品です。
直前に作ったコサージ以外と良かったかな?)『本日は晴天なり』

そして、先日、胎内記憶を研究しておられます池川明先生のリンク
講演会に行ってきました。一緒に講演している太田篤さんからいきなり
電話があって、「とても面白い方だから、是非来て欲しい」との話しで、
今後生まれる孫の為にもと行ってきました。とてもとても有意義なお話しでした。
シンプルで素敵な先生でした。
なにより、インタビューして話している子供達が凄い!ちゃんと生まれる前の事や
お母さんのお腹の中での事を覚えているのです。

私も息子と娘がお腹にいるときに会話をしたり、夢で上の子の時に、産婦人科医の
先生が男の子です。と言われていたにも関わらず、「僕、タックン。男の子だよ」と
伝えてきて、それからタックンと呼んでいたのね。娘の時は同じく、先生が「男の子です」
と言われたけど、「女の子よ」と伝えてくれた事もありました。

あ〜やっぱりね。と再確認した次第でした。とても面白かったです。
(これで、子供達に馬鹿にされなくてすむかな?)

早速、本とDVDを昨夜お嫁ちゃんに渡しました。お腹の子供が「そうよ!」とばかり
に反応してくれます。

娘に「子守唄を歌ってCDにして聞かせてあげて〜!」とお願いすると、
「ママに渡さないで直接渡すね!」と言われてしまった。トホホ。
あ〜〜我が娘、これからどうするんだろう????

そんな中、本当に我が家って漫画だわ〜!

お昼のご飯の時「痛い〜〜〜!どけろ〜!」息子弁。
娘の座った椅子の足が息子の足の小指に…。
数時間後、全治6週間の診断をされて、ギブスされた姿の息子。
さぞかし、痛かったでしょうね〜想像するだけでも恐ろしい現実が…。

by necocafe | 2011-04-25 20:56 | ふ〜ん?そっか?
2011年 04月 12日

『きくちゆみさんと話そう』~原発と母親達のこれから~

『きくちゆみさんと話そう』
~原発と母親達のこれから~

日時:4月14日(木)
    午後2時~5時

◇場所:国際会議場3F
     研修室3にて


きくちゆみさんは、千葉県鴨川にて自給自足的生活をしながら、平和や環境問題に
ついて発信しておられます。
長年、脱原発活動もしておられました ゆみさんはこの度の大震災での原発の事件
を知り『ごめんなさい~』と思わず原発に手を合わせられたと言われます。
これからの地球の為に、子供達の為に、沖縄、千葉、東京、長野、岐阜、ハワイにて
『つなぐ光』1000人の妊婦さんと子供連れ家族の受入れ活動が開始されました。つなぐ光サイト

私達がこれからの未来、地球に対して何ができるの?

私達ひとりひとりの生活の見直しから考えてみたら?

愛と感謝を込めて、原発に向き合ってみましょう。

そんなメッセージを持って、岡山から足を伸ばし、急遽、ここ広島の地に入ってく
ださる事になりました。

広島から始まったpoco a poco~あったか未来をつくる会の皆様や
ご縁のあるみなさまで一緒に話し合いましょう。

きくちゆみさんのプロフィール
著作家/「つなぐ光」発起人/ハーモニクスライフセンター主宰/グローバルピース
キャンペーン発起人/東京平和映画祭プロデューサー/911真相究明国際会議主宰/
平和省プロジェクト運営委員

千葉県鴨川市の山間地で自給のための農業をしながら、ハーモニクスライフセンター
を夫と運営し、平和や環境や健康をテーマに書き、話し、訳し、企画している。
1988年に参議院議員選挙で「原発いらない人々」を応援して以来の脱原発派。
1992年には「虹の蛇」を立ち上げ、プルトニウム輸送を阻止しようと国際的に活動。
「311原発震災」直後、福島原発周辺の妊婦と子ども連れ家族を避難させるプロジェクト
「つなぐ光」を立ち上げ、日本各地と海外に支援の輪を広げている。

~~~
「安心して子供を産み育てることのできる社会のための署名」
http://poco-a-poco.jimdo.com/
poco a poco~あったか未来をつくる会~in hioshima
(東日本大震災と福島の原発事故を受けて、子供の未来のために前向きに行動をはじ
めた母たち)

PS。先日泊めて頂いた恵比寿のお宅の桜です。相棒のブログから頂いちゃった〜!
b0076008_17352152.jpg


by necocafe | 2011-04-12 17:24 | イベント
2011年 04月 11日

48時間の広島から東京へ

この土曜日朝2時過ぎ、自宅を出発して、今朝程の2時無事、広島に帰ってきた。
家を出てから帰るまで48時間。車での移動時間が24時間。

これだけハードな工程だったにも関わらず、肩こりもなく元気です。

この度の主な用事は友人の引っ越しに伴い、我が嫁に嫁入りした3つの椅子と
彼女のテーブルの移動であった。
車への積み込みが終わるや否や、宿泊予定の、恵比寿にお住まいの花柳鶴寿賀さんの
お宅に伺った。丁度庭に植えられた古木の桜(昔の街道の名残り)が前の道路や
近所の家々に桜のトンネルを作っていて本当にきれい。
個人宅にてこんな桜の木を見れるなんて信じられない風景だ。

築100年以上昔に建てられた住まいであり踊りの稽古場である場所に、懐かしい
顔ぶれを始め沢山の方々が集まって来てくださった。
一品持ち寄りでのワイワイムードにすっかりこの度の会の意図を忘れそうになって
いた所に、さすがのグランマ。その雑多な場から神聖な場へ切り替わり、アマミ舞
いの方々を中心とした、この度の震災で亡くなった方々、地球への祈りを集まって
来られました全員で捧げた。
その切り替わりは本当に見事だった。が、しかし...。未熟は私はアタフタするのみ..。

その中に、何処からみても全く日本人として違和感のないキリギスからの留学生と
いう方がおられた。コムズという杏の木で作った民族楽器で素晴らしい演奏を
披露してくださったのだ。曲はどれもが自然の中で戯れる子供達や小鳥達と
言ったような可愛い楽想。始めて見る演奏に感動した。今でも微笑んでしまう程で
ある。
b0076008_20373250.jpg

やっと2時に布団に横になり寝付けぬまま、そんな中、微震が..。

朝9時、始めて護国寺に行った。
車で走る日曜日の朝の東京。今まで見た事のない景色を堪能した。
東京って素敵な場所がこんなにも沢山ある事に改めて感激した。
この都市は、自転車が似合うと思った。地下鉄でも山の手線でもなくね。

念願の津軽三味線の黒澤博幸さんの黒澤博幸サイト
供養演奏がお寺であったからだ。即興での演奏。途中で『ふるさと』が...。
胸が熱くなってしまった。
b0076008_20375395.jpg

ふるさと って、東北を舞台にした歌のなかしら?と思う程、ふるさとと東北が
重なった。
場所を変えての東北の震災状況を語りながらの演奏会。
当日はご自身も岩手の盛岡で被災されたとか。お弟子さんが殆ど沿岸沿いの方々
ばかりで被災地への支援と演奏活動をされているそうだ。

「東北の人達はとても我慢強いのです。でもある所までは強いのだけど、
一旦その限界を越えたらとてももろい所があるのです。今沢山の人達が精神的に
限界に近い状態まできています。せっかく助かった生命を自ら断つ人達も増えて
きました。
今、支援物資もお陰さまで沢山頂いています。被災地には音楽がないのです。
あるのは、ラジオ体操だけです。どんなジャンルの音楽でもいいです。
是非、聞かせてください。
そして、お伝えください。私達東北をこれからも助けてください。
復興しました暁には必ずご恩返しをしますので...。私達は元気です。
とお伝えください」

涙が溢れ、止まらなかった。震災後、キャンセルせざるを得なかったアメリカ
公演後、アメリカからメッセージを頂いたという大きな布に私達もメッセージを
書かせて頂いた。
私は「広島から...」と。
その時ご紹介頂きました被災地出身の方を繋いで頂き、酵素玄米フレークをお送り
する事になった。
そして、その後、急いで埼玉にある長岡式酵素玄米の『太陽の家』に向かった。
20分あまりしかお話しできなかったけど...。新井先生がどんな思いでこの31年間、
長岡先生の意志を継ぎ伝え歩いてこられたか改めて垣間みさせて頂いた。
帰りに頂いたご飯を車の中で食した途端、あんぐり。
なんて美味しいんでしょう~。
私の11年間の酵素玄米の味を越え、始めて感じた美味しさだった。

よっしゃ〜またきちんと酵素玄米フレーク、いっぱい作って被災地の方々に
食べて頂こう〜と気持ち新たにしたのでした!

相棒と八王子で待ち合わせをし、そのまま中央高速を走り、自宅に着いたのが
2時前。

駒ヶ岳で沈む夕日に虹がきれいにかかったシーンを見た。
なんて日本って美しい国なんでしょう〜。この美しい国に生まれた事を、この時
に生まれた事を感謝。
きっと大丈夫!〜ね。

b0076008_20381082.jpg


by necocafe | 2011-04-11 20:41 | Neco の旅
2011年 04月 05日

酵素玄米フレークがいよいよ

いま、沢山の友人、知人、仲間、知らない方々も含めて、
「いま、じぶんのできること」を...。

昨日も「今、仙台に向かっています。誰か紹介してください!」と連絡が..。
「え?仙台?確か〜〜」という間もなく、参加しているMLで知り合った方々に
連絡した。
すると、数十分後には、仙台の方々と連絡がとれ、素敵な出会いがあったようだ。

広島にいてできる事は?と思う間もなく、今はどこにいても一歩踏み出せば、
その人の役割が見えてくる。

避難してきていた友人一家も帰り、我が事務所の前の桜も今日は満開?

どうも今日あたりから中国地方にも○○の風が吹いてくるようだ。
放射能リスク

先日久しぶりに尾道に行った。園山春二さんが今月末、鯉のぼりを持って東北に
出かけられるという。

6月、我が家にニューフェイスが仲間入りする予定。
おしめって、やっぱり布だよな〜。
私達は、この数十年の間に便利性という名の元に、大変な犠牲を強いてきたんだなと
改めて思う。
b0076008_1010420.jpg


by necocafe | 2011-04-05 10:10 | ふ〜ん?そっか?